Show Menu
トピック×

テストグループの管理

この手順では、Audience Lab でテストグループを作成、編集または削除するための方法について説明します。

セグメントテストグループの作成

前提条件

  • コンバージョン特性 ​を少なくとも 1 つセットアップしておく必要があります。コンバージョン特性は、 特性ビルダー で、Event Type に conversion を選択することでセットアップできます。コンバージョン特性の詳細とセットアップ方法については、こちらの ビデオ をご覧ください。
    フォルダー特性 は、Audience Lab ではサポートされて​ いません 。フォルダー特性の Event Type conversion に設定すると、その特定のフォルダー特性については Audience Lab にデータが生成されません。
  • ロールベースのアクセス制御 を使用する企業の場合:アクセスを提供するには、Audience Lab ワイルドカード権権限 User Groups に割り当てます。この権限をユーザーに付与すると、テスト結果の作成や表示をおこなえます。ユーザーは、 読み取り ​権限および​ 宛先へのマッピング ​権限を持っているデータソースのセグメントのみ使用できます。また、ユーザーは、 読み取り ​権限を持っているデータソースのコンバージョン特性のみ使用できます。さらに、ユーザーは、アクセスできる宛先のみ表示できます。そのため、Audience Lab のワイルドカード権限をグループに追加する前に、グループが以下の権限を持っていることを確認します。
    • 関係のあるコンバージョン特性の読み取り
    • テストに関係のあるセグメントの読み取りとマッピング
    • 関係のある宛先へのアクセス
新しい Segment Test Group を作成するには:
  1. Create New Test Group ダッシュボードで、「Audience Lab」を選択してウィザードを起動します。
  2. Basic Info & Choose Segment
    • Test Group Name 」と「 Description 」に入力します。
    • ファイルブラウザーで探すか検索バーに入力して​ Base Segment ​を選択し、「 Choose Segment. 」をクリックして選択を確認します。
    • テストグループをドラフトとして保存し、後で作業を再開することができます。
    • 選択したベースセグメントが他のテストグループで既に使用されている場合は、警告が表示されます。ベースセグメントを 2 回使用すると、どちらのテストのコンバージョン結果も誤ったものになる可能性があります。
  3. Allocate Test Segments
    • 最大 15 個のテストセグメント ​を作成し、デバイスの割合を任意に配分することができます。
    • テストセグメントの名前をクリックすると、編集することができます。
    • 新規のテストセグメントが割り当てられると、全体が 100% になるように、自動的に割合が均等に配分されます。その後、割合を手動で編集できます。割合を編集した後でチェックボックスをクリックし、割合が合計 100% になることを確認します。そうでない場合は、次の手順に進めません。
  4. Set a Control Segment
    • セグメントの特定の一部を取っておいて対照グループとして使用する場合は、対照セグメントを選択します。対照グループを使用すると、作成したテストセグメントの影響をベンチマークと比較して確認することができます。
    • ドロップダウンリストで、テストセグメントを対照セグメントとして選択できます。または、対照セグメントを使用しない場合は、「 None 」を選択します。
    • 完了したら、「 Next 」をクリックします。
  5. Select Conversion Traits
    • コンバージョン特性ウィンドウで入力して、コンバージョン特性を追加します。これは​ 必須 ​手順であり、少なくとも 1 つのコンバージョン特性を追加しない限り、次の手順には進めません。
    • 最大 5 つのコンバージョン特性を任意に追加できます。
    • 他のテストグループに既に使用されているコンバージョン特性を選択した場合は、警告が表示されます。
    • Audience Manager では、コンバージョン特性としての フォルダー特性 の使用はサポートしていません。コンバージョン特性としてフォルダー特性を選択すると、テスト内に表示される集計およびトレンドレポートが 0 になります。
  6. Choose Destinations & Dates
    • 希望する宛先を検索フィールドに入力するか、ドロップダウン矢印を使用します。Audience Lab のテストセグメントは、URL、Cookie、サーバー間のいずれかの宛先に送信することができます。
    • セグメントを宛先にドラッグアンドドロップします。
    • セグメントを宛先にドロップしてから、「 Destination Mapping Value 」に入力します。
    • 同じテストセグメントを複数の宛先に送信でき、複数のテストセグメントを単一の宛先に追加できます。
    • 宛先は、 データ書き出しコントロール に基づいて特定のテストセグメントに使用できない場合、グレー表示されます。
    • ユーザーには、自分が属する RBAC ユーザーグループ でアクセス権が付与されている宛先のみが表示されます。
    • 最後に、テストグループの開始日を選択する必要があります。この日付は、テストグループが宛先に公開される期間の開始を示します。テストセグメントの無期限の比較をおこなう場合は、「 No End Date 」を選択します。
    認証済みプロファイルを持つ Profile Merge Rules は、リアルタイムの宛先でのみサポートされています。その設定のプロファイル結合ルールを持つテストセグメントがファイルベースのサーバー間宛先に送信された場合は、オーディエンスが設定されない可能性があります。
    Next 」をクリックして、テストグループを確認し最終決定します。
  7. Summary & Finalize
    • 前の手順で追加した情報を確認し、「 Finalize Group 」を選択します。
    • テストグループを最終決定したら、テストグループの複製や削除が可能になりますが、編集はできません。
    • 作成プロセスのどの時点でもテストグループを保存でき、後でウィザードに戻ることができます。テストグループのステータスが「 Draft 」になり、セグメントテストグループを最終決定するまで、テストグループはデータを宛先に送信しません。
    • ドラフトテストの場合は、 Edit のメイン表示でテストグループカードの「Audience Lab」をクリックすれば、テストグループに戻って編集することができます。

セグメントテストグループの編集

Audience Lab では、ドラフトテストグループのみ編集できます。Create Segment Test Group ウィザードで、テストグループをドラフトとして保存し、後で作業を再開することができます。
  1. Audience Lab のメインビューに移動します。
  2. ドラフトテストグループを検索し、テストグループカードの「 Edit 」コントロールを選択します。
  3. Create Segment Test Group ウィザードを再開し、作業が完了したら「 Finalize Group 」を選択します。

セグメントテストグループの削除

  1. Audience Lab のメインビューに移動します。
  2. 削除するテストグループを見つけます。次のいずれかをおこないます。
    • テストグループカードの「 Delete 」コントロールをクリックします。
    • テストグループカードのテストグループタイトルをクリックして Test Group Information ビューに移動し、タイトルバーにある「 Delete 」コントロールをクリックします。
  3. 完了したテストセグメント の場合は、必要であれば CSV ファイルをダウンロードしてレポートを保存するように促す警告が表示されます。