Show Menu
トピック×

特性ストレージ

特性ストレージフォルダーは特性を保存するもので、特性の分類/整理に役に立ちます。

特性ストレージフォルダーの目的

Trait Builderの特性ストレージフォルダーは、特性を保持し、作成した論理グループに分類/整理するためのディレクトリです。Traits ダッシュボードから、または新しい特性を作成する際に、ストレージフォルダーにアクセスします。なお、ストレージフォルダーに割り当てずに新しい特性を作成することはできないので、注意してください。

特性ストレージフォルダーの作成

この手順では、特性のストレージフォルダーを作成する方法について説明します。
新しい特性の設定時に、「Basic Information」セクションで新しい保存フォルダーを作成できます。また、メインの「Trait Storage」リストダッシュボードの「Traits」セクションでフォルダーを作成することもできます。
新しい保存フォルダーを作成するには:
  1. Trait Storage ウィンドウで、
    • All Traits 」の上にマウスポインターを置き、新規のルートレベルフォルダーを追加します。
    • 既存の親フォルダーの下に、新規のサブフォルダーを追加します。
  2. 「+」アイコンをクリックして、フォルダーを作成します。
  3. フォルダーの名前を指定して「 Save 」をクリックします。

特性ストレージフォルダーの名前変更または削除

この手順では、ストレージフォルダーの名前変更や削除の方法について説明します。
メインの「Trait Storage」リストダッシュボードの「Traits」セクションで、保存フォルダーの名前変更や削除をおこなうことができます。
  • フォルダーの名前を変更するには、フォルダーにカーソルを移動して鉛筆アイコンをクリックします。
  • フォルダーを削除するには、フォルダーにカーソルを移動して X アイコンをクリックします。