Show Menu
トピック×

レポートにおける「未指定」、「なし」、「その他」、「不明」

Adobe Analytics の各種レポートで、「未指定」、「その他」、「不明」という値が表示されることがあります(どの値が表示されるかはレポートによって異なります)。一般的に、これらの行項目は変数が定義されていなかったか、使用できなかったことを意味します。以下に、これらの行項目がレポートに表示される様々な原因について取り上げます。

レポートにおける「未指定」(または「なし」)

「未指定」は、レポートにおいてよく見られる行項目です。「なし」とも呼ばれることが多いです。
  • コンバージョン変数が定義されていないイベント: ​例えば、ユーザーがサイトを訪問し、eVar1 値を発生させずに商品を購入するとします。eVar1 ディメンションで注文を確認すると、この注文には関連付けられる値がないため、自動的に「未指定」に分類されます。
  • 分類レポートの未分類データ: ​分類データを表示すると、特定の分類に関連付けられたデータを持たない値は「未指定」になります。この問題を解決するには、親変数の値を分類します。
  • 1 つの変数のみが発生した分類レポート: ​変数に分類を適用する場合、その変数のすべてのインスタンスを考慮する必要があります。2 つ目の変数が見つからなかった場合、または変数が以前のヒットから持続している場合、ディメンション項目は「未指定」になります。
  • モバイルレポートにおけるモバイル以外のヒット: ​モバイルレポートでモバイル以外のヒットが発生した場合は、「未指定」(Reports and Analytics では「モバイル以外」)と表示されます。

レポートにおける「その他」

「その他」はそれほど一般的な分類ではありませんが、次のような場合にレポートに表示されることがあります。
  • 内部 URL フィルターの外部で発生するページ: ​この値は、別の組織がソースコードを盗み、独自のサイトに実装するといったデータの不正を防ぐために使用されます。この問題を解決するには、コードを実装したすべての URL がお使いのレポートスイートで設定されている内部 URL フィルターと一致するようにしてください。
  • ほとんど使用されていないブラウザーを使用する訪問者: ​ブラウザータイプのレポートでは、訪問者が珍しいタイプのブラウザーを使用している場合に「その他」という分類が表示されます。ブラウザーのメーカーは、数多く存在します。大手メーカー以外のブラウザーはすべて「その他」に分類され、レポート管理における混乱を防ぐことができます。

レポートにおける「不明」

「不明」が発生する原因には、次のものがあります。
  • 技術レポートを表示した場合のブラウザー以外のヒット: AppMeasurement ライブラリがサポートされている機能かどうかを判断できない場合は、レポートに「不明」と表示されます。
  • コンポーネントにアクセスできないセグメントの使用: ​セグメントで使用される変数が有効になっており、ユーザーがそれらの変数にアクセスできることを確認します。ユーザーがセグメントコンポーネントにアクセスできない場合、または変数が無効な場合は、「不明」と表示されます。

レポートでこれらの値を除外する

ほとんどの場合、これらの行項目は無視しても問題ありません。必要に応じて、検索フィルターを使用して削除できます。
一部のバックエンドデータ変数は、レポート内で「 ::unspecified:: 」という値を使用します(インターフェイスには表示されません)。検索フィルターによるデータの除外に失敗した場合は、(コロンを含む)この値を使用してみてください。