Show Menu
トピック×

前提条件と考慮事項

この記事には、この機能の設定と使用方法を説明する製品ドキュメントが含まれています。法的なアドバイスは何も含まれません。法律に関するガイダンスについては、御社の顧問弁護士にアドバイスを求めてください。
People-Based Destinations に新規登録する前に満たす必要のある顧客要件の概要については、以下をお読みください。
実装段階に進む前に、この記事をよくお読みください。

People-Based Destinations への新規登録

People-Based Destinations は、ソーシャルネットワーク上または電子メールマーケティングで、カスタマイズされたオファーを用いてオーディエンスのターゲティングをおこない、ユーザーベースの環境でファーストパーティのオーディエンスセグメントをアクティブ化することで、Audience Manager のエクスペリエンスを強化するプレミアム機能です。
このプレミアム機能を活用するには、アドビの担当者にお問い合わせください。

パートナー固有の前提条件

Facebook

People-Based Destinations を使用してファーストパーティオーディエンスセグメントを Facebook に送信する前に、次の要件を満たしていることを確認してください。
  1. お使いの Facebook ユーザーアカウントで、使用するプランの広告アカウントに対する​ キャンペーンの管理 ​権限が有効になっている必要があります。
  2. Adobe Experience Cloud ビジネスアカウントを Facebook Ad Account の広告パートナーとして追加します。 business ID=206617933627973 を使用します。詳しくは、 ビジネスマネージャにパートナーを追加する を参照してください。
    Adobe Experience Cloud の権限を設定する場合は、 キャンペーンの管理 ​権限を有効にする必要があります。これは、People-Based Destinations 統合に必要です。
  3. Facebook Custom Audiences 利用規約を読み、署名します。これをおこなうには、 https://business.facebook.com/ads/manage/customaudiences/tos/?act=[accountID] に進みます( accountID は Facebook Ad Account ID です)。

LinkedIn

People-Based Destinations と LinkedIn の統合は現在ベータテスト段階にあり、限られた数のお客様のみ利用できます。
ベータテストが終了すると、この統合は、People-Based Destinations に新規登録した Audience Manager のすべてのお客様が利用できます。
People-Based Destinations を使用してファーストパーティオーディエンスセグメントを LinkedIn に送信する前に、お客様の LinkedIn Campaign Manager アカウントが Creative Manager 以上の権限レベルであることを確認してください。
LinkedIn Campaign Manager ユーザー権限の編集方法については、「 広告アカウントのユーザー権限の追加、編集、削除 」を参照してください。

データオンボーディング

People-Based Destinations のデータ取り込みでは現在、バッチ転送 1 回あたり、1 つの顧客 ID(CRM ID)とリンクされている最大 10 個のハッシュ化された電子メールアドレスをサポートしています。1 つの顧客 ID にリンクされている 10 を超えるハッシュ化された電子メールアドレスをアップロードすると、Audience Manager が、それらのうち 10 個の電子メールアドレスを取り込みます(特定の順序はありません)。
1 つの顧客 ID にリンクされている 10 を超えるハッシュ化された電子メールアドレスを、複数の一括転送でアップロードすると、Audience Manager は最近追加された 10 個の電子メールアドレスを保持します。

データプライバシー

People-Based Destinations では、お客様自身がアップロードした、ハッシュ化された電子メールアドレスに基づいてオーディエンスをターゲット設定することができますが、識別可能な訪問者情報を直接 Audience Manager にアップロードすることは引き続き禁止されています。オンボーディング段階で、使用する予定の電子メールアドレスが SHA256 アルゴリズムでハッシュ化されていることを確認する必要があります。そうでない場合、People-Based Destinations で使用することはできません 。

データのハッシュと暗号化

暗号化は双方向関数です。暗号化された情報は、復号化キーを使用して復号化することもできます。暗号化された形式の個人を識別できる情報は、復号化される可能性があります。そのため、Audience Manager のコンテキストでデータを暗号化すると、深刻なリスクが生じます。暗号化とは異なり、People-Based Destinations はハッシュ化されたデータを使用するように設計されています。
ハッシュは、入力をスクランブル処理して一意の結果を生成する一方向関数です。SHA256 などの適切なハッシュアルゴリズムを使用した場合、ハッシュ関数を反転させてスクランブルされていない情報を表示する方法はありません。Audience Manager にオンボーディングする電子メールアドレスは、SHA256 アルゴリズムでハッシュ化する必要があります。これにより、ハッシュ化されていない電子メールアドレスが Audience Manager に届かないようにすることができます。

ハッシュ要件

電子メールアドレスをハッシュ化する場合は、以下の要件に従ってください。
  • 電子メール文字列から先頭および末尾の空白文字をすべてトリミングします。例: johndoe@example.com <space> johndoe@example.com <space> ではない)
  • 電子メール文字列をハッシュする場合は、必ず小文字の文字列をハッシュ化するようにしてください。
  • ハッシュ化された文字列がすべて小文字であることを確認します。
    • 例: 55e79200c1635b37ad31a378c39feb12f120f116625093a19bc32fff15041149 55E79200C1635B37AD31A378C39FEB12F120F116625093A19bC32FFF15041149 ではない)
  • 文字列にソルトを使用しないでください。
People-Based Destinations のハッシュ要件については、以下のビデオをご覧ください。

Adobe Experience Cloud では、Adobe Experience Platform ID サービスで顧客 ID をハッシュ化できます。ECID を使用して顧客 ID をハッシュ化する方法について詳しくは、 SHA256 setCustomerID のハッシュ化のサポート を参照してください。

ユーザー権限の取得

People-Based Destinations は、ユーザーベースのチャネルでファーストパーティのオーディエンスデータをアクティブ化するよう支援しますが、広告目的やその他の目的でデータをどのように使用するかを顧客に通知し、顧客から必要なコンテンツを取得する作業は、お客様がおこなう必要があります。
People-Based Destinations に新規登録する前に必ず、顧客の同意を得てから広告目的で顧客の情報を使用するようにしてください。
広告キャンペーンのオプトアウトをおこなう場合は、Audience Manager を停止してそれ以降のデータを収集する停止方法について詳しくは、 オプトアウト管理 を参照してください。

ファーストパーティデータのアクティブ化を強制する

People-Based Destinations を使用する際は、ファーストパーティデータを使用して、ユーザーベースのチャネルでオーディエンスセグメントをアクティブ化できます。ユーザーベースのチャネルでオーディエンスのアクティブ化にセカンドパーティデータやサードパーティデータを使用することはできません。
People-Based Destinations を使用している場合は、「 データエクスポートコントロール 」を使用し、宛先プラットフォームおよびデータプロバイダーのガイドラインと要件に従って、データソースと宛先にラベルを付けます。

宣言された ID のターゲティングを介して認証済みの ID のオンボーディングをおこなう

オフラインデータを People-Based Destinations 用に Audience Manager に取り込む方法は次の 2 つです。
  • Audience Manager に バッチデータを送信 して、ハッシュ化された電子メールアドレスを取り込みます。この方法では、People-Based Destinations の CRM データベースからすべてのハッシュ化された電子メールアドレスを使用できます。さらに、この方法を使用する場合、 オンボード特性 のハッシュ化された電子メールアドレスも絞り込みます。
  • 宣言された ID を使用 して、認証済みの顧客 ID を渡す際にハッシュ化された電子メールアドレスを宣言します。この方法を使用すると、Audience Manager はお客様に代わって、オンラインで認証されたユーザーの、ハッシュされた電子メールアドレスのみを People-Based Destinations に送信できます。ユーザーベースのチャネルでアクティブ化される電子メールアドレスは、宣言されている ID イベント呼び出しの電子メールアドレスのみです。顧客 ID に関連付けられているその他の電子メールアドレスは、リアルタイムでは送信されません。