Show Menu
トピック×

定義済みのプロファイルの結合ルールオプション

結合ルールオプションを使用すると、Audience Manager がセグメント化に使用するデータのタイプを制御できます。結合ルールには、Profile Link デバイスグラフ、Adobe Experience Cloud Device Co-op、および Audience Manager と統合しているその他のサードパーティデバイスグラフプロバイダーによってマッピングされたデバイスプロファイルを含めることができます。最大4 つのProfile Merge Rulesを作成できます。4 つ目の Profile Merge Rule は、People-Based Destinations アドオンを購入した顧客のみが利用できます。
Profile Merge Rule Setup で、以下のオプションから選択し、Profile Merge Rule を構築します。

プロファイルの結合ルールオプションの概要

プロファイル結合ルールでは、特定の使用例に合わせて様々なルールの組み合わせを使用できます。それぞれのルールの組み合わせを使用するタイミングについて詳しくは、次の表を参照してください。
クロスデバイス対応オプション
デバイスオプション
使用可否
評価タイプ
オーディエンスラボのサポート
ユースケース
クロスデバイス対応プロファイルなし
デバイスプロファイル
すべての顧客
リアルタイムとバッチ
クロスデバイス対応プロファイルなし
外部デバイスグラフ(Co-op デバイスグラフを含む)
すべての顧客
リアルタイムとバッチ
×
現在の認証済みプロファイル
デバイスプロファイルなし
すべての顧客
リアルタイムのみ
×
最後に認証されたプロファイル
デバイスプロファイル
すべての顧客
リアルタイムとバッチ
最後に認証されたプロファイル
プロファイルリンクデバイスグラフ
すべての顧客
リアルタイムとバッチ
最後に認証されたプロファイル
外部デバイスグラフ(Co-op デバイスグラフを含む)
すべての顧客
リアルタイムとバッチ
×
すべてのクロスデバイス対応プロファイル
なし
People-Based Destinations のユーザー専用
バッチのみ
×

プロファイル結合ルールセグメントの評価

Profile Merge Rules 設定に応じて、Audience Manager はリアルタイム、バッチまたはその両方でセグメント評価を実行できます。
  • リアルタイムセグメント評価では、セグメントに認定するため、DCS は訪問者がデジタルプロパティにリアルタイムでアクセスしたことを確認する必要があります。
  • バッチセグメント評価は、以前に認定された特性に対して実行されます。
  • Profile Merge Rules は、リアルタイムセグメント評価とバッチセグメント評価の両方をサポートし、リアルタイム訪問者アクティビティと以前に認定された特性を組み合わせます。

プロファイル結合ルールレポートの遅延

リアルタイムのセグメント評価は、Profile Merge Rules レポートに即座に反映されます。
バッチセグメントの評価は、 プロファイル結合ルールレポート に反映されるまでに最大 24 時間かかる場合があります。

クロスデバイス対応オプション

Cross-Device Options を使用すると、未認証ユーザーと認証済みユーザーを選択し、クロスデバイスプロファイルをセグメント化に利用することができます。これらのオプションにより、共有デバイスで特定のユーザーを識別してそのユーザーにリーチすることができます。匿名ユーザーと認証済みユーザーについて詳しくは、 Audience Manager での訪問者認証の状態 を参照してください。
クロスデバイス対応オプション 説明
クロスデバイス対応プロファイルなし
Audience Manager が認証済みユーザーから収集したデータを使用ないよう設定します。
現在の認証済みプロファイル
訪問者がサイトにログインした場合に Audience Manager が認証済みプロファイルでデータの読み取りと書き込みをおこなうよう設定します。
最後に認証されたプロファイル
デバイスに最後にログインしたユーザーの認証済みプロファイルから Audience Manager がデータを読み取るよう設定します。
このオプションを選択すると、 Audience Manager はユーザーが匿名ユーザーの場合に新しい特性データを認証済みプロファイルに書き込みません。認証時に、新しい特性データがユーザーの認証済みプロファイルに書き込まれます。
すべてのクロスデバイス対応プロファイル
認証状態に関係なく、すべてのクロスデバイス対応プロファイルからデータを読み取るよう Audience Manager に伝えます。このオプションは、People-Based Destinations アドオンを購入した Audience Manager ユーザーのみが使用できます。

クロスデバイス対応プロファイルオプション

Cross-Device Profile Optionsには、クロスデバイス対応データソースが一覧表示されます。これらのオプションは、クロスデバイス対応データソースの作成時に提供した名前を使用します( クロスデバイス対応データソース を参照)。各プロファイルルールで使用するクロスデバイス対応データソースは最大 3 つ選択できます。Authenticated Profile Optionsは、 Current Authenticated Profiles ​または​ Last Authenticated Profiles ​を選択したときに使用できます。

デバイスオプション

Device Optionsでは、Profile Merge Ruleで使用する device profile のタイプを選択できます。デバイスプロファイルは、匿名の閲覧アクティビティから収集された特性を使用して作成されます。プロファイル結合ルールには少なくとも、1 つの認証済みオプションと 1 つのデバイスオプションが含まれます。
デバイスオプション 説明
デバイスプロファイルなし
Audience Manager が匿名プロファイルに含まれる特性をセグメント化に使用しないよう設定します。
デバイスプロファイル
Audience Manager が匿名デバイスプロファイルをセグメント化に使用するよう設定します。
プロファイルリンクデバイスグラフ
Audience Manager が、現在のデバイスに加え、ユーザーが最後に認証を受けた他の 100 台までのデバイスからプロファイルを読み取るよう指示します。このデバイスグラフは、 Audience Manager で独自のファーストパーティデータに対して構築されます。デジタルプロパティにまたがって高度な認証を使用している顧客に最適です。 プロファイルリンク デバイスグラフはリアルタイムで更新されます。このオプションは、 現在の認証済みプロファイル または 最後に認証されたプロファイル を選択した場合に使用できます。このオプションを使用する場合は、認証済みのプロファイルを 1 つだけ選択できます(その他は Audience Manager により自動的にグレー表示されます)。 プロファイルリンクデバイスグラフのユースケース も参照してください。
Co-op Device Graph
Audience Manager に対し、 Experience Cloud Device Co-op が提供するリンクを使用して、現在のデバイスおよび他の 100 台までのデバイスからプロファイルを読み取るように指示します。
Device Co-op は、参加するお客様がデバイスリンク情報を共有するデジタル協業です。 Device Co-op はこのデータを デバイスグラフ で処理します。デバイスグラフは、デバイスをリンクし、デバイスクラスターを形成します。このリンクは 確率論的データと決定論的データ から構築されます。クラスターは、1 人の匿名の人物によって使用されるデバイスのグループを表します。 Device Co-op は、メンバー間でこれらのクラスターを共有します。これにより、メンバーは、価値のある一貫したクロスデバイスエクスペリエンスをその顧客に提供できます。
Device Co-op について詳しくは、以下を参照してください。
サードパーティデバイスグラフオプション (個人と世帯)
これらのオプションを使用すると、サードパーティベンダーによるデバイスグラフテクノロジーに基づいて結合ルールを構築できます。サードパーティデバイスグラフから、以下の情報が得られます。
  • 確率論的データと決定論的データ。
  • 個人レベルまたは世帯レベルでのデータ。
これらのオプションを使用するには、 Audience Manager と統合しているデバイスグラフプロバイダーの顧客でなければなりません。詳細情報や基本情報については、アカウントマネージャーにお問い合わせください。

外部結合ポリシー

他のExperience cloudソリューションから自動的に作成されたオーディエンスセグメントは、Audience Managerの外部で定義された結合ルールに基づいて、 External Merge PolicyFor example, see Audience Sharing Between Audience Manager and Adobe Experience Platform .