Show Menu
トピック×

Audience Managerや他のExperience CloudソリューションとのExperience Platformセグメントの共有

この機能へのアクセスをロック解除したい場合は、アドビの販売担当者にお問い合わせください。

概要

Audience Manager と Adobe Experience Platform の間でオーディエンス共有機能を使用すると、Audience Manager の特性とセグメントを Adobe Experience Platform と共有できます。また、その逆も可能です。You need the Audience Manager Connector to enable audience sharing between Audience Manager and Adobe Experience Platform.
Experience Platform で Audience Manager の特性とセグメントを使用して、Audience Manager データを顧客プロファイルに追加し、Experience Platform の セグメント化サービス を活用することができます。
Audience Manager では、次のように、Data Management Platform のユースケースに対して Experience Platform セグメントを使用できます。
さらに、Experience Platform のセグメントは、 コアサービス を介して他の Experience Cloud ソリューションと共有されます。
  • 上記のデータ管理プラットフォームの使用例を有効にするには、Audience Managerライセンスが必要です。
  • コアサービス の統合を通じて、Adobe Advertising Cloud、Adobe Target、マーケティングトおよびその他のExperience CloudソリューションとExperience Platformセグメントを共有する場合、Audience Managerライセンスは必要ありません
オーディエンス共有のユースケースの概要については、次の表を参照してください。
ユースケース
Adobe Experience Platform
Audience Manager
コアサービス
オーディエンス共有
  • Audience Manager データを使用した顧客プロファイルの強化
  • Experience Platform セグメントでの Audience Manager データの使用
  • セグメントへのサードパーティデータの追加
  • アルゴリズムモデリング
  • 追加の宛先へのアクティブ化
Experience Platformセグメントは、Adobe Target、Advertising Cloud、Marketoなど、他のExperience Cloudソリューションで使用します。

Adobe Experience Platform での Audience Manager のセグメントと特性

Audience Manager の特性とセグメントは、セグメントワークフローの​ オーディエンス ​として Experience Platform に表示されます。Experience Platform での Audience Manager のセグメントと特性について詳しくは、次を参照してください。

Audience Manager の Adobe Experience Platform セグメント

Experience Platformで作成したセグメントは、シグナル、特性およびセグメントとしてAudience Managerインターフェイスに表示され、次の組版規則が適用されます。
  • シグナル:各Experience Platformセグメントについて、フォームにシグナルが表示され segID = segment ID ます。
  • 特性:特性ルールは、Experience Platform セグメントの ID です。
  • セグメント:このセグメントは、上記の特性で構成されます。

シグナル

を選択 Audience Data > Signals > General Online Data して、Experience Platformから来るシグナル SegId を探します。 この画面は、デバッグ目的で使用できます。この画面を使用して、Experience PlatformとAudience Managerの統合が正しく設定されているかどうかを確認できます。

特性

Audience Manager は、特性ストレージに「 Experience Platform 特性 」という特性フォルダーを自動的に作成します。
自動的に作成された特性を、他の特性とともにセグメントで使用できます。例えば、Experience Platform セグメントから作成した特性と、 Audience Marketplace で取得したサードパーティの特性を混在させることができます。
Experience Platform セグメントから自動的に作成された特性の例については、以下のスクリーンショットを参照してください。
項目番号
名前
説明
1
Trait Type
Experience Platform セグメントから作成された特徴は、Audience Manager でオンボードの特性として作成されます。
2
Data Source
自動的に作成されます。Experience Platform セグメントから自動的に作成されたすべての特性とセグメントは、 Adobe Experience Platform Audience Sharing のデータソースに保存されます。
3
Integration Code
統合コードは、Experience Platform のセグメント ID に対応します。
4
Trait Expression
特性の式は segID = segment ID in Experience Platform です。
5
Segments with this Trait
この特性を構成として使用する、自動的に作成されたセグメント。

セグメント

Audience Manager は、セグメントストレージに「 Experience Platform セグメント 」というセグメントフォルダーを自動的に作成します。
Experience Platform セグメントから自動的に作成されたセグメントの例については、以下のスクリーンショットを参照してください。
項目番号
名前
説明
1
Integration Code
統合コードは、Experience Platform のセグメント ID に対応します。
2
Data Source
自動的に作成されます。Experience Platform セグメントから自動的に作成されたすべての特性とセグメントは、 Adobe Experience Platform Audience Sharing のデータソースに保存されます。
3
Profile Merge Rule
External Merge Policy は、自動的に作成されたセグメントが、Experience Platform で設定された結合ポリシーに従うことを示します。
4
Segment Rule
このセグメントは、 特性 の節で説明されている特性で構成されます。

Experience Platform での Audience Manager データ書き出しコントロールのサポート

Experience Platformでのデータ使用量のコンプライアンスを強化するために、該当するすべてのデータセットおよびフィールドに適切な データ使用ラベルを付与する必要があります 。 さらに、 データ使用ポリシー ( Data Usage Labeling and Enforcement(DULE)フレームワークで概要を説明しているように、これらのラベルに対する特定のマーケティングアクションに対して、 データ使用ポリシーを有効にする必要があります。
Audience ManagerとExperience Platformの間でオーディエンスを共有するプロセスでは、Audience Managerセグメントに適用されたデータエクスポートコントロールは、Experience Platformデータガバナンスで認識される同等のラベルやマーケティングアクションに変換されます。
データエクスポートコントロールの詳細については、『 データエクスポートコントロール』のドキュメントを参照してください
このドキュメントでは、特定のAudience Managerデータのエクスポートコントロールを、プラットフォームのデータ使用ラベルおよびマーケティングアクションにどのようにマッピングするかについて説明します。

データ使用ラベルに対するデータエクスポートコントロール

次の表に、特定のデータエクスポートコントロールが、認識されるデータ使用ラベルにどのように対応しているかを示します。
データエクスポートコントロール
データ使用ラベル
個人が特定できる情報と共に使用することはできません。
C3:データを組み合わせたり、直接識別できる情報と組み合わせて使用することはできません。
オフサイト広告ターゲティングには使用できません
C5:データは、コンテンツや広告の関心に基づくクロスサイトターゲティングには使用できません。
オンサイト広告ターゲット設定には使用できません
C6:データはオンサイト広告のターゲット設定には使用できません
オンサイトパーソナライゼーションには使用できません。
C7:データは、コンテンツのオンサイトターゲティングには使用できません

マーケティングアクションへのデータエクスポートコントロール

次の表に、特定のデータエクスポートラベルと認識されるマーケティングアクションとの対応を示します。
データエクスポートラベル
マーケティングのアクション
This destination may enable a combination with personally identifiable information (PII)
PIIと組み合わせる
This destination may be used for off-site ad targeting
クロスサイトターゲティング
This destination may be used for on-site ad targeting
オンサイト広告
This destination may be used for on-site ad personalization
オンサイトパーソナライゼーション

Audience Manager と Experience Platform の間のセグメント母集団の違いの理解

セグメント母集団の数は、Audience Manager と Experience Platform のセグメント間で異なる可能性があります。類似または同一のオーディエンスのセグメント番号は近い値にする必要がありますが、訪問者数の違いは、次に示す要因が原因の場合があります。

Experience Platformでのセグメントの評価

Audience Managerは、インターフェイスのレポート番号を1日に1回更新します。 この更新のタイミングが、Experience Platformのセグメント評価の時間に合致することはほとんどありません。

プロファイルの結合ルールと結合ポリシーの違い

Profile Merge Rules audience managerとExperience Platform Merge Policies では、動作が異なり、それぞれに使用されるアイデンティティグラフも異なります。 これにより、セグメント母集団間でのいくつかの違いが想定されます。

Experience Platformでのセグメントの構成

Adobe Experience PlatformとAudience Managerの統合は、すべての顧客に対して多くの標準 ID名前空間 (標準ID)を共有します。ECID、IDFA、GAID、ハッシュされた電子メールアドレス(EMAIL_LC_SHA256)、AdCloud IDなど。 Experience Platformセグメントで、資格を持つプロファイルの主要なIDとしてこれらのいずれかを使用している場合、プロファイルはAudience Managerの特性とセグメントでカウントされます。
また、Audience Managerは、次の場合に、Experience Platformセグメントで使用するカスタムID名前空間の受信認証を登録できます。
  • IDはプライマリとしてマークされ
  • 対応するクロスデバイスデータソースが既にAudience Managerに存在します。
IDが生の電子メールをキーに設定しているExperience Platformのオーディエンスは、Audience Managerに表示されません。
例えば、「すべての顧客」というExperience Platformセグメントがあり、資格を持つプロファイルがCRM ID、ECID、IDFA、生の電子メールアドレスおよびハッシュの電子メールアドレスの場合、Audience Manager内の対応するセグメントには、CRM ID、ECID、IDFAおよびハッシュされた電子メールアドレスのプロファイルのみが含まれます。 Audience Managerのセグメントの母集団は、Experience Platformのセグメントの母集団よりも小さくなります。