Show Menu
トピック×

データフィードプロバイダーに対する請求

Audience Marketplace 請求レポートを生成すると、サブスクリプション購入者ごとに前月のデータフィードの使用状況を確認できます。前月のレポートはいつでも作成できます。ただし、当月の 10 日以降にレポートを生成したほうがレポートが正確になります。

請求レポートのダウンロード

レポートをダウンロードするには、次の手順を実行します。
  1. Audience Marketplace > Receivables へ移動します。
  2. Generate Billing Report 」をクリックします。

定義されているレポートのフィールド

請求レポートには以下の情報が記載されます。
レポートのフィールド 説明
Data Provider PID
Audience Manager のデータプロバイダー ID。
Data Provider Name
会社名または組織名。
Buyer PID
バイヤー(購読者)ID。
Buyer Name
バイヤーの会社名または組織名。
Feed ID
データフィードの ID。
Feed Name
データフィードの名前。
Plan Use Cases
販売者は、購入者がどのようにデータを使用できるかをユースケースにより制御できます。オプションは以下のとおりです。
  • セグメントと重複
  • モデリング
  • アクティベーション
データフィードのプランタイプ を参照してください。
Unit of Measure
CPM 請求か定額請求かを表します。
List Price
各データフィードの購読料金。
Discounted Price
割引データフィードの購読料金。詳しくは、 データプロバイダーにとっての割引 を参照してください。
購入点数
フィードの価格タイプによって異なります。
  • 定額データフィード:1 のみが返されます。
  • CPM データフィード:CPM データフィードの実際の使用量が返されます。購読者が CPM フィードのインプレッションデータを提供していない場合、「Units」セルは空で、「Flag」セルは 1 に設定されます。
Total Cost
Audience Manager がバイヤーに請求する金額。
Billing Period
このレポートでは、前月の末日です。
Entry Date
バイヤーが購読/使用状況情報を入力した日付。
Subscription Start Date
バイヤーがデータフィードの購読を開始した日付。
Subscription End Date
バイヤーがデータフィードの購読を終了した日付。
Flag
CPM フィードの場合のみ 。「Flag」のオプションは次のとおりです。
  • 0:購読者が Audience Manager に使用状況情報を報告したことを表します。
  • 1:購読者が Audience Manager に使用状況情報を報告していないことを表します。