Show Menu
トピック×

アクティブオーディエンス特性とデータソース同期特性

これらは、Addressable Audiencesで使用される特別な特性です。Active Audience と Data Source Synced Traits は Audience Data > Traits > Audience Traits にあります。
アクセスには管理者権限が必要です。

アクティブオーディエンス特性

Active Audience特性には、Audience Manager アカウントで管理下にあるすべてのデバイスが含まれています。セグメントの作成または編集時に、Active Audience Trait特性を他の特性と同じように使用できます。また、 アドレス可能なオーディエンス では、重複データの生成にこの特性が必要です。すべてのアカウントには、デフォルトでActive Audience特性があります。この特性は削除できません。

データソース同期特性

Data Source Synced Traitsは、 データソースを作成または編集 し、以下のいずれかの設定を適用すると、Audience Traits フォルダー内に表示されます。
Data Source Synced Traits は、データソースと関連付けられているすべてのユーザーを追跡します。セグメントの作成または編集時に、Data Source Synched Traitを他の特性と同じように使用できます。Data Source Synced Traitを作成すると、その特性名は、データソースで使用されている名前に一致します。データソースを編集すると、特性名が変更されます。この特性は削除できません。
Data Source Synced Traits はトラブルシューティングに役立ちます。特性名をクリックして、特性概要ページで指標を確認します。選択した特性がデータを返す場合は、ID 同期プロセスが適切にセットアップされて Audience Manager にデータを送信しています。