Show Menu
トピック×

Adobe Analyticsのデータを除外

データの除外は、一般的に、組織のテスト活動が実稼働データを埋め込まないようにしたり、不要なデータが誤ってレポートを水増しさせないようにするために使用されます。 使用事例に応じてAdobe Analyticsからデータを除外するには、次のいずれかの方法を使用します。

データ収集後のデータの除外

以下の方法では、Adobeデータ収集サーバーがイメージリクエストを受信した後に、Analyticsレポートのデータを除外します。 これらのメソッドを使用して除外されたデータは、引き続き課金対象のサーバーコールにカウントされます。
  • 除外IP :Adobe Analyticsは、レポートスイートのIPアドレスまたは範囲のデータを除外する基本機能を提供しています。 管理者ユーザーガイドの「IPアドレスごとに 除外 」を参照してください。
  • ボットルール :ボットルールは、既知のボットユーザーエージェント文字列からトラフィックを取得し、Analyticsレポートから除外します。 ボットルールを介して除外されたデータは、ボットレポートに配置されます。 カスタムボットルールを作成して、追加のデータを除外できます。 See Bot Rules in the Admin user guide.
  • VISTAルール :組織のニーズに応じて、要件に一致するヒットが、除外されたデータの受信専用の別のレポートスイートに送信されます。 VISTAルールはIPアドレスに対して一般的に使用されますが、IPアドレスに制限されません。 任意のディメンションを使用して、レポートスイートにデータを含めたり、除外したりできます。 VISTAルールは追加費用がかかる場合があります。詳しくは、組織のアカウントマネージャーにお問い合わせください。
  • オプトアウトcookie :サイトの訪問者は、任意にAdobe Analyticsでトラッキングすオプトアウトることができます。その際には、トラッキングサーバーに固有のページにアクセスします。 『導入ユーザガイド 』の「オプトアウトリンクの 実装」を参照してください。
処理ルールでは、データを除外したり、別のレポートスイートにデータを送信したりできません。 ただし、特定の変数を条件付きで設定したり、セグメントを使用してレポートからそのデータを除外したりできます。

データの事前収集の除外

特定のヒットがAnalyticsデータ収集サーバーに到達しないようにするには、 abort 変数を使用します。 このフラグはイメージリクエストが送信されないようにします。 課金対象サーバーコールは、中止されたAdobe要求に対しては、イメージデータ収集サーバーに到達しないので、インクリメントされません。