Show Menu
トピック×

他のプラットフォームでよく使用される指標の互換性ガイド

Google Analytics などの他のプラットフォームでは、多くのレポートで共通の指標が使用されています。このページでは、多くのレポートで使用される指標の再作成方法を説明します。
ワークスペースのフリーフォームテーブルに複数の指標を追加するには、ワークスペース内の指標ヘッダーの横にあるコンポーネント領域から指標をドラッグします。

獲得指標

ユーザー数 ​は、Workspace の​ 個別訪問者数 ​とほぼ同じ役割を果たします。詳しくは、コンポーネントユーザーガイドの「 個別訪問者数 指標」を参照してください。
新規ユーザー数 ​は、次の方法で取得できます。
  1. 個別訪問者数 ​指標をワークスペースにドラッグします。
  2. 初回訪問回数 ​セグメントを個別訪問者数指標ヘッダーの上にドラッグします。
セッション数 ​は、Analysis Workspace の​ 訪問回数 ​とほぼ同じ役割を果たします。詳しくは、コンポーネントユーザーガイドの「 訪問回数 指標」を参照してください。

行動指標

バウンス率 ​は、Analysis Workspace では指標としてすぐに使用できます。詳しくは、コンポーネントユーザーガイドの「 バウンス率 指標」を参照してください。
ページ/セッション ​は計算指標です。この指標は、次の方法で取得できます。
  1. この計算指標が作成済みの場合は、「指標」の下にあるこの指標を選択し、ワークスペースにドラッグします。
  2. この計算指標をまだ作成していない場合は、指標リストの近くにある + ​アイコンをクリックし、計算指標ビルダーを開きます。
  3. 必要に応じて、タイトルを「訪問あたりのページビュー数」に設定し、説明を追加します。
  4. 形式を「小数」に設定し、小数点以下の桁数を 2 に設定します。
  5. ページビュー数 ​指標と​ 訪問回数 ​指標を、定義領域にドラッグします。
  6. 訪問回数でページビュー数を割るように ​数式を定義します。
  7. 「保存」をクリックして、ワークスペースに戻ります。
  8. 新しく定義した計算指標をワークスペースにドラッグします。
    計算指標 について詳しくは、コンポーネントユーザーガイドを参照してください。
平均セッション時間 ​は、 訪問別滞在時間(秒) ​とほぼ同じ役割を果たします。Learn more about Time spent per visit metrics in the Components user guide.

コンバージョン指標

目標コンバージョン率 目標達成率 、および​ 目標値 ​は、Adobe Analytics と Google Analytics で追加の実装が必要です。製品ディメンションと購入イベントが実装されている場合は、次の手順を考慮します。
  1. 注文 ​指標、 売上高 ​指標、 訪問回数 ​指標をワークスペースにドラッグします。
  2. 訪問あたりの購入回数 ​の計算指標を作成します。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac)を押しながら両方の指標ヘッダーをクリックしてハイライト表示します。いずれかのヘッダーを右クリックし、「 選択した項目から指標を作成 」を選択して、「 分割 」をクリックします。この新しい指標は、目標コンバージョン率と同じ役割を果たします。
  3. 小数点以下の桁数が必要な場合は、計算指標を編集します。指標ヘッダーの「情報」ボタンをクリックし、鉛筆アイコンをクリックします。計算指標ビルダーウィンドウに小数点以下の桁数を 1 桁または 2 桁追加し、「保存」をクリックします。
実装において製品データやコンバージョンデータに対応していない場合は、導入コンサルタントに依頼して、データの品質と整合性を確保することをお勧めします。