Show Menu
トピック×

Audience Manager と Adobe Experience Platform の間でのオーディエンスの共有

このページで説明する機能は、Audience Manager および Adobe Experience Platform のお客様が利用できます。
この機能へのアクセスをロック解除したい場合は、アドビの販売担当者にお問い合わせください。

概要

Audience Manager と Adobe Experience Platform の間でオーディエンス共有機能を使用すると、Audience Manager の特性とセグメントを Adobe Experience Platform と共有できます。また、その逆も可能です。
Experience Platform で Audience Manager の特性とセグメントを使用して、Audience Manager データを顧客プロファイルに追加し、Experience Platform の セグメント化サービス を活用することができます。
Audience Manager では、次のように、Data Management Platform のユースケースに対して Experience Platform セグメントを使用できます。
さらに、Experience Platform のセグメントは、 コアサービス を介して他の Experience Cloud ソリューションと共有されます。
オーディエンス共有のユースケースの概要については、次の表を参照してください。
ユースケース
Adobe Experience Platform
Audience Manager
コアサービス
オーディエンス共有
  • Audience Manager データを使用した顧客プロファイルの強化
  • Experience Platform セグメントでの Audience Manager データの使用
  • セグメントへのサードパーティデータの追加
  • アルゴリズムモデリング
  • 追加の宛先へのアクティブ化
Adobe Target や Analytics など、他の Experience Cloud ソリューションで Experience Platform セグメントを使用します。

Adobe Experience Platform での Audience Manager のセグメントと特性

Audience Manager の特性とセグメントは、セグメントワークフローの​ オーディエンス ​として Experience Platform に表示されます。Experience Platform での Audience Manager のセグメントと特性について詳しくは、次を参照してください。

Audience Manager の Adobe Experience Platform セグメント

Experience Platform で作成したセグメントは、次の構成ルールを使用し、特性とセグメントとして Audience Manager インターフェイスに表示されます。
  • 特性:特性ルールは、Experience Platform セグメントの ID です。
  • セグメント:このセグメントは、上記の特性で構成されます。

特性

Audience Manager は、特性ストレージに「 Experience Platform 特性 」という特性フォルダーを自動的に作成します。
自動的に作成された特性を、他の特性とともにセグメントで使用できます。例えば、Experience Platform セグメントから作成した特性と、 Audience Marketplace で取得したサードパーティの特性を混在させることができます。
Experience Platform セグメントから自動的に作成された特性の例については、以下のスクリーンショットを参照してください。
項目番号
名前
説明
1
特性タイプ
Experience Platform セグメントから作成された特徴は、Audience Manager でオンボードの特性として作成されます。
2
データソース
自動的に作成されます。Experience Platform セグメントから自動的に作成されたすべての特性とセグメントは、 Adobe Experience Platform オーディエンス共有 ​のデータソースに保存されます。
3
統合コード
統合コードは、Experience Platform のセグメント ID に対応します。
4
Trait Expression
特性の式は segID = segment ID in Experience Platform です。
5
この特性を持つセグメント
この特性を構成として使用する、自動的に作成されたセグメント。

セグメント

Audience Manager は、セグメントストレージに「 Experience Platform セグメント 」というセグメントフォルダーを自動的に作成します。
Experience Platform セグメントから自動的に作成されたセグメントの例については、以下のスクリーンショットを参照してください。
項目番号
名前
説明
1
統合コード
統合コードは、Experience Platform のセグメント ID に対応します。
2
データソース
自動的に作成されます。Experience Platform セグメントから自動的に作成されたすべての特性とセグメントは、 Adobe Experience Platform オーディエンス共有 ​のデータソースに保存されます。
3
プロファイル結合ルール
外部結合ポリシー ​は、自動的に作成されたセグメントが、Experience Platform で設定された結合ポリシーに従うことを示します。
4
セグメントルール
このセグメントは、 「特性」セクション で説明されている特性で構成されます。