Show Menu
トピック×

行動レポート

行動レポートでは、ユーザーがサイトとどのようにやり取りするかを確認できます。
このページでは、ユーザーが Analysis Workspace の使用に関する基本的な知識を持っていることを前提としています。Adobe Analytics のツールを初めて使用する場合は、 Google Analytics ユーザー向け:Analysis Workspace での基本レポートの作成方法 を参照してください。

行動フロー

行動フローレポートは、フロービジュアライゼーションを使用して再作成できます。
  1. 左側のビジュアライゼーションアイコンをクリックし、フリーフォームテーブルの上にあるワークスペースにフロービジュアライゼーションをドラッグします。
  2. ページ ​ディメンションを選択し、矢印アイコンをクリックしてページ値を表示します。ディメンション値は黄色で表示されます。
  3. 最初のページ値を選択し、中央にある「ディメンションまたは項目」というラベルの付いたスペースにドラッグします。
  4. このフローレポートはインタラクティブです。いずれかの値をクリックして、フローを展開し、後のページまたは前のページを開きます。右クリックメニューを使用して、列を展開または折りたたむことができます。同じフローレポート内で異なるディメンションを使用することもできます。

サイトコンテンツ - すべてのページ

ページレポートでは、サイト上の各ページのパフォーマンスを確認できます。
  1. コンポーネントメニューで​ ページ ​ディメンションを選択し、「ここにディメンションをドロップ」というラベルが付いた大きなフリーフォームテーブル領域にドラッグします。
  2. 自動的に作成された​ 回数 ​指標の横にあるワークスペースに適切な指標をドラッグします。各指標の取得方法について詳しくは、 指標の変換ガイド を参照してください。
または、テンプレートと呼ばれる事前に作成されたワークスペースを使用することもできます。コンテンツ消費(Web)テンプレートは、すべてのページレポートと同じ役割を果たします。
  1. プロジェクト/新規 ​をクリックし、プロジェクトオプションを含むモーダルウィンドウを開きます。
  2. コンテンツ消費(Web)テンプレートをクリックし、「作成」をクリックします。

サイトコンテンツ - コンテンツドリルダウン

コンテンツドリルダウンレポートでは、URL 構造別にページトラフィックを確認できます。Analysis Workspace でこのレポートを使用するには、追加の実装が必要です。アドビでは、導入コンサルタントに依頼して、このデータが適切に収集されていることを確認することをお勧めします。

サイトコンテンツ - ランディングページ

ランディングページレポートでは、サイト上で最も多く閲覧されているランディングページを確認できます。ランディングページは、Analysis Workspace では​ 入口ページ ​ディメンションとして使用できます。
  1. コンポーネントメニューで​ 入口ページ ​ディメンションを選択し、「ここにディメンションをドロップ」というラベルが付いた大きなフリーフォームテーブル領域にドラッグします。
  2. 自動的に作成された​ 回数 ​指標の横にあるワークスペースに適切な指標をドラッグします。各指標の取得方法について詳しくは、 指標の変換ガイド を参照してください。
アドビでは、このディメンションに​ 訪問回数 ​指標を使用することをお勧めします。

サイトコンテンツ - 出口ページ

出口ページレポートでは、ユーザーが最後に訪問した上位のページを確認できます。Analysis Workspace においても、同じ名前のレポートが利用できます。
  1. コンポーネントメニューで​ 出口ページ ​ディメンションを選択し、「ここにディメンションをドロップ」というラベルが付いた大きなフリーフォームテーブル領域にドラッグします。
  2. 自動的に作成された​ 回数 ​指標の横にあるワークスペースに適切な指標をドラッグします。各指標の取得方法について詳しくは、 指標の変換ガイド を参照してください。
アドビでは、このディメンションに​ 訪問回数 ​指標を使用することをお勧めします。

サイト速度レポート

サイト速度レポートでは、ページの読み込み速度を確認して、ページの読み込み時間を短縮できるかを検証できます。
Adobe Analytics と Google Analytics でこのレポートを使用するには、追加の実装が必要です。アドビでは、導入コンサルタントに依頼して、このデータが Analysis Workspace に対して正しく設定されていることを確認することをお勧めします。通常、 getPageLoadTime プラグイン は、Adobe Analytics でパフォーマンスデータを取得するために eVar に割り当てられます。

サイト検索レポート

サイト検索レポートでは、訪問者がサイトの内部検索機能をどのように利用しているかに関するインサイトを獲得できます。
Adobe Analytics と Google Analytics でこのレポートを使用するには、追加の実装が必要です。アドビでは、導入コンサルタントに依頼して、このデータが Analysis Workspace に対して正しく設定されていることを確認することをお勧めします。通常、内部検索キーワードはクエリー文字列パラメーターから抽出され、レポート用に eVar に配置されます。

イベントレポート

イベントには、Google と Adobe Analytics の間で構造上の大きな違いがあります。両方のプラットフォームで正常に機能させるには、実装の変更が必要です。
  • Google Analytics では、イベントはテキストとして定義されます。イベントには、カテゴリ、アクションおよびラベルがあります。
  • Adobe Analytics では、イベントは最初に Admin Console で設定され、識別子が割り当てられます。この識別子は実装コードで使用されます。次に例を示します。
    1. Admin Console で、event1 を「登録」として設定できます。
    2. 実装では、登録確認ページのイベント変数に event1 を追加します。登録確認ページが表示されるたびに、event1 が増加します。
    3. Analysis Workspace では、「登録」は任意のレポートで使用する指標として表示されます。
この機能を使用するには、実装の変更が必要です。アドビでは、導入コンサルタントに依頼して、データが Analysis Workspace に対して正しく設定されていることを確認することをお勧めします。

発行者レポート

Google では Google Ad Manager との接続を要件としていますが、アドビでは、Adobe Advertising Cloud と呼ばれる、インサイトを提供する専用製品を提供しています。Adobe Advertising Cloud の導入をご検討の方は、担当のアカウントマネージャーにお問い合わせください。