Show Menu
トピック×

プライバシーとデータ保持に関するよくある質問

プライバシーやデータに関してよくある質問や問題に対する回答。

プライバシーに関するよくある質問

詳しくは、 アドビプライバシーセンター を参照してください。
Audience Manager では Cookie をどのように使用し、どのような Cookie を設定しますか?
詳しくは、 Audience Manager の Cookie を参照してください。
米国の Audience Manager クライアントは EU 資産のユーザーをターゲットにすることができますか?
はい。Audience Manager は、国際的な資産を持つクライアントと協力しています。EU には厳しいプライバシー法がありますが、Audience Manager では、ヨーロッパでファーストパーティデータをオーディエンスターゲティングに使用するクライアントを備えています。Audience Manager では、EU オーディエンスへのターゲティングをサポートできますが、現地のプライバシー規制法の遵守は当事者の責任においておこなう必要があります。

データ保持の FAQ

様々なデータタイプとストレージシステムについての保持期間を次の表に示します。
データタイプ、ソース、ストレージ データ保持期間
バックエンドサーバー
120 日
Audience Manager では、Audience Manager プラットフォームでユーザーを最後に確認してから 120 日後にユーザーデータをバックエンドサーバーから削除します。 Audience Manager がこの 120 日間にユーザーアクティビティを記録した場合は、次の 120 日間もデータを保管します。
エッジサーバー
14 日
Audience Manager では、Audience Manager プラットフォームでユーザーを最後に確認してから 14 日後にユーザーデータをエッジエンドサーバーから削除します。 Audience Manager がこの 14 日間にユーザーアクティビティを記録した場合は、次の 14 日間もデータを保管します。14 日間経過後にユーザーが再びアクティブになった場合、最初の新規ページ表示時とユーザーが実行可能になるときの間には、遅延が発生します。アクティビティがない状態が 14 日間を超えて続いた場合は、完全なプロファイルをエッジセンターに戻すのに 6~18 時間かかります。
生のログ
180 日間(180 日間アクティビティがなかったら、その後削除)
生のログは、HTTP 呼び出しを通じて、または Audience Manager に送信されたオンボードファイルからエッジサーバーで受信されるデータです。
広告サーバーログ
レポート
ログファイルは、最大 30 日間、レポート目的で保持されます。不一致ログ(訪問者の広告サーバー ID と Audience Manager ID の間に ID 同期がないログ)は、アドビのバックエンドストレージには永続的に保存されません。また、 Amazon S3 に格納されている一致ログは最大 30 日間保持されます。
実用的なログファイル
一致ログも不一致ログも最大 30 日間、保持されます。
CRM レベルのプロファイル(認証済みプロファイル)
非アクティブな CRM レベルのプロファイル(顧客 ID)のデフォルトの有効期間(TTL)間隔は 24 か月です。ただし、Audience Managerユーザーインターフェイスを使用して、非アクティブなCRMレベルのプロファイルのTTL間隔を1か月から5年の間で減らしたり、拡張したりできます。 これは、クロスデバイス対応データソースを作成または編集するときに実行できます。
詳しくは、 クロスデバイス対応のデータソースの作成 のデータソース設定を参照してください。
モバイルデバイス ID
モバイルデバイス ID( IDFA、GAID )の保持条件は、最初の 2 行(バックエンドサーバーとエッジサーバー)で説明したサイクルに従います。
顧客データフィード(CDF)
CDF ファイルには、 Audience Manager イベント呼び出し(/event)でサーバーに送信されるデータと同じものが含まれています。保持期間は 8 日です。CDF について詳しくは、 CDF の概要 および CDF の FAQ を参照してください。
同期済み ID 間のマッピング
Audience Manager cookie ID( Audience Manager の一意のユーザー ID または AAM UUID )とサードパーティ cookie ID 間の ID マッピング の有効期間は 120 日に制限されます。ID マッピングの有効期限は、Audience Manager ネットワークで Audience Manager cookie が表示されるたびにリセットされます。最新の ID マッピング同期は、関連付けられている Audience Manager の一意のユーザー ID(AAM UUID) が有効である間、保持されます。
インバウンドデータ
これは、FTP で Audience Manager に送信される受信データ、または Amazon S3 ディレクトリに直接送信される受信データです。詳しくは、 受信顧客データ取り込みの FAQ を参照してください。
アウトバウンドデータ
これは、 Audience Manager からサードパーティアクティベーションパートナーに送信されるバッチデータです。保持期間は 8 日です。アウトバウンドデータについて詳しくは、 アウトバウンドバッチ転送 を参照してください。

特性認定データ保持

特性認定のデータ保持オプションを次の表にまとめます。
特性の操作 説明
特性を削除
特性を削除すると、過去にその特性に絞り込まれたすべてのユーザープロファイルから特性認定データが削除されます。
特性上限に到達
ユーザーごとの特性絞り込みの上限を 100,000 件に設定しています。この制限は、認証済みプロファイルとデバイスプロファイルに適用されます。ユーザープロファイルがこの上限に達したら、先入れ先出し方式で古い特性絞り込みから順に削除します。
詳しくは、 特性絞り込みの制限 を参照してください。