Show Menu
トピック×

Adobe Analytics の低トラフィック値

レポートに大量のユニーク値がある場合、発生頻度の高い値を確実にレポートに表示する機能があります。変数のユニーク値が 50 万件に達した場合、それ以降に収集されたユニーク値は「 低トラフィック 」という行項目の下に表示されます。

低トラフィックの仕組み

  • 変数のユニーク値が 1 ヶ月に 50 万件に達しない場合、レポートは影響を受けません。
  • ユニーク値が最初のしきい値である 50 万件に達すると、データが低トラフィックでグループ化されます。このしきい値を超える各値は、次のロジックを使用します。
    • 値が既にレポートに含まれている場合は、通常どおりその値を追加します。
    • 値がレポートに含まれていない場合は、その値が現在 10 回以上表示されているかどうかを確認します。10 回以上表示されている場合は、この値をレポートに追加します。10 回に満たない場合は、低トラフィックのままになります。
  • レポートスイートのユニーク値が 100 万件に達した場合、より厳密なフィルタリングが適用されます。
    • 値が既にレポートに含まれている場合は、通常どおりその値を追加します。
    • 値がレポートに含まれていない場合は、その値が現在 100 回以上表示されているかどうかを確認します。100 回以上表示されている場合は、この値をレポートに追加します。100 回に満たない場合は、低トラフィックのままにします。
変数値が受け取るトラフィック量が多く、低トラフィックのバケットから離脱すると、それ以降に最初に収集された値は、それぞれの行項目に移動しません。最初の 10 ~ 100 件のインスタンスが「低トラフィック」に残ります。

ユニーク値のしきい値の変更

ユニーク値のしきい値は、デフォルトで 50 万件および 100 万件です。このしきい値は、変数単位で変更できます。この変更をリクエストするには、担当のアカウントマネージャーにお問い合わせください。変更をリクエストする場合は、次の情報が必要です。
  • レポートスイート ID
  • しきい値を上げたい変数
  • 第 1 のしきい値と第 2 のしきい値
しきい値の変更は、レポートのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。アドビでは、変数のユニーク値の増加をリクエストする場合、十分な検討のうえ適切な判断をおこなうことを強く推奨しています。
低トラフィックのしきい値は、Analytics UI に表示されません。既存のしきい値について詳しくは、貴社のサポート対象ユーザーの方を通じて、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。

コンポーネントやその他の機能を使用した低トラフィック

低トラフィック値の処理方法は、機能に応じて異なります。
  • Data Warehouse: ​データウェアハウスレポートのユニーク値の数に制限はありません。独自のアーキテクチャにより、任意の数のユニーク値をレポートに追加できます。
    • 一部のシナリオでは、低トラフィック値が表示される場合があります。例としては、リスト var、リスト prop、マーチャンダイジング eVar、マーケティングチャネルの詳細ディメンションなどがあります。
  • セグメント化: ​セグメント条件にユニーク値の数が多い変数が含まれている場合、低トラフィックで取り込まれた値は含まれません。
  • 分類: ​分類レポートには、ユニーク値の数に制限があります。分類の親変数の値が低トラフィックの下に含まれる場合、値は分類されません。
    • データに表示される前に値を分類する場合、該当する月のユニーク値のしきい値にカウントされます。