Show Menu
トピック×

DCS API 呼び出しでサポートされている属性

Data Collection Servers(DCS)に渡すことができるデータの構文とサポートされている属性(キー値ペア)について説明します。この情報は、DCS リクエストの形式設定や DCS システムから返されるパラメーターの理解に役立ちます。

属性プレフィックス

DCS では、キー値ペアのキーに付加されている特定のプレフィックスに基づいて、渡すデータのタイプを分類します。
キープレフィックス 対応するデータの種類
c_
顧客定義属性。
d_
Audience Manager 属性。
h_
HTTP ヘッダーデータ。
p_
非公開の顧客定義属性。
DCS では、キーに p_ プレフィックスが含まれていれば、お客様独自の非公開データを受信します。非公開データは特性評価に使用されますが、アドビのシステムにはログとして記録されず、保存もされません。例えば、 customers = p_age<25 として定義されている特性があり、イベント呼び出しで p_age=23 を渡すとしましょう。これらの条件を仮定すると、年齢に基づき絞り込まれたユーザーはこの特性に絞り込まれますが、このキー値ペアは、 Audience Manager にリクエストが受信された後で削除され、ログには記録されません。

d_ 属性

DCS からのレスポンスが必要でない限り、これらはすべてオプションです。DCS からのレスポンスが必要な場合は、 d_rtbd=json が必須です。
属性 説明
d_caller
DCS API の呼び出しをおこなっている呼び出し元の特定に使用します。
d_cb
DCS レスポンスをコールバック関数の関数パラメーターとして使用して、実行する JavaScript 関数を指定します。
d_cid
Audience Manager で割り当てられたデータプロバイダー ID( DPID )とデータプロバイダーユーザー ID( DPUUID )のペアを 1 つ以上含んでいます。 DPID DPUUID のペアを複数使用する場合、各ペアを非印字文字 %01 で区切ります。例: DPID %01 DPUUUID
d_cid は、(廃止予定だが、まだサポートされている) d_dpid および d_dpuuid に代わるものです。詳しくは、 DPID と DPUUID に代わる CID を参照してください。
d_cid_ic
統合コードとそれに関連する一意のユーザー ID が単一のキー値ペアとして含まれています。
d_cid_ic は、(廃止予定だが、まだサポートされている) d_dpid および d_dpuuid に代わるものです。詳しくは、 DPID と DPUUID に代わる CID を参照してください。
d_coppa
児童保護法に従うために、サードパーティ Cookie の使用を無効にします。このパラメーターは、アドビの Adobe Experience Platform ID サービスにより動的に設定されるもので、 idSyncDisable3rdPartySyncing 設定に依存します。 Adobe Experience Platform ID サービスの COPPA のサポート を参照してください。
d_cts=1
d_cts=2
オプションです。お客様のご依頼に応じて有効になります。担当の Adobe Audience Manager コンサルタントまたはカスタマーケアにお問い合わせください。
特性とセグメントを JSON レスポンスに格納して返すように指定します。
  • d_cts=1 の場合は、セグメントの レガシーセグメント ID を返します。
  • d_cts=2 の場合は、セグメントのセグメント ID を返します。
サンプルレスポンスは次のようになります。
{     "stuff": [],     "uuid": "07955261652886032950143702505894272138",     "dcs_region": 7,     "traits": [420020, 5421506],     "segments": [984263, 985264],     "tid": "ss3OTqPiQp0=" }
d_dpid
非推奨(廃止予定)となりました。 d_cid d_cid_ic を参照してください。
d_dpuuid
非推奨(廃止予定)となりました。 d_cid d_cid_ic を参照してください。
d_dst=1
URL の宛先データを JSON レスポンスで返します。
d_dst_filter
d_dst_filter は、Adobe Analytics と Audience Manager の統合用に確保されている属性です。
それらの属性を使用する特性は、作成しないようお勧めします。アドビは、確保している属性をいつでも変更できます。
d_jsonv=1|0
レスポンスで使用する JSON のバージョンを指定します。通常、これは d_jsonv=1 に設定してください。 d_jsonv=0 に設定すると、ID の同期が無効になります。
d_mid
Experience Cloud ID サービスで設定および使用される Experience Cloud ID を指定します。ECID について詳しくは、 Cookie と Experience Cloud Identity Service を参照してください。
d_nsid
名前空間 ID です。使用されている JavaScript コンテナを示します。 DIL での ID 同期に使用されます。
d_ptfm
Audience Manager でモバイルからのリクエストとデスクトップからのリクエストを区別できるようにします。次の値がサポートされています。
  • ios
  • android
  • browser
  • all
d_rs
非推奨(廃止予定)となりました。 d_rs は、 Adobe Analytics Audience Manager のレガシー統合用に確保されている属性です。
それらの属性を使用する特性は、作成しないようお勧めします。アドビは、確保している属性をいつでも変更できます。
d_rtbd=json
DCS からの JSON レスポンスが必要な場合には必須です。
  • これを省略すると、 DCS はヘッダーでピクセルを返します。
  • これを含めると、 DCS はレスポンスの本文で JSON オブジェクトを返します。次の例を参照してください。実際のレスポンスはもっと複雑になります。
{     "stuff": [],     "uuid": "22920112968019678612904394744954398990",     "dcs_region": 7,     "tid": "ss3OTqPiQp0=" }
d_sid
SID は、 スコア ID を意味します。これは特性またはセグメントの一意の ID です。
d_tdpid
特性評価用のデータソースを渡します。このデータソースに含まれている特性のみ評価されます。
例えば、以下の特性があるとしましょう。
  • 次の仕様の 特性 T1
  • 特性ルール:「 key1 == val1
  • データソース( DPID ):1
  • DPID 統合コード: ic1
  • 次の仕様の 特性 T2
  • 特性ルール:「 key2 == val2
  • データソース(DPID):2
  • DPID 統合コード: ic2
サンプル呼び出し yourcompany.demdex.net/event?key1=val1&key2=val2&d_tdpid=1 では、特性 T1 のみ返されます。
d_tdpid_ic
目的は上記の d_tdpid パラメーターとまったく同じです。ただし、このパラメーターでは、データソースは統合コードを使用して渡されます。
引き続き上記の特性に対して、次のサンプル呼び出しを考えてみましょう。
yourcompany.demdex.net/event?key1=val1&key2=val2&d_tdpid_ic=ic2 の場合、特性 T2 のみ返されます。
d_uuid
一意のユーザー ID。この値が Cookie から得られない場合に、訪問者を特定します。