Show Menu
トピック×

ドキュメントの更新(2015 年)

2015 年にリリースされた Audience Manager の新規および改訂版ドキュメントの一覧です。Experience Cloud リリースノートに含まれていない可能性のある、Audience Manager ガイドの細かな更新や変更が含まれています。

2015 年 11 月

トピック 説明
ダウンロード可能な地域 ID リストへのリンクが付加されました。
新しいパスワード要件が追加されました。
様々な CPM データフィードのインプレッションを割り当てる方法について説明します。
様々な定額料金データフィードのインプレッションを割り当てる方法について説明します。
Audience Manager では、アカウントに作成できる特性、セグメント、宛先、アルゴリズムモデルの数に上限を設定しています。
割引を利用すると、データプロバイダーは、選択した購入者のデータフィードの価格を下げることができます。
購入者は、割引されたデータフィードを要求したり、割引されたデータフィードのサブスクリプションを購入したりすることができます。

2015 年 10 月

トピック 説明
d_dpid d_dpuuid の代わりに d_cid または d_cid_ic を使用するようにコードを更新してください。DPID および DPUUID 変数は引き続き機能しますが、これらは既に廃止されています。これには、 d_ プレフィックスのない DPID および DPUUID バリアントが含まれます。
d_cid および d_cid_ic のキー値ペアに関する説明を追加しました。
非公開データフィードは、プロバイダーがデータへの購入者のアクセスを制限するためのオプションです。データプロバイダーはプライベートデータフィードの作成について、データ購入者はプライベートデータフィードのサブスクリプション購入について、この節によく目を通してください。
DCS から返されるエラーコードおよびメッセージの一覧と説明です。

2015 年 9 月

トピック 説明
データを Audience Optimization レポートに取り込むための形式およびコンテンツに関する要件について説明します。
テキストを修正および更新しました。さらに、判読できるデータ名を Advertising Analytics レポートで使用し参照するのに必要な新しいキー値ペアが追加されました。
テキストを修正および更新しました。さらに、判読できるデータ名を Advertising Analytics レポートで使用し参照するのに必要な新しいキー値ペアが追加されました。
導入部を更新して、要件の説明を追加しました。

2015 年 8 月

トピック 説明
一括管理ツールを使用すると、複数のオブジェクトを一度に 1 回の操作で作成および管理できます。一括管理ツールを使用して、データソース、派生シグナル、宛先、フォルダー、セグメントおよび特性を処理できます。
Audience Management モジュールの実装
コンテキストデータ変数の末尾が、ドットではなく誤ってアンダースコアになっていました。
  • 正しい構文: c_contextData.*
  • 誤った構文: c_contextData_*
プロファイル結合の顧客イネーブルメント
Analytics のお客様は、Master Marketing Profile を使用し訪問者 ID サービスを通じて宣言済み ID を Audience Manager に渡す場合、統合コードを設定する必要があります。
このドキュメントは廃止され、 クロスデバイス対応データソースの作成 に置き換えられました。
新規オンボードの特性が 特性グラフ に表示されないことがある理由を、新しい FAQ エントリで説明しています。
推定セグメントサイズの説明を修正しました。
様々な Audience Manager システムの動作とシステム内でのデータのフローを説明するために、テキストを更新し新しい画像を追加しました。

2015 年 7 月

トピック 説明
ドキュメントのリンクと相互参照。
古いリンクを更新しました。相互参照をクリックすると、リダイレクト通知ではなく、正しいドキュメントに移動します。
DCM データファイルを Audience Manager にインポート DoubleClick Campaign Manager データを Audience Manager に取り込みます。
データ収集サーバー(DCS)API メソッドおよびコード DCS コードをリアルタイムデータ転送用 API として使用します。

2015 年 6 月

トピック 説明
DIL の create メソッド。
  • オプションパラメーター iframeAttachmentDelay を削除しました。
  • declaredId 変数に注意書きを追加しました。訪問者 ID サービスを使用する際は、DIL ではなく setCustomerIDs で ID を設定します。詳しくは、 顧客 ID と認証状態 を参照してください。

2015 年 5 月

トピック 説明
Audience Marketplace Audience Marketplace では、データプロバイダーとデータ購入者がほとんど手間をかけずにセルフサービス方式でデータを取引できます。役割がデータ購入者かデータ販売者かで異なる専用機能を提供することにより、これを実現しています。
改訂版:
  • グループの作成と権限の割り当ての手順および説明を簡略化しました。
  • ワイルドカード権限とその使用方法についての情報を追加しました。

2015 年 4 月

トピック 説明
以下の注意を追加しました。
注意: Audience Manager では、受信用 S3 バケット向けに .zip ファイルをサポートしていません。
オンボード特性の合計呼び出し回数が常に 0 と表示される理由を説明する新しい FAQ を追加しました。
英国とオランダ領アンティルでのターゲティングに関する情報を追加しました。

2015 年 3 月

トピック 説明
受信データと AAM のレポートを比較すると正常に処理されたレコードの数が異なる場合がある理由を説明する新しい FAQ を追加しました。
クロスデバイスのオンボード特性の特性ユニーク数がオンボードのレコードの合計数より大きい理由を説明する新しい FAQ を追加しました。
Talend についての情報を削除しました。
Netezza についての情報を削除し、RedShift についての情報に置き換えました。
データ保持
新規トピックです。
プライバシーとデータ保持に関する FAQ (2016 年 12 月)に変更されました。

2015 年 2 月

トピック 説明
毎日の受信ファイル取り込みと送信ファイル書き出しの時間を更新しました。
選択した期間に応じてデルタ変化がどのように計算されるかを説明する情報を追加しました。
個別訪問者数の異常に大きいデルタ変化を調査する方法を説明する注意書きを追加しました。
「制限とルール」の節に次の情報を追加しました。
  • 頻度キャップ式では、特性認識の数が目標値を下回っているすべてのユーザーを含めます。
    例:
    frequency([1000T]) <= 5
    この式では、ID 「1000」の特性を認識した回数が 5 回以下のすべてのユーザーを含めます(この特性を認識しなかったユーザーも含む)。
  • 最新性/頻度の要件が特定の回数または日数を下回る必要がある場合は、その特性を AND 演算子で別の特性に結合する必要があります。
    上記の例の frequency([1000T]) <= 5 では、別の特性と結合した場合、式が有効になります。
    例:
    frequency([1000T]) <= 5 AND isSiteVisitorTrait
  • 広告頻度キャップのユースケースでは、例えば次のようなセグメントルールを作成できます。
    (frequency([1000T] <= 2D) >= 5)?
    この式では、最近の 2 日間に ID 「1000」の特性を 6 回以上認識したすべてのユーザーを含めます。
    キャップを実現するには、このセグメントを広告サーバーに送信した後、広告サーバー内のセグメントに対して NOT を含めます。このアプローチで、頻度キャップの目的にかないつつ、Audience Manager のパフォーマンスが向上します。

2015 年 1 月

トピック 説明
フォルダー数プロパティを含めるように、コードサンプルを変更しました。
新規トピックです。
受信データを末端まで伝達するのにかかる時間を明確にしました。
トピックを大幅に編集しました。
新規トピックです。
一般レポート での数値の生成方法を説明する節を追加しました。
個人識別情報(PII)を除外するオプションを追加しました。
リアルタイムのセグメント人口とユニーク値が異なる可能性がある理由を説明する情報を追加しました。
プロファイル結合の顧客イネーブルメント
宣言済み ID の使用を DIL とモバイル SDK に追加する方法を説明する手順を追加しました。
このドキュメントは廃止され、 クロスデバイス対応データソースの作成 に置き換えられました。
改訂されたトピックです。
プロファイル結合アーキテクチャ
テキストを更新し、イラストを追加しました。
このドキュメントは廃止され、 プロファイルリンク に置き換わりました。
最新性を未指定のままにしておくことで、最新性の要件を設定せずに頻度の要件を設定できることを説明する箇条書き項目を追加しました。
送信ファイルで削除されたセグメントに関する情報を追加しました。
新規トピックを追加しました。