Show Menu
トピック×

宛先へのデータ書き出しラベルの追加

Data Export Labelsはデータソースで設定された Export Controls と連携します。Data Export Labels によって、セグメントへの制限された特性の追加や、宛先へのセグメントデータの送信が防止されます。cookie や URL の新規または既存の宛先に複数の書き出しラベルを設定できます。
書き出しラベルを追加するには、管理者権限​ または ​宛先の作成や編集をおこなうための十分な権限が必要です。
書き出しラベルを宛先に追加するには:
  1. クリック Audience Data :
    • 新しい宛先の場合: Create New Destination ​をクリックします。データ書き出しラベルを選択する前に、「Basic Information」セクションに入力します。 Cookie の宛先の作成 または URL 宛先の作成 を参照してください。
    • 既存の宛先の場合:「Search」ボックスで宛先を検索するか、リストをスクロールし、宛先名をクリックして開きます。
  2. 「Data Export Label」を選択します。書き出し制限を設定しない場合は、チェックボックスをオフにします。書き出しラベルには次のようなオプションがあります。
    • This destination may enable a combination with personally identifiable information (PII)
    • This destination may be used for on-site ad targeting
    • This destination may be used for off-site ad targeting
    • This destination may be used for on-site ad personalization
    書き出し制限は、データソースに 書き出しコントロールの照合 が設定されていないと機能しません。
  3. Save 」をクリックします。