Show Menu
トピック×

データ統合ライブラリ(DIL)について

Audience Manager DIL コードライブラリの概要、導入方法、使用可能なコードメソッドについて説明します。
バージョン 8.0(2018 年 8 月にリリース)より、DIL は、 Adobe Experience Platform ID サービス のバージョン 3.3 以降に強く依存しています。ID サービスを利用して、ID 同期や URL 宛先を有効にします。ID サービスが見つからない、古い、または設定されていない場合は、エラーが発生しまます。
Adobe Experience Platform Launch を使用して DIL ライブラリと Adobe Experience Platform ID サービスライブラリを実装および管理することをお勧めします。
ただし、アドビの GitHub ページから Experience Cloud および DIL の最新リリースをダウンロードすることもできます。以下のダウンロードリンクを参照してください。

DIL の目的

DIL は API ライブラリです。これは、Adobe Audience Manager のヘルパーコードの集まりと見なすことができます。Audience Manager を使用するのに必要なわけではありませんが、DIL にメソッドや関数が用意されているので、Audience Manager にデータを送信するためのコードを独自に開発する必要はありません。さらに、DIL は、 Adobe Experience Platform ID サービス で提供される API とは異なります。このサービスは、各種の Experience Cloud ソリューションにわたって訪問者 ID を管理することを目的としています。これに対して、DIL は以下を目的としています。

DIL コードの取得と実装

DIL コードは​ こちら  でダウンロードできます。バージョン 8.0(2018 年 8 月にリリース)より、DILは、 Adobe Experience Platform ID サービス のバージョン 3.3 以降に強く依存していることに注意してください。ID サービスを利用して、ID 同期や URL 宛先を有効にします。ID サービスが見つからない、古い、または設定されていない場合は、エラーが発生しまます。
DIL を操作して Audience Manager を手動でセットアップするのではなく、 Adobe Experience Platform Launch を使用することをお勧めします。Adobe Experience Platform Launch を使用するとコードのデプロイメント、配置、バージョン管理が簡単になるので、実装ツールとして導入することをお勧めします。 Audience Manager 拡張機能 について詳しくは、Adobe Experience Platform Launch を参照してください。
Adobe Experience Platform Launch は Adobe Dynamic Tag Manager (DTM)の後継ツールです。

サンプル呼び出し

DIL では、データをイベント呼び出しで Audience Manager に送信します。ページからの XML HTTP リクエストがイベント呼び出しになります。 POST メソッドを使用して、データをリクエストの本文に入れて送信します。
イベント呼び出しの構成要素
説明
URL
DIL イベント呼び出しでは、 https://adobe.demdex.net/event?_ts = UNIX UTC timestamp という構文を使用します。
本文
以下のサンプルで示すように、DIL ではデータをキー値ペアとして渡します。特別な接頭辞文字で、これらのキー値ペアは Audience Manager 変数またはパートナー変数として識別されます。
d_dst=1
d_jsonv=1
d_ld=_ts=1473693143821
d_mid=54192285857942994142875423154873503351
d_nsid=0
d_rtbd=json
以下のページも参照してください。