Show Menu
トピック×

宛先マクロの定義

宛先 URL に追加できるマクロについて説明します。
URL の宛先を作成する際には、URL 文字列に次のマクロを挿入することができます。宛先 URL 内での適切なマクロ配置については、データ/宛先パートナーにお問い合わせください。
他に指示がない限り、マクロはオプションです。 斜体 ​の部分には実際の情報が入ります。
マクロ 説明
%alias%
必須。
宛先 URL でのマッピングされたセグメント値の位置を定義します。通常、これは セグメント ID ですが、統合コードでもかまいません。
%did%
ユーザーの Audience Manager ID を宛先 URL に挿入します。
%dpid_ data source id %
データソース ID は、マクロに渡されるデータソースの識別子に対応します。
このマクロの動作を簡単な例で見てみましょう。ここでは、次の ID と条件を持つ Audience Manager パートナーがいるとします。
  • データソース ID: 1
  • 内部の顧客 ID: CustomerABC
  • 宣言済み ID:パートナーはこれらの値を宣言済み ID 1:CustomerABC として渡します。
これを %dpid_ data source id % でおこなうには、 Audience Manager パートナーは、次のような形式でマクロを設定します。
  • %dpid_1%
このマクロは 1 CustomerABC に置き換えます。
%http_proto%
親 Web ページで使用されているプロトコルを検出し、それを宛先 URL に挿入します。次に例を示します。
  • Web ページが https ://aam_client.com の場合、このマクロは https ://url-destination.com に置換されます。
  • Web ページが http ://aam_client.com の場合、このマクロは http ://url-destination.com に置換されます。
%mcid%
Experience Cloud ID を宛先 URL に挿入します。
%region%
データ収集サーバー(DCS) 地域を宛先 URL に挿入します。遅延を最小限に抑えるために、訪問者が Audience Manager への HTTP 呼び出しをおこなうと、その呼び出しは最も近い DCS データセンターにリダイレクトされます。これは DNS を通じて実現されます。DNS は訪問者の場所を検出し、呼び出しを適切なデータセンターにリダイレクトすることができます。
%rnd%
宛先 URL に乱数を挿入することで、キャッシュバスティング機能を実行します。これにより、ブラウザーはキャッシュしたコンテンツを提供しなくなります。
%timestamp%
宛先 URL に UNIX タイムスタンプを挿入して、ブラウザーがキャッシュしたコンテンツを提供できないようにします。

宛先マクロを使用したキャッシュバスティング

%rnd% および %timestamp% マクロは、URL 文字列に一意の値を挿入して、ブラウザーのキャッシュ操作を防ぎます。

%rnd% および %timestamp% を使用したキャッシュバスティング

ブラウザーキャッシュは、頻繁に要求されるコンテンツをメモリにキャッシュ(保存)します。ページが読み込まれる際に、リモートサーバーではなくキャッシュから、保存したコンテンツが提供されます。この処理は、データが別の場所からではなくローカルで提供されるので、効率的なダウンロード時間を維持するのに役立ちます。ただし、キャッシュ操作はサーバー呼び出しを必要としないので、個別リクエストの数が人為的に少なくなり、レポートが歪曲されるおそれがあります。
キャッシュバスティングは、ブラウザーがコンテンツを保存および再利用するのを防ぎます。この手法では、乱数またはタイムスタンプを URL 文字列に挿入するコードを使用して、URL をブラウザーに一意のものに見せます。結果として、それぞれの HTTP 呼び出しがサーバーに対する別個のリクエストとしてカウントされます。リクエストごとに新しいサーバー呼び出しを強制することにより、レポートの精度を維持し、食い違いを減らします。Audience Manager には、キャッシュバスティング用の 2 つのマクロが用意されています。
  • %rnd% :URL に乱数を挿入します。
  • %timestamp% :URL に UNIX 日付/時間を挿入します。

%rnd% %timestamp% の比較

どちらのマクロもキャッシュを防ぎますが、 %rnd% のほうがより効率的な可能性があります。例えば、 %timestamp% を使用すると、複数のユーザーがページを同時に表示する場合、同じ日付/時刻値を取得します。結果として、URL は一意でなくなり、複数の呼び出しが 1 回のみカウントされます。しかし、 %rnd% は、(ユーザーが同じページを同時に表示したとしても)呼び出しごとに一意の数値を生成します。これは、URL 文字列に異なる値が含まれ、個別のものとしてカウントされることを意味します。