Show Menu
トピック×

DCS へのデータ送信

DCS への /event 呼び出しの実行については、ここから始めてください。この節では、呼び出しの構文、パラメーター、形式、要求例について説明します。
コードと例の​ 斜体 ​の部分は変数のプレースホルダーです。この方法で DCS にデータを送信する際には、プレースホルダーを実際の値に置き換えてください。

呼び出しの構文

URL にデータを送信する基本的な DCS 文字列の構文は次のとおりです。
https://domain_alias.demdex.net/event?key1=val1&key2=val2&d_dst=1&d_rtbd=json&d_cb=callback

DCS メソッドを使用して POST にデータを送信することもできます。呼び出し構文については、 DCS API メソッド で説明されています。

呼び出しパラメーター

単純な DCS 呼び出しの基本的な構成要素を次の表で定義します。
コンポーネント 説明
domain alias.demdex.net
この部分には次の情報が含まれています。
  • Audience Manager から割り当てられたドメインエイリアス(例: my_domain.demdex.net )。
  • 宛先のドメイン(常に demdex.net )。 Demdex ドメインの呼び出しについて を参照してください。
/event?
この部分は次の働きをします。
  • 呼び出しをイベント呼び出しとして識別する。
  • DCS に送信するデータを含んだ URL 文字列の開始を定義する。
key
キーと値のペアに含まれている一意の識別子。
これらのキーと値のペアでは、 DCS に送信するデータのタイプを識別する特定のプレフィックスを使用します。詳しくは、 DCS API 呼び出しでサポートされる属性 を参照してください。
val
キーと値のペアのキーで定義されるセットに属する変数値。
値を扱う際は次の点に留意してください。
  • 文字列データを二重引用符で囲みます(例: age="41 to 55" )。
  • 1 つの値で複数のキーを渡すことができます(例: key = val1,val2,val3 )。
  • d_dst=1
  • d_rtbd=json
  • d_cb= callback
オプションの応答パラメーターです。
これらはどれも DCS へのデータ送信には不要です。ただし、 DCS からの応答が必要な場合は、要求に d_rtbd=json を含める必要があります。
定義済みの d_ キーと値のペア を参照してください。

サンプル呼び出し

この例では架空の企業 Acme, Inc. 社が 呼び出しを通じて DCS にデータを送信しています。HTTPこの呼び出しにはオプションパラメーター d_dst=1 d_rtbd=json d_cb=callback が含まれています。これらのパラメーターは、Acme 社がコールバック関数で JSON から DCS 応答を受信しようとしていることを示しています。なお、これは例にすぎません。このコードを他の用途にそのまま使用しないでください。
https://acme_aam_domain.demdex.net/event?videoTypeID=2&data=moarData&d_dst=1&d_rtbd=json&d_cb=acme_callback

次の手順

これで DCS へのデータ送信の方法がわかったので、今度は、DCS からの応答データを取得してその情報を解析する方法を見てみましょう。 DCS からのデータ受信 を参照してください。