Show Menu
トピック×

ドキュメントの更新(2017 年)

2017 年およびそれ以前にリリースされた新規および改訂版ドキュメントの一覧です。Experience Cloud リリースノートで扱われていない可能性のある、Audience Manager ドキュメントの細かな更新が含まれています。
See the Experience Cloud Release Notes for changes to Audience Manager and other Experience Cloud solutions. 以前のリリースノートについては、 以前の年度 節を参照してください。

2017 年 12 月

トピック 説明
トラブルシューティングに関する節を追加しました。
DST Cookie を廃止し、demdex Cookie と dextp Cookie の有効期間情報を追加しました(ユーザーがデータ収集をオプトアウトした場合)。

2017 年 11 月

トピック 説明
参考のために、確保されている属性 d_dst_filter および d_rs d_ 属性の説明に追加しました。それらの属性を使用する特性は、作成しないようお勧めします。アドビは、確保している属性をいつでも変更できます。
Audience Manager では、特性認定(特性の満足)の処理方法は特性のタイプによって異なります。このドキュメントでは、特性のタイプごとに絞り込みの詳細を説明しています。
特性絞り込みデータの保持に関する節を追加しました。
ここで強調している制限に特性絞り込みの合計数を追加しました。
受信データファイルで使用可能な文字と禁止されている文字を更新しました。インポートする ID のタイプと特性をプロファイルに追加する方法に応じて、受信ファイルの正しい形式の例を示すマトリックスも追加しました。

2017 年 10 月

トピック 説明
新しいエラーコード 111、309、310 を返すようになりました。
DCS 要求に使用可能なキーのリストに、 d_cts をオプションパラメーターとして追加しました。これを有効にするには、担当の Adobe Audience Manager コンサルタントまたはカスタマーケアにお問い合わせください。
アウトバウンドジョブのデータ処理および配信のスケジュールを更新しました。
GET または POST メソッドを使用して DCS にデータを送信できます。このドキュメントでは、それぞれのケースで使用する必要がある構文について説明します。
Audience Manager のユーザーインターフェイスで「Total Trait Fires」が「Total Trait Realizations」に変更されました。この変更に合わせて FAQ を更新しました。
Audience Manager セグメントを Analytics に送信する方法に関する新しい内容です。

2017 年 9 月

トピック 説明
新規または既存のアルゴリズムモデルおよび特性の作成と更新のスケジュールを更新しました。
宣言済み ID を含んだイベント呼び出しを DCS に送信する場合の不明な特性の認識に関する質問を追加しました。
DCM ログファイルを Audience Manager にインポートする方法として 実用的なログファイル が推奨される理由と、この機能を導入する方法を説明します。
Audience Manager への DCM データファイルのインポートをセットアップした後で 実用的なログファイル を有効にするために必要な手順 7 を追加しました。
比較演算子を更新して、正規表現をサポートしているものを正しく識別できるようにしました。
特性の詳細ページの機能(特性監査ログなど)を説明する新しい内容です。
Audience Manager セグメントを Target に送信する方法に関する新しい内容です。
内容を修正して、アドビプライバシーセンターへの新しいリンクを追加しました。
内容を修正しました。

2017 年 8 月

トピック 説明
一般レポートのデータが使用可能になる時刻と、受信ファイルの取り込み処理が毎日起動される回数を更新しました。
DCS API の内容を修正し、再編成しました。
データを Experience Cloud Device Co-op に送信する方法を制御するための新しい設定です。
デバイスグラフオプションを使用して作成した結合ルールに関する回答を修正および更新しました。

2017 年 7 月

トピック 説明
文字列データを二重引用符 " " で囲む必要があることを説明する注意書きを追加しました。
セグメント化解除と、デバイスグラフが結合ルールやレポートに及ぼす影響についての情報を追加しました。
セグメント化解除で プロファイル結合ルール がどのように操作されるかを説明する新しい内容です。
レポートの数値に対する プロファイル結合ルール の影響を説明する新しい定義を追加しました。
データフィードサブスクリプションワークフローの内容を新規追加および修正しました。
エラー ID 307 および 306 のテキストと新しいエラーを追加しました。

2017 年 6 月

トピック 説明
DCS エラーコード、メッセージ、例
プロファイル取得エラー 200、201、202、203 を追加しました。
API 専用の汎用ユーザーの作成に関する内容を修正し新しい情報を追加しました。
フォルダー特性を使用すると、その特性に関連付けられているフォルダーおよびその任意の子フォルダーから、すべてのユーザーおよびアクティビティをキャプチャすることができます。
フォルダー特性を使用すると、同じフォルダーとそのすべての子フォルダーに存在する特性を自動的に集計して、ターゲティング可能なセグメントにすることができます。
分類階層に新規フォルダーを作成すると、フォルダー特性が自動的に作成されます。
編集 ワークフローでは、フォルダー特性のデータソースを変更できます。
フォルダー特性を削除するには、その特性が属するストレージフォルダーを削除します。
「Unique Trait Realizations」と「Total Trait Population」の 2 つの新しい指標が特性概要表示に示されます。
フォルダーの制限とフォルダー特性の制限をドキュメントに追加しました。
新しい指標 「Unique Trait Realizations」、「Total Trait Realizations」、「Total Trait Population」を追加しました。また、振り返りレポートウィンドウに新しい期間(日数)を追加しました。1、7、14、30、60、90 日の有効期間を選択できるようになりました。
新しい指標 「Unique Trait Realizations」、「Total Trait Realizations」、「Total Trait Population」を追加しました。また、振り返りレポートウィンドウに新しい期間(日数)を追加しました。1、7、14、30、60、90 日間を選択できるようになりました。
Unique Trait Realizations 」の指標を「 Total Trait Population 」に変更しました。
セグメントビルダー を使用して特性をセグメントから削除する方法を説明しています。
フィードの非アクティブ化の理由と対処法を詳しく説明しています。

2017 年 5 月

トピック 説明
受信データ転送ファイルのファイル圧縮
ドキュメントに記載されている、圧縮ファイルの最適サイズと最大サイズを増やしました。
FTP での受信データファイルの名前とサイズの要件...
ドキュメントに記載されている、圧縮ファイルの最適サイズと最大サイズを増やしました。
Amazon S3 での受信データファイルの名前とファイルサイズの要件
ドキュメントに記載されている、圧縮ファイルの最適サイズと最大サイズを増やしました。
プラットフォームレベルのキーによる GeoTargeting(地域に基づくターゲティング)
Geolocation キーのコードを更新しました。
Audience Lab 機能の複数のユースケースを重点的に解説した新しい節です。
Audience Manager では、複数の異なるタイプおよびソースのモデルを使用できます。 Audience Lab では、すべてのアクティブモデルにわたって顧客のコンバージョン率を簡単に比較できます。
Audience Lab を使用すると、クリエイティブが様々な宛先で推進しているコンバージョンの数を測定できます。このユースケースでは、自然発生しているコンバージョンに対してクリエイティブが創出しているコンバージョンを測定できます。
プロファイル結合ルール とデバイスグラフに関するよくある質問への回答に役立つ新しい FAQ を追加しました。
重み付けモデルの変更に合わせて内容を修正しました。新しいモデルでは、0 から 1 のスケールではなく 0% から 100% のスケールで特性に重み付けします。

2017 年 4 月

トピック 説明
DCS HTTP 応答呼び出しに tid フィールドが含まれるようになりました。このフィールドは、サポート案件発生時のデバッグに使用します。
Amazon S3 サービスの実稼動環境およびベータ環境の場所に関する情報を追加しました。
7 日間および 30 日間の振り返り期間は日曜 までの 日付にのみ使用できることを説明した注意書きを追加しました。
わかりやすい説明になるようにテキストを少し修正しました。
新しい情報の追加とドキュメントの完全な書き直しおよび再編成をおこないました。
以下を明示するように内容を修正しました。
  • ファイル名では、イベントタイプとタイムスタンプをアンダースコアで区切ります。
  • アップロードする前に、ファイルを gzip で圧縮して .gz ファイルにする必要があります。
再設計されたこの UI 機能に関する情報を追加しました。
Audience Manager demdex.net ドメインへの呼び出しをおこなう理由の説明を追加しました。
新しい情報を追加しました。

2017 年 3 月

トピック 説明
キー変数のプレフィックスに、Audience Manager のプライベートパラメーターを識別する _p を追加しました。
キー変数のプレフィックスに、Audience Manager のプライベートパラメーターを識別する _p を追加しました。
Browse All Traits 詳細検索に、さらに検索およびフィルタリング機能を付け加えました。
特性ダッシュボードで特性を検索およびフィルタリングする UI を改善しました。
その特定の週の重複レポートにユーザーが含まれるように、セグメント作成の期限を木曜日午後 12 時(UTC)に指定しました。
プロスペクティングとマッチ率についての情報を追加しました。
指標の定義をさらに詳細にしました。
この節では、 プロファイルリンク およびサードパーティデバイスグラフオプションに対応するように内容の追加と修正をおこないました。

2017 年 2 月

トピック 説明
DCS エラーコード、メッセージ、例 統合に関係する警告を DCS エラーコードに追加しました。
送信データファイル名:構文と例 オプションのファイル名要素 PID-ALIAS をアウトバウンドファイルに追加しました。
リアルタイムのセグメントユーザー総数の振り返り期間として 1、14、90 日および無期限を追加しました。
DNS プリフェッチを導入してページ読み込み時間を削減する方法について説明します。
DIL.create containerSNID プロパティの説明を修正し、関連リンクを追加しました。
指標の定義を修正および再編成しました。
Swagger と移行した API メソッドに関する内容を新たに追加しました。
Swagger で書き直し、新しいサイトに移動しました。
Swagger で書き直し、新しいサイトに移動しました。

2017 年 1 月

トピック 説明
使用の制限 オーディエンスの最大サイズと、使用制限に合わせてサイズを小さくする方法についてのアドバイスを追加しました。
更新されたレポートの説明と画像を新しく追加しました。
ID 同期サンプルファイルを追加し、ID 同期処理の動作に関するより正確な説明を付け加えました。
モデル概要ページで使用可能なモデルの詳細とコントロールの説明を追加しました。
Audience Manager で処理されるモバイルデバイス ID(DAID)の想定される形式の説明を追加しました。
受信データ検証処理で空のファイルが無効と見なされて処理されないことを説明する注意書きを追加しました。
見つけ方の情報など、 Experience Cloud 組織 ID の説明を新たに追加しました。
DPUUIDS マクロを追加しました。