Show Menu
トピック×

キー値ペアによるシグナルの検索

キー値ペアに基づいて 1 つまたは複数のシグナルを検索します。複数のシグナルを検索する場合は、 ボタンをクリックします。検索するキー値ペアを入力してから、以下のフィルターで検索結果を絞り込みます。
  • Signal Status :特性に含まれているシグナル、未使用シグナルまたはその両方を検索します。
  • View Records For :受信シグナルの検索期間を選択します。
  • Minimum Counts :選択した期間における合計カウント数が指定値以上であるシグナルのみを表示します。
処理時間を短縮するため、キー値ペアによる検索では、データサンプリングに基づいて結果が取得されます。Audience Manager でのデータサンプリングの利用方法、キー値検索と一般的な検索を比較した場合に検索結果の差異が生じる可能性がある理由については、 データサンプリングおよびエラー率 を参照してください。
複数のキー値ペアを使用してシグナルを検索する場合、Audience Manager は論理 AND 演算子で各ペアを結合します。例として、以下のキー値ペアを指定して検索をおこなうとします。
  • c_creative == "12345"
  • c_product == "smartphone"
  • c_location == "europe"
検索結果では、同じ呼び出しに対して 3 つのフィルターすべて( c_creative == "12345" AND c_product == "smartphone" AND c_location == "europe" )を満たすシグナルのみが返されます。

大文字と小文字の無区別および検索条件の自動入力候補

キーおよび値の検索フィールドでは、大文字と小文字は区別されません。また、キーの検索フィールドでは自動入力候補が表示されます。
例えば、Audience Manager で以下のシグナルを受信したとします。
  • productCategory == smartphone
  • newProduct == iPhone
  • PRODUCT == phone
  • product == PHONE
キー検索フィールドに product と入力すると、自動入力候補として productCategory newProduct PRODUCT および product が表示されます。
同様に、 product == phone を検索すると、Data Explorer では PRODUCT == phone product == PHONE の両方の結果が返されます。 バックフィルをおこなった特性適合でも、大文字と小文字は区別されません。キー値ペアが PRODUCT == SMARTPHONE のシグナルを含む特性は、キー値ペアが product == smartphone のシグナルとしても認定されます。