Show Menu
トピック×

検索条件の保存

検索条件を最大で 10 セット保存し必要に応じて使用することで、シグナル検索の労力を抑えるとともに、Signals Dashboardで保存した条件の結果を追跡できます。Audience Manager では、Signals Dashboardの読み込みのたびに保存済みの検索結果がリロードされます。
  1. Audience Data > Signals > Search を開き、今後の検索用に保存するキーと値のペアやフィルターを指定して、 Signals Search ​を実行します。
  2. 検索結果が表示されたら、「 Save this Search 」をクリックします。
  3. 後で識別できるように、検索条件にわかりやすい名前を付けます。
  4. (オプション)現在の検索結果のシグナルをシグナルダッシュボードに表示する場合は、 Track this search result in the dashboard オプションを有効化します。
  5. Default Sorting で、デフォルトの並べ替え条件として次のいずれかを指定します。
    • Total Counts
    • Key Name
  6. Default Sorting で、デフォルトの並べ替えモードとして次のいずれかを指定します。
    • Descending
    • Ascending
  7. Save 」をクリックします。保存した検索条件が「Saved Search」セクションに表示され、必要なときに使用できるようになります。
シグナル検索の保存方法については、以下のビデオをご覧ください。