Show Menu
トピック×

サーバー側転送の要件

サーバー側転送を実装するには、次の Experience Cloud ソリューション、サービス、コードの要件を満たす必要があります。この要件の説明には、コードのバージョンを確認するための手順と最新のコードライブラリの入手先も含まれています。

ソリューションの要件

サーバー側転送は、 Analytics Audience Manager および Audiences に対応しています。

サービスの要件

サーバー側転送には、 ID サービス が必要です。ID サービスは、Experience Cloud のすべてのソリューションにわたってサイトの訪問者を識別する、普遍的な ID を提供します。サーバー側転送が動作するためには、事前に ID サービスを実装する必要があります。

コードバージョン

サーバー側転送には、以下に示すコードライブラリのバージョン 1.5(またはそれ以降)が必要です。ベストプラクティスとして、必要な最小バージョンではなく最新のバージョンを使用することをお勧めします。
  • AppMeasurement.js
  • AppMeasurement_Module_AudienceManagement.js
  • VistorAPI.js

コードライブラリバージョンの確認

AppMeasurement および訪問者 API コードのバージョン番号は、ブラウザーによって発行された HTTP リクエストを監視するすべてのツールで表示できます。 AppMeasurement_Module_AudienceManagement.js の場合は、バージョン ID が含まれず、この値は返されません。 AppMeasurement.js および VisitorAPI.js コードのバージョン ID の例を以下に示します。
  • AppMeasurement.js Adobe Debugger は、 Version of Code | JS-1.5.1 という形式で AppMeasurement バージョンを返します。他のツールでは異なるラベルが使用される場合がありますが、その値は常に JS-X.X.X というパターンに従います。ここで、 X はバージョン番号です。
  • VisitorAPI.js d_visid_ver パラメーターを探します。訪問者 ID サービスが d_visid_ver: 1.5.5 という形式で表示されます。バージョン 1.5.2 より前の訪問者 API コードにはバージョン番号が含まれていません。監視の結果としてバージョン番号が返されない場合は、古いコードライブラリを使用している可能性があります(アップグレードする必要があります)。