Show Menu
トピック×

レポートのカスタマイズ

Google Analyticsなどのサードパーティプラットフォームでは、複数のカスタマイズオプションを使用できます。 これらのカスタマイズにより、ユーザーはダッシュボード、カスタムレポート、保存されたレポート、カスタムアラートを作成できます。 Analysis Workspaceでは空白のキャンバスからレポートを作成できるので、ほとんどのカスタマイズはツールに直接組み込まれます。
このページでは、ユーザーがAnalysis Workspaceの使用に関する基本的な知識を持っていることを前提としています。 Adobe Analytics のツールに詳しくない場合は、Analysis WorkspaceでのGoogle Analyticsユーザー用の基本レポートの作成 (英語のみ)を参照してください。

ダッシュボード

Analysis Workspaceのアーキテクチャは、ダッシュボードウィジェットの概念と似たように構築されています。 Analysis Workspaceのプロジェクトは、Google Analyticsのダッシュボードとほぼ同じです。 Analysis Workspaceのビジュアライゼーションは、Google Analyticsのウィジェットとほぼ同じです。

プロジェクトへのコンテンツの追加

  1. 左側のビジュアライゼーションアイコンをクリックし、目的のビジュアライゼーションをワークスペースにドラッグします。
  2. 左側のコンポーネントアイコンをクリックし、目的のディメンションと指標をビジュアライゼーションにドラッグして、データを埋め込みます。
  3. ビジュアライゼーションの端をドラッグしてサイズを変更し、ビジュアライゼーションのタイトルをドラッグして移動します。
Analysis Workspaceでは、すべてのGoogle Analyticsウィジェットを使用できます。
  • 指標ウ ィジェットは 、数の概要ビジュアライゼーションとほぼ等しくなります。
  • タイムライン ウィジェットは 、線のビジュアライゼーションとほぼ等しくなります。
  • Geomapウィジ ェットは 、Mapビジュアライゼーションとほぼ同じです。
  • テーブル ウィジェットは 、フリーフォームテーブルのビジュアライゼーションとほぼ等しくなります。
  • 円ウィ ジェットは 、ドーナツビジュアライゼーションとほぼ等しくなります。
  • バーウィ ジェットは 、バーのビジュアライゼーションとほぼ等しくなります。
Analysis Workspaceには、レポートのニーズに最も適した方法でデータを表示するための、さらに多くのビジュアライゼーションオプションが含まれています。 詳しくは 、Analyzeユーザーガイドの 「Analysis Workspaceのビジュアライゼーション」を参照してください。

プロジェクトの共有

プロジェクトへのコンテンツの追加が完了したら、共有できます。
  • プロジェクトを同僚と共有するには、共有/プロジェクトを共有に移動します。 受信者は、組織内でAdobe Analyticsアカウントを持つ他のユーザーです。
  • リンクを使用してプロジェクトを共有するには、共有/プロジェクトリンクの取得に移動します。 この場合も、組織内のAdobe Analyticsにログインする必要があります。

プロジェクトの書き出し

Analysis Workspaceは、PDFに加えてCSVエクスポートを提供します。
  1. 共有/フ ァイルを 今すぐ送信 (Send File Now )をクリックし、モーダルウィンドウを開きます。
  2. ファイルの種類と受信者を指定します。
  3. Click Send Now.

カスタムレポート

Google Analyticsでカスタムレポートを作成する場合、必要なフィールドは、ワークスペースでビジュアライゼーションを作成する際のワークフローと似ています。 ディメンション、指標およびフィルターの定義は、プラットフォーム間で似ています。 Analysis Workspaceでは、リストからディメンションと指標を選択する代わりに、ディメンションと指標をフリーフォームテーブルにドラッグします。

カスタムレポートの計算指標

カスタムレポートは、Google Analyticsで計算指標を使用できる数少ない領域の1つです。 Analysis Workspaceはキャンバスのように機能するので、計算指標は遡及的に、また任意のコンテキストで機能します。
計算指標を作成するには:
  1. 指標リストの 近くにある +アイコンをクリックして、計算指標ビルダーを開きます。
  2. 計算指標に名前を付け、形式を指定します。
  3. 指標コンポーネントを定義領域にドラッグし、各コンポーネント間のドロップダウンを使用して演算子を指定します。
  4. 計算指標に目的の数式が含まれたら、「保存」をクリックしてワークスペースに戻ります。
  5. 新しく定義した計算指標をワークスペースにドラッグします。
    計算指標につい て詳しくは 、コンポーネントユーザーガイドを参照してください。

カスタムアラート

アラートは、両方のプラットフォームで使用できます。 Adobe Analyticsで、ヘッダーナビゲーションメニューを使用し、コンポーネント /アラートに移 動します **。 詳細につ いては、『コンポーネントユーザガイド 』の「インテリジェントアラート」を参照してください。