Show Menu
トピック×

顧客データのインバウンドの取得に関するよくある質問

Audience Manager へのオフラインデータの取り込みに関するよくある質問です。
 
オンボーディングプロセスについて要約してください。
オンボーディングプロセスは、 バッチデータ転送プロセスの説明 で説明されている 2 つのコアコンポーネントで構成されています。以下に示します。
  • ID 同期
  • 受信データファイル(.sync ファイルまたは .overwrite ファイル)
ドキュメントの確認後に役立つ可能性のある質問および回答を以下に示します。
ここに記載する例は、簡潔さを重視して簡略化または短縮化されています。ファイル形式および構文に関する詳細な仕様については、受信データ取り込みに関するドキュメントを参照してください。
 
デプロイメントプロセスについて要約してください。
アドビでは、以下をお勧めします。
  • データプロバイダーと協力して、Adobeの仕様に応じて、毎日の受信データファイルの形式を設定します。
  • 形式の検証のために、テストデータファイルをAdobeに転送します。
  • Adobeのコンサルタントと協力して、データファイルのコンテンツを解釈するのに適した分類を作成します。
  • ステージング/開発環境では、データプロバイダーの訪問者 ID を適切に選択し、Audience Manager サーバーにリアルタイムに転送するように ID 同期が設定されていることを確認します。
  • DIL/ID 同期を実稼動環境にデプロイします。ID 同期は、アドビのコンサルタントによって既に DIL コード内のモジュールとして設定されています。
  • 実稼動データファイルを Audience Manager に転送します。コードを実稼動に移行してからすぐにデータファイルの転送を開始できますが、ID 同期マッピングに基づいていることを考慮すると、実稼動コードのデプロイメントから最大 1 週間後にデータの転送を開始するとよいでしょう。
 
圧縮または暗号化ファイルの転送には、どの FTP モードを使用するとよいですか?
詳しくは、 受信データ転送ファイルのファイル圧縮 を参照してください。
 
Audience Managerコードを実稼動環境にデプロイする前に、受信データファイル(.sync または .overwrite ファイル)をアップロードできますか?
はい。アップロードする CRM データを保存するためにクロスデバイスデータソースを使用している限り、Audience Manager では常にデータが保存されます。実際、2019 年 10 月に Audience Manager が開始した、オフラインのみの使用を許可するプロファイル結合ルールの機能強化に従って、Audience Manager コードを実稼働環境にデプロイしなくても、データをアップロードしてアクションを実行できます。以下を参照してください。
 
1 日のうちどの時刻にファイルを転送するとよいですか?
Audience Manager は、1 日を通じて複数回ファイルをチェックおよび処理します。準備ができたらいつでも、ファイルをアップロードしてください。
 
アップロードされたファイルのデータがターゲティングで使用できるようになるまで、どれくらいかかりますか?
データは、48 時間後にターゲティングに使用できます。また、「アップロードに成功しました」という内容の電子メールが届いても、データが使用できるようになったと解釈しないでください。これは、単に Audience Manager がファイルを選択して処理の最初のステップを完了したことを意味します。
 
どのくらいの頻度でファイルを送信するとよいですか? また、完全なファイルを送信するのと増分ファイルを送信するのとでは、どちらがよいですか?
ベストプラクティスとして、新しい訪問者およびデータが変更された訪問者について、1 日に 1 回、増分ファイルを送信します。多くの Audience Manager のお客様は、月に 1 回すべてのファイルを送信します。ただし、これらのファイルの間隔および増分には柔軟性があります。お客様にとって意味のあるタイミングで徐々にデータを送信する必要があります。
 
Audience Manager は、どれくらいの間ファイルをサーバーに保持しますか?
FTP ファイルは、処理された後で削除されます。S3 ファイルは、30 日後に削除されます。形式、構文または他のエラーによって処理できなかったファイルは、削除されます。 プライバシーとデータ保持についてよくある質問 も参照してください。
 
完全なファイルと増分ファイルの違いは何ですか?
  • 完全: ​完全なファイルは、既存のすべての訪問者プロファイルを上書きし、ファイルのデータで置き換えます。完全なファイルは、ファイル名に追加された .overwrite タグで特定されます。 .overwrite ファイルを使用して、訪問者の特性をリセットしたり、古くなって使用されない特性を削除したりできます。
    .overwrite ファイルは、このデータプロバイダーに関連付けられた Audience Manager プロファイルデータのみを上書きします。つまり、この訪問者に関連付けられたすべての Adobe Analytics データは、.overwrite ファイルが処理された後も、元の状態のままです。
  • 増分: ​増分ファイルは、新しいデータを既存の訪問者プロファイルに追加します。増分ファイルは、ファイル名に追加された .sync タグで特定されます。増分ファイルを送信しても、既存のプロファイルを消去または上書きしません。
以下のユースケースに、これらのファイルタイプがどのように格納した訪問者プロファイルに影響するかを示します。
ユースケース 説明
増分および完全
  • 1 日目の .sync ファイルコンテンツ visitor123 = a,b,c
  • 2 日目の .overwrite ファイルコンテンツ visitor123 = c,d,e
  • 3 日目の訪問者プロファイル ID 123 には c,d,e が含まれている
増分のみ
  • 1 日目の .sync ファイルコンテンツ visitor123 = a,b,c
  • 2 日目の .sync ファイルコンテンツ visitor123 = c,d,e
  • 3 日目の訪問者プロファイル ID 123 には a,b,c,d,e が含まれている
完全および増分ファイルタイプについて詳しくは、以下を参照してください。
 
オンページ ID 同期を実行したことのない訪問者の ID を含むファイルを送信するとどうなりますか?
処理の間、Audience Manager は、単にそのレコードをスキップして次に移行します。DPID(データプロバイダー ID)がデバイス間 DPID として設定されている場合、ID 同期前に取り込まれたデータが保存され、ID 同期の発生後すぐに使用できます。
 
タイムスタンプとは何ですか? 何のために使用するのでしょうか? また、例を提示してください。
タイムスタンプは、ログおよび記録の保持のために使用されます。適切な形式の受信ファイル名に使用される構文で必要になります。以下を参照してください。
 
データプロバイダー ID(DPID)とは何ですか? どうすれば入手できますか?
アドビのコンサルタントが 3 桁または 4 桁の DPID を特定のデータソースに割り当てます。この ID は一意で、変更できません。
 
毎日のデータファイルはどのくらいの大きさになりますか?
詳しくは、 受信データ転送ファイルのファイル圧縮 を参照してください。
 
Audience Manager はファイル圧縮をサポートしますか?
はい。以下を参照してください。
 
データソースデータベースのプライマリキーが電子メールアドレスです。これは、個人を特定できる情報と見なされますか?
はい。Audience Manager では、アドビのデータベースに電子メールアドレスを格納しません。訪問者は、ID 同期を開始する前に、ランダムな ID または 1 方向のハッシュ化されたバージョンの電子メールアドレスを割り当てられる必要があります。
 
データファイルコンテンツでは大文字と小文字が区別されますか?ID 同期の場合はどうですか?
データファイルには、一意のユーザー ID( 定義されているファイル変数 の「ユーザー ID」を参照)とプロファイルデータという 2 つの基本的な構成要素があります。通常は、キーと値のペアまたはコードの形式です。ユーザー ID では大文字と小文字が区別されます。通常、プロファイルまたはキーと値のペアのデータは、大文字と小文字が区別されません。
 
ファイルを転送するために FTP またはAmazon S3を使用する必要がありますか?
ベストプラクティスとしては、プロセスがよりシンプルなので、Amazon S3 をお勧めします。Audience Manager では FTP ファイルが S3 に自動転送されるので、ファイルを自分で Amazon S3 に配置するよりもプロセスの効率が向上します。さらに、FTP に同時にアップロードするお客様は、FTP の帯域幅を共有するので、アップロード速度が遅くなることが予想されます。Amazon S3また、 は、レプリケートされて配布されているので、通常、FTP サーバーよりも安全で信頼性が高くなります。詳しくは、 Amazon S3 について を参照してください。
 
Audience Manger で受信ファイルはどう処理されますか?
Audience Manager では、Amazon Simple Queue Service (SQS) を使用して受信データを処理しています。その動作の仕組みは次のとおりです。
  1. Audience Manager のお客様が受信データを Amazon S3 バケットにアップロードします。
  2. データが Amazon SQS キューに入り、Audience Manager で処理されるのを待ちます。
  3. Audience Manager は、Amazon SQS キューから最大 119000 個のエントリを読み取って、最大 3 つのバッチに分割します。各バッチのファイルは同時に処理されます。
 
複数のファイルを同時にアップロードする必要があります。ファイルは同時に処理されますか?
場合によります。Audience Manager は、Amazon SQS キューから最大 119000 個のエントリを読み取って、最大 3 つのバッチに分割します。同じバッチ内のファイルであれば、同時に処理されます。ただし、毎日大量のデータが Audience Manager に取り込まれるので、ファイルの処理順序は保証できません。