Show Menu
トピック×

ドキュメントの更新 2020 年

2020 年に新しく、または改訂版としてリリースされたドキュメントのリスト。Experience Cloud リリースノートで扱われていない可能性のある、Audience Manager ドキュメントの細かな更新が含まれています。
Audience Manager とその他の Experience Cloud ソリューションの変更点については、 Experience Cloud リリースノート を参照してください。以前のリリースノートについては、 以前の年度 節を参照してください。

2020 年 9 月

トピック
説明
アクセシビリティとは、視覚、聴覚、認知、モーターなど、様々な障害を持つユーザーができる限り手間をかけずにソフトウェア製品を使用できるようにする一連の機能を指します。 Audience Managerを誰でも使いやすくするために、複数のアクセシビリティ機能のサポートを開発しました。詳しくはこの記事を参照してください。
ファイル名の構文で、定義と DPID DPID_TARGET_DATA_OWNER フィールドの例を更新しました。

2020 年 8 月

トピック
説明
People-Based Destinations を使用して Google Customer Match を介してユーザーをターゲットできるようになりました。People-Based Destinations を使用してファーストパーティオーディエンスセグメントを Google Customer Match 送信先に送信する前に、Google によってファーストパーティ許可リストに追加される必要があります。詳しくは、 ユーザーベースの宛先 に関するドキュメントを参照してください。
これで、使用する新しい SFTP サーバー(ftp-in-gtw および ftp-out-gtw)を使用できるようになります。これらは AWS SFTP Gateway を S3 で使用します。

2020 年 7 月

トピック
説明
新しい節「 Audience Manager と Experience Platform のセグメント母集団の違いを理解する 」では、Experience Platform と Audience Manager で母集団数が異なる可能性がある理由を説明します。
Adobe I/O  を使用した JWT(サービスアカウント)認証」の節を新たに追加しました。Adobe I/O を使用して Audience Manager API に対する認証をおこなうには、この節を参照してください。

2020 年 6 月

トピック
説明
「Audience Manager と Adobe Experience Platform の間でのオーディエンス共有」の記事の新しい節には、Audience Manager データの書き出しコントロールと Experience Platform データの使用ラベルのマッピングが含まれています。
アドビでは、2020 年 6 月 11 日より、IAB TCF 用 Audience Manager プラグインを IAB の透明性および同意フレームワーク(TCF)バージョン 2.0 にアップグレードします。IAB TCF 用 Audience Manager プラグインを実装したお客様がこの機能を引き続き使用するためには、2020 年 8 月 16 日までにバージョン 2.0 にアップグレードする必要があります。2020 年 8 月 16 日以降、バージョン 1.1 は非推奨となり、サポートは終了します。

2020 年 5 月

トピック
説明
次の新しい一括管理ツールワークシートをアップロードしました。
  • 特性階層のサブフォルダーをリスト化できます(AAM-51528)。
  • CRM ID(クロスデバイス ID)に関連付けられた特性を求められた場合に指標を取得します(AAM-52135)。
  • 韓国語文字の言語エンコードの問題を修正しました(AAM-AAM-54006)。

2020 年 4 月

トピック
説明
Predictive Audiences は、高度なデータサイエンス技法を使用して、リアルタイムに不明なオーディエンスを個別のペルソナに分類するのに役立ちます。
マーケティングにおいて、ペルソナとは、人口統計、閲覧傾向、買い物履歴など、特定の特性のセットを共有する、訪問者、ユーザーまたは見込み客別に定義されたオーディエンスセグメントです。
Predictive Audiences モデルは、この概念をさらに一歩進めて、Audience Manager の機械学習機能を使用して不明なオーディエンスを個別のペルソナに分類できるようにします。
Audience Manager は、既知のファーストパーティオーディエンスのセットに関する不明なファーストパーティオーディエンスの傾向を計算することで、これを実現します。
Profile Merge Rules のその他の機能強化
Profile Merge Rules を使用すると、Audience Manager のお客様は、デバイスではなく ID に基づいてオーディエンスセグメントを定義、管理およびアクティブ化できます。
4 月 29 日より、Audience Manager のお客様は、Audience Manager ユーザーインターフェイスの個々のセグメント化と一括レポートの両方で、特性とセグメントに対するデバイスおよびクロスデバイス ID 母集団の分類をより深く理解できるようになります。
これにより、Audience Manager 内の ID に関するより優れたインサイトが得られ、デバイス別、人物別および世帯別の合計セグメント母集団に関する包括的な視点が得られます。また、クロスデバイスおよびデバイス ID の一括特性書き出しが更新され、これらの機能強化が反映されます。
特定のアップデートには、次の機能が含まれます。
ドキュメントポータルに、カスタマーサポートチームに寄せられたよくある質問に対する回答を含む新しい節を追加しました。

2020 年 3 月

トピック
説明
新しいバージョンのワークシートを使用できます。このワークートでは、Windows オペレーティングシステムの 64 ビットバージョンでアルゴリズムモデルを作成する際に一部のお客様で発生していた問題を修正しています。 こちら から最新バージョンをダウンロードできます。

2020 年 2 月

トピック
説明
RBAC によって Audience Manager を容易に管理できる方法を理解できるよう、役割ベースのアクセス制御(RBAC)のドキュメントに 2 つのユースケースを追加しました。

2020 年 1 月

トピック
説明
Activity Usage Report を使用すれば、アクティビティの使用状況と契約上のコミットメントとの比較方法を明確に把握でき、Audience Manager インスタンスのアクティビティの使用状況を表示および追跡するのに役立ちます。
このページには、Audience Manager と業界パートナーとの各サーバー間統合に関する情報が表示されます。このリストを使用して、Audience Manager からモバイルデバイス ID を受け取れるパートナーや、セグメント解除情報などを受け取ることができるパートナーなどを把握します。
このページは、Adobe Analytics から Audience Manager にデータを転送する方法として Adobe Experience Platform Launch を推奨する内容に更新されました。
「Audience Manager コードを実稼動にデプロイする前に、受信データファイル(.sync または .overwrite ファイル)をアップロードできますか?」に対する回答を更新し、現在の プロファイル結合ルール 機能を反映させました。