Show Menu
トピック×

訪問者数の相違

Adobe Analytics と Adobe Audience Manager には同様の定義の訪問者指標がありますが、様々な理由で 100%同じではありません。
訪問者の指標は次のとおりです。
指標 定義
ルックバック期間にセグメントのメンバーであったデバイス(Experience Cloud ID)の数。
ルックバック期間にセグメントのメンバーであり、プロパティにアクセスしたデバイス(Experience Cloud ID)の数。
Analytics:個別訪問者
レポート期間にプロパティにアクセスした個別訪問者の数を表示します。
Analytics:Experience Cloud ID での訪問者
レポート期間にプロパティにアクセスした Experience Cloud ID を持つ個別訪問者の数を表示します。
Audience Analytics レポート内で使用される AAM の「Real-time Segment Population」と Analytics の「Experience Cloud ID での訪問者」は、最も似ています。ただし短期間の場合は、いくつかの要因により、若干の相違があります。関係する要因は次のとおりです。
要因 AAM:Real-time Segment Population Analytics:Experience Cloud ID での訪問者
タイムゾーン
UTC(協定世界時)
レポートスイートごとに指定します
カスタムフィルター
×
○、(IP フィルター、ボットフィルターなど)
150 セグメントの制限
×
○- Analytics のカウントは、150 セグメントの統合制限によって最大 5%影響を受けることがあります。切り捨てが発生した場合、オーディエンス名ディメンションに「オーディエンスの制限に達しました」と表示されます。
Analytics および Audience Manager のデータとセグメントのニュアンスについて詳しくは、 Analytics と Audience Manager のセグメントについて を参照してください。