Show Menu
トピック×

Audience Marketplace

Audience Marketplace では、データプロバイダーとデータ購入者がほとんど手間をかけずにセルフサービス方式でデータを取引できます。役割がデータ購入者かデータ販売者かで異なる専用機能を提供することにより、これを実現しています。実際には、同時に購入者と販売者になることさえできます。さらに、取引が成立した場合、Audience Marketplace では、データプロバイダーとデータ購入者の間の契約、請求、支払いを処理します。
開始するには、Audience Manager の営業担当者にお問い合わせください。担当者は Audience Marketplace for you をアクティブ化することができます。
ユーザーの役割によって、Audience Marketplace でできることとできないことが決まります。
  • 管理者は、データフィードの作成、サブスクライバーの管理、およびデータフィードへのサブスクライブをおこなえます。
  • ユーザーはフィードの検索および表示のみできます。