Show Menu
トピック×

Audience Lab

Segment Test Groups で重複のないテストセグメントを作成すると、様々な宛先の有効性を測定し比較することができます。有効性をテストするために、対照グループを残しておき、セグメントを全体のうちの一部に割り振ることができます。

概要

Audience Lab では、 プロファイルリンク を使用することで、複数のデバイスにまたがってテストを実行できます。これにより、ユーザーはすべてのデバイスにわたって同じテストセグメントに適合し、同じ処理がおこなわれるようになります。テストグループ内のテストセグメントは、ベースセグメントに割り当てられた プロファイル結合ルール を継承します。
Audience Lab のデフォルトビューには、各テストグループのカードが表示されます。カードをクリックして、 Test Group ビューにアクセスします。このビューには、以下の情報が含まれています。
それぞれ​ 最大 15 個のテストセグメント ​を持つ、 最大 10 個のテストグループ ​を作成できます。

テストグループの検索とフィルタリング

複数のテストセグメントを使用して複数のテストグループの作成をいったん開始したら、検索ボックスを使用して特定のテストグループを検索したほうが容易な場合があります。次のいずれかでテストグループを検索できます。
  • テストグループの名前
  • テストグループに含まれているいずれかのテストセグメントの名前
  • テストグループの説明
また、ステータスに基づいてテストグループをフィルタリングすることもできます。利用可能なすべてのステータスについては、下記の ステータス 節を参照してください。

Status

テストグループのステータスには、Active、Scheduled、Paused、Draft、Completed があります。次の表は、各ステータスの詳細を示したものです。
ステータス 説明
Active
アクティブ のテストグループは、現在送信先にデータを送信しています。 テストグループ カードの Pause Test を押すと、送信先へのデータ送信が停止します。
Scheduled
scheduled のテストグループは、まだアクティブではないものの、もう編集はできない状態です。 Create Test Groups ウィザードで選択した開始日にアクティブになります。
Paused
paused のテストグループは、現在宛先にデータを送信していません。 テストグループ カードの Make Active を押すと、特性の送信が再開されます。
Draft
draft のテストグループは、まだアクティブではなく、編集できる状態です。マッピングされた宛先へのデータ送信はまだおこないません。
Completed
完了 のテストグループは、 Create Test Groups ウィザードで選択した終了日に達し、レポートデータの送信を終了しました。

Actions

アクション 説明
Edit
ドラフトのテストグループに対して のみ 使用できます。 Create New Test Group ウィザードを再開できます。
Pause
active テストグループに対して使用できます。テストセグメントの宛先への送信を一時停止できます。
Make Active
paused テストグループに対して使用できます。テストセグメントの宛先への送信を再開できます。
View
完了のテストグループに対して使用できます。テストで生成されたレポート情報を表示できます。
Duplicate
複製するテストグループと同じ設定で新しいテストグループを作成できます。
Delete
テストグループを削除できます。テストセグメントは宛先とのマッピングが解除され、テストグループに関連付けられていたベースラインセグメントおよびコンバージョン特性は完全に編集可能になります。テストグループを削除する際、必要に応じてレポートを保存するために、CSV ファイルのダウンロードを促すアラートがプロンプト表示されます。