Show Menu
トピック×

よくある質問

サードパーティプラットフォームからアドビに履歴データを移行するにはどうすればよいですか。
Analyticsプラットフォームごとに、データの収集、処理および保存の方法が異なります。 アドビでは、履歴データを移行するのではなく、Adobe Analytics内でデータの収集と使用を開始する際に、明確な切り替え日を設定することをお勧めします。 頻繁な切り替え日には、会計年度の初め、カレンダー年度の初め、カレンダー月の初めが使用されます。 履歴データを表示したい場合は、サードパーティプラットフォームにログインして、特定の履歴レポートのニーズを満たすことができます。
アドビに履歴データを移植することにこだわる場合は、組織のアカウントマネージャーにお問い合わせください。 導入コンサルタントは、組織と協力して、Google Analyticsのデータエクスポートを、アドビのデータ収集サーバーが取り込むことのできるデータソースに変換できます。
アドビでは、履歴データの移植は複雑なプロセスであり、組織にとってコストがかかりにくいので、お勧めしません。 訪問者の識別は、異なるcookieやプラットフォーム間で異なる形式で保存されるので、アドビにシームレスにポーティングすることもできません。
多くのレポートでセグメント化のドロップダウンに慣れています。 Analysis Workspaceでそれを再作成する方法を教えてください。
ドロップダウンフィルターは、セグメント化ドロップダウンを可能にする、Analysis Workspaceの柔軟で堅牢な機能です。 Workspaceプロジェクト内の場合:
  1. ドロップダウンに含めるコンポーネントで、Ctrlキー(Windows)またはCommandキー(Mac)を押しながらクリックします。 セグメントに限定されません。ドロップダウンフィルターには、任意のコンポーネントを含めることができます。
  2. コンポーネントのグループを「ここにセグメントをドロップ」というラベルの付いたワークスペース領域にドラッグします。 移動する前に、Shiftキーを押し続けます。
このワークスペースプロジェクトにアクセスするユーザーは、このドロップダウンを使用して、セグメントや他のコンポーネントをプロジェクトに適用できるようになりました。 詳しく は、Analyticsユーザーガイドの 「パネルの概要」を参照してください。
ドリルダウンを表示するには、ディメンション値をクリックするのに慣れています。 Analysis Workspaceでその簡単なワークフローを複製する方法を教えてください。
Analysis Workspaceのディメンション値も、簡単に分類できます。左クリックではなく右クリックを使用してアクセスします。 ディメンション値を右クリックし、「分類」をクリックして、目的のコンポーネントを選択します。 各値でCtrlキー(Windows)またはCommandキー(Mac)を押しながらクリックすると、同じ分類を複数のディメンション値に適用できます。