Show Menu
トピック×

データソースの管理

データソースの作成

新しいデータソースを作成するには、 Audience Data > Data Sources > Add New ​へ移動し、ここで説明している各セクションの手順を完了します。データソースを作成するには、管理者権限が必要です。
各種コントロールの説明については、 データソースの設定とメニューオプション を参照してください。

Data Source Details

「Data Source Details」セクションを完了するには:
  1. データソースの名前を入力します。
  2. (オプション) ​データソースの説明を入力します。データソースの役割や目的を定義するのに、簡潔な説明が役に立ちます。
  3. 統合コードを指定します。一般に、統合コードはオプションです。統合コードが必要になるのは、次のいずれかの場合です。
  4. ID Type ​を選択します。「ID Type」のオプションは以下のとおりです。
    • Cookie
    • Device Advertising ID
    • Cross-device (Profile Merge Rule を作成する場合は必要)。なお、一部のお客様では、これを選択すると​ ID Definition ​オプションが表示されます。
  5. ID Definition ​オプションを選択します。オプションは以下のとおりです。
    • Person
    • Household

データ書き出しコントロール

データ書き出しコントロール は、データソースおよび宛先に適用できるオプションの分類ルールです。宛先へのデータ送信がデータのプライバシーや使用契約に違反する場合、データ送信を防止します。データ書き出しコントロールを使用しない場合は、「Data Export Controls」セクションを省略してください。

Data Source Settings

これらの設定で、データソースの識別、使用、共有の方法が決まります。また、受信データファイルのエラーレポートを有効にすることもできます。「Data Source Settings」セクションを完了するには:
  1. 「Data Source Setting」チェックボックスを選択して、データソースにオプションを適用します。
  2. Save ​をクリックします。

データソースの削除

不要になったデータソースを削除します。
次の制限事項に注意してください。
  1. Audience Data Data Sources をクリックします。
  2. 1 つ以上のデータソースの横のチェックボックスをオンにします。リストが長い場合、「Search」のボックスを使用して、目的のデータソースを特定することができます。
  3. 」をクリックして、削除を確定します。