Show Menu
トピック×

プロファイル結合ルールの導入

Profile Merge Rulesプロを作成するには、この節で説明している手順を確認して完了してください。

クロスデバイス対応データソースの作成

クロスデバイス対応データソースを作成するには、 Audience Data > Data Sources > Add New へ移動して、個々に記載されているそれぞれの節の手順を完了させます。クロスデバイス対応データソースの作成や編集には、管理者権限が必要です。
各種コントロールの説明については、 データソースの設定とメニューオプション を参照してください。

Data Source Details

「Data Source Details」セクションを完了するには:
  1. データソースの名前を入力します。
  2. (オプション) ​データソースの説明を入力します。データソースの役割や目的を定義するのに、簡潔な説明が役に立ちます。
  3. 統合コードを指定します。統合コードは、このデータソース専用の一意の ID です。
  4. ID Type ​リストで、 Cross Device ​を選択します。
  5. ID Definition ​リストで、データソースタイプを定義するオプションを選択します。オプションは以下のとおりです。
    • Person :個人を定義する ID。この ID は複数の Audience Manager ID にマッピングできます。
    • Household :ユーザーのグループを定義する ID。この ID は複数の Audience Manager ID にマッピングできます。

データ書き出しコントロール

データ書き出しコントロール は、データソースおよび宛先に適用できるオプションの分類ルールです。宛先へのデータ送信がデータのプライバシーや使用契約に違反する場合、データ送信を防止します。データ書き出しコントロールを使用しない場合は、「Data Export Controls」セクションを省略してください。

Data Source Settings

「Data Source Settings」セクションには複数のオプションが用意されていますが、クロスデバイス対応データソースの作成には次の 2 つのオプションが重要です。
  • Use as Authenticated Profile :デフォルトで選択されています。この設定により、独自の認証済みデータで Profile Merge Rule を作成できます。
  • Use as a Device Graph :このコントロールは、データプロバイダーとして登録されているアカウントにのみ使用できます。このチェックボックスを選択すると、データソースがデバイスグラフとして作成され、Audience Manager の他のお客様と共有できるようになります。担当の Audience Manager コンサルタントと協力して、データプロバイダーとしてセットアップしたり、このData Sourceの共有相手となる顧客を指定したりします。コンサルタントは、社内のプロビジョニングプロセスを通じて、アカウントとデバイスグラフ共有をプロビジョニングします。
  • Data retention for inactive Customer IDs :非アクティブな顧客 ID のデータ保持期間を設定します。これにより、Audience Manager プラットフォームに Audience Manager が最後に表示された後、Audience Manager がデータベースに顧客 ID を保持する期間を決定します。デフォルト値は 24 か月(720 日)です。設定できる最小値は 1 か月、最大値は 5 年です。すべての月は 30 日としてカウントされます。Audience Manager は、非アクティブな顧客 ID に設定したデータ保持に従って、非アクティブな顧客 ID を週 1 度削除するプロセスを実行します。
これらの設定と関連付けられているテキストフィールドでは、Data Sourceの名前を プロファイル統合ルールオプション に表示されるエイリアスに置き換えることができます。例えば、 Use as Authenticated Profile ​にエイリアスを追加した場合は、その名前が「Authenticated Profile Options」リストに表示されます。 Use as a Device Graph ​にエイリアスを追加した場合は、その名前が「Device Options」リストに表示されます。

プロファイル結合ルールの作成

Profile Merge Ruleを作成するには、 Audience Data > Profile Merge Rules > Add New Rule へ移動し、ここで説明している各セクションの手順を完了します。
クロスデバイス対応データソースをセットアップした後、最大 3 個の結合ルールを作成できます。 People-Based Destinations に新規登録すると、4 番目のプロファイル結合ルール(All Cross-Device Profiles)にアクセスできるようになります。
ルールの作成、編集、削除には、管理者権限が必要です。すべてのユーザーが既存のProfile Merge Rulesを表示および使用できます。
前提条件: Profile Merge Ruleの作成には、クロスデバイス対応データソースが必要です。 データソースの作成 を参照してください。
各種コントロールの説明については、 定義済みのプロファイルの結合ルールオプション を参照してください。

Basic Information

「Basic Information」セクションを完了するには:
  1. Profile Merge Rule に名前を付けます。
  2. (オプション) Profile Merge Rule の説明を入力します。ルールの役割や目的を定義するのに、簡潔な説明が役に立ちます。
  3. (オプション) ​これをデフォルトの​ Set as default ​にしたい場合は、Profile Merge Rule を選択します。新規セグメントはデフォルトルールに自動的に関連付けられます。

データ書き出しコントロール

データ書き出しコントロール は、Profile Merge Ruleに適用できるオプションの分類ルールです。宛先へのデータ送信がデータのプライバシーや使用契約に違反する場合、データ送信を防止します。データ書き出しコントロールを使用しない場合は、「Data Export Controls」セクションを省略してください。

Profile Merge Rule Setup

「Proflie Merge Rule Setup」セクションを完了するには:
  1. Authenticated Option ​を選択します。オプションは以下のとおりです。
    • No Authenticated Profile
    • Current Authenticated Profile
    • Last Authenticated Profile
  2. Authenticated Profile Option (最大 3 つ)を選択します。これらは以前作成した クロスデバイス対応データソース です。
  3. Device Option 」を選択します。オプションは以下のとおりです。
    • No Device Profile
    • Current Device Profile
    • Profile Link Device Graph
    • Device Co-op
  4. Save ​をクリックします。

結合ルールコードの設定

下の説明に従って、結合ルールと連携して動作するための Adobe Experience Platform Identity Service、DIL、およびモバイル SDK コードを設定します。

前提条件

これらの手順を完了する​ ​に、 クロスデバイス対応データソース および プロファイル結合ルール を設定する必要があります。

Adobe Experience Platform Identity Serviceのお客様向け

Profile Merge Rulesを操作する際は、Adobe Experience Platform Identity Service および最新バージョンの DIL の使用をお勧めします。ただし、この機能を使用する場合にAdobe Experience Platform Identity Service サービスを使用することは必須ではありません。DIL のみを使用する場合は、下記の レガシー DIL の節を参照してください。

顧客 ID 設定関数の設定

Adobe Experience Platform Identity Service を操作する差異、 setCustomerIDs 関数は宣言済み ID を Audience Manager に渡します。プロファイル結合ルールを使用する場合、 setCustomerIDs を変更して、クロスデバイス対応データソースの作成時に指定した統合コードを使用するよう設定します。例えば、統合コード my_datasource_ic でクロスデバイス対応データソースを作成したとします。宣言済み ID を渡すには、以下の変更後のコードのサンプルに示すように、統合コードを訪問者 ID 関数に追加します。

汎用コードのサンプル

visitor.setCustomerIDs({
  "userid":{
      "id":"12345",
      "authState":Visitor.AuthState.AUTHENTICATED

変更後のコードのサンプル

visitor.setCustomerIDs({
  "my_datasource_ic":{
     "id":"12345",
     "authState":Visitor.AuthState.AUTHENTICATED

DIL.create 関数の設定

DIL の最新バージョンでは、 DIL.create visitorService から declared ID が自動取得されるようになりました( 宣言済み ID 変数 を参照)。 DIL.create 関数を調べ、以下のコードのサンプルのように適切に設定されていることを確認します。
var vDil = DIL.create({
   partner:"partner name",
   visitorService:{
      namespace:"INSERT-MCORG-ID-HERE"
   }
});

namespace キーと値のペアの * MCORG * 変数は Experience Cloud の組織 ID です。この ID がわからない場合、Administration ダッシュボードの「Experience Cloud」セクションで確認できます。このダッシュボードを表示するには、管理者権限が必要です。 管理:コアサービス も参照してください。

SDK の設定

下記の SDK の設定 セクションも参照してください。

レガシー DIL

まだ Adobe Experience Platform Identity Service を使用していない場合は、是非使用することをお勧めします。しかし、新しいコードへの移行には、慎重な検討とテストが必要です。このような場合は、 DIL.create 関数を調べ、以下のコードのサンプルのように適切に設定されていることを確認します。
DIL.create({
   partner: "partner name",
   declaredId:{
      dpuuid: YOUR_DPUUID,
      dpid: YOUR_DPID
   }
});

詳しくは、 宣言済み ID 変数 の DIL の節を参照してください。

SDK の設定

declared IDs を Android および iOS モバイルデバイスから渡す方法を SDK コードで確認します。Android と iOS のコードライブラリで、変数名は同じです。
  • dpid :クロスデバイス対応データソース ID。
  • dpuuid :declared ID(例:ユーザー ID)。
デバイスタイプ メソッド
Android
setDpidAndDpuuid
構文:
 public static void setDpidAndDpuuid(String dpid, String dpuuid); 

例:
 AudienceManager.setDpidAndDpuuid("myDpid","myDpuuid"); 

iOS
audienceSetDpid:dpuuid
構文:
+ (void) audienceSetDpid:(NSString *)dpid                   dpuuid:(NSString *)dpuuid;
例:
[ADBMobile audienceSetDpid:@"290"                   dpuuid:@"99301393923940"];