Show Menu
トピック×

Adobe Analyticsの低トラフィック値

レポートに大量のユニーク値がある場合、アドビは最も重要な値を確実にレポートに表示する機能を提供します。 約500,000件の既存の値の後に収集された一意の変数値は、「 (低トラフィック)」という行項目の下に表示されます

低トラフィックの仕組み

  • 変数が特定の月で500,000個のユニーク値に達しない場合、レポートは影響を受けません。
  • 変数がこの最初のしきい値500,000に達すると、低トラフィックでデータがグループ化され始めます。 このしきい値を超える各値は、次のロジックを使用します。
    • 値が既にレポートに含まれている場合は、通常どおりその値に追加します。
    • 値がレポートにまだ存在しない場合は、その値が現在約10回以上表示されているかどうかを確認します。 ある場合は、この値をレポートに追加します。 10回以上カウントされていない場合は、低トラフィックのままにします。
  • レポートスイートが1,000,000個を超えるユニーク値に達した場合、より厳密なフィルタリングが適用されます。
    • 値が既にレポートに含まれている場合は、通常どおりその値に追加します。
    • 値がレポートにまだ存在しない場合は、その値が現在約100回以上表示されているかどうかを確認します。 値がある場合は、値をレポートに追加します。 そうでない場合は、低トラフィックのままにします。
変数値が受け取るトラフィック量が多く、低トラフィックのバケットから離脱すると、収集された最初の値は、それぞれの行項目に移動しません。 最初の10 ~ 100のインスタンスは低トラフィックの下に残ります。

ユニーク制限しきい値の変更

ユニーク値のしきい値は、デフォルトで 50 万件および 100 万件です。これらの制限は、変数単位で変更できます。 この変更をリクエストするには、組織のアカウントマネージャーにお問い合わせください。 変更をリクエストする場合は、以下を含めます。
  • レポートスイート ID
  • しきい値を増やす変数
  • 第1のしきい値と第2のしきい値の両方が必要
しきい値の変更は、レポートのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。 変数内の一意の値の増加をリクエストする場合は、適切な判断を下すことを強くお勧めします。
低トラフィックのしきい値は、Analytics UIに表示されません。 既存のしきい値の詳細については、貴社のサポート対象ユーザーの方を通じて、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。

コンポーネントやその他の機能を使用した低トラフィック

機能が異なると、低トラフィックの値は様々な方法で処理されます。
  • Data Warehouse:Data Warehouseレポートの固有値の数に制限はありません。 独自のアーキテクチャにより、任意の数の一意の値をレポートできます。
    • 一部の限られたシナリオでは、低トラフィック値が表示される場合があります。 例としては、リストVar、リストProp、マーチャンダイジングeVar、マーケティングチャネルの詳細ディメンションなどがあります。
  • セグメント:セグメント条件に、ユニーク値の数が多い変数が含まれている場合、低トラフィックで取り込まれた値は含まれません。
  • 分類:また、分類レポートには一意の制限が適用されます。 分類の親変数値が低トラフィックの下に含まれる場合、値は分類されません。
    • データに表示される前に値を分類する場合、その月の個別しきい値がカウントされます。