Show Menu
トピック×

派生シグナル

derived signalは、認識済みの特性に基づいてサイト訪問者を追加の特性の対象として認定されます。つまり、追加の特性認定は、現在認定されている特性から派生させることができます。これは、ユーザーにとってその別の特性がまったくの新規特性である場合でも同様です。

派生シグナルの目的

Audience Manager では、指定された他のシグナルまたは特性に対するイベント呼び出し中に渡されたシグナル(または特性ルール)間の関係を作成できます。例えば、キーと値のペア "product = new_car"( https://<domain alias>/event?product=new_car )で構成されるシグナルでイベント呼び出しが渡されるとします。Audience Manager は、そのシグナルを、derived signalsツールで作成された他のものに接続します。関連付けられるシグナルには、どのようなキー値ペアを指定してもかまいませんが、Trait Builderルールとして既にセットアップされている既存のシグナルにリンクすれば、最も役に立ちます。例えば、以下の図では、ユーザー操作でシグナル "product = new car" が発生すると、そのユーザーは、ターゲットのキー値シグナルで定義された特性の対象にも認定されます。

派生シグナルの場所

サイドバーナビゲーションの Tools > Derived Signals でderived signalsを作成および管理します。

派生シグナルの作成

derived signalを作成するには:
  1. Toolsメニューから Derived Signals を選択します。
  2. 以下の項目を指定します。
    • (オプション) Integration Code
    • Source Key
    • Source Value
    • Target Key
    • Target Value
  3. Add Signal 」をクリックします。
Source Key、Source Value、Target Key、および Target Value フィールドの文字数は、最大 228 文字に制限されています。

派生シグナルの編集

derived signal を編集するには:
  1. シグナルにカーソルを移動し、「 Edit 」をクリックします。
  2. 必要なコード、キーまたは値を変更してから、「 Save 」をクリックします。

派生シグナルの削除

derived signalを削除するには、シグナルにカーソルを移動し、「 Delete 」をクリックします。