Show Menu
トピック×

How to forward data from Adobe Analytics to Audience Manager

Follow the steps in this tutorial to forward Analytics data to Audience Manager instead of having the Audience Manager Data Integration Library (DIL) code send a pixel from the page.
We recommend you use Adobe Experience Platform Launch to forward Analytics data into Audience Manager. Launch を使用すると、このページで示すように、AppMeasurement に手動でコードをコピーする必要がなくなります。

前提条件

このドキュメントで説明した拡張機能の有効化やコードの実装に加えて、以下をおこなう必要があります。

実装

There are two methods to implement data forwarding from Adobe Analytics to Audience Manager, depending on the tag management solution that you use.

を使用した導入 Adobe Experience Platform Launch

Adobe Launch 拡張機能を使用して、実装 とプロパティ Adobe Analytics に対して使用することをお勧めし Audience Manager ます。 この場合、コードを手動でコピーする必要はありません。Instead, you must enable data sharing in the Analytics Launch extension, as shown in the image below. Adobe Analytics 拡張機能 のドキュメントも参照してください。
If you install the Adobe Analytics extension, do not also install the Audience Manager extension. Forwarding data from the Analytics extension replaces the Audience Manager extension functionality.

タグ管理ソリューション Adobe Digital Tag Management (DTM) を使用した導入

Adobe 2020年末までに日没 DTM する計画を発表しました。 For more information and scheduling, see DTM Plans for a Sunset in the Adobe community forums .
Adobe DTM または他のタグ管理ソリューションを使用して、Audience Management Module を実装するには、次の手順を実行します。
  1. Analytics Code Manager (バージョン 1.5 以降が必要)を使用して、AppMeasurement をダウンロードします。
  2. ダウンロードした zip ファイルに含まれていたバージョンに AppMeasurement コードを更新します。
  3. zip ファイルの AppMeasurement_Module_AudienceManagement.js からすべてのコードをコピーします。 appMeasurement.js ファイルの「 "DO NOT ALTER ANYTHING BELOW THIS LINE." 」というテキストのすぐ上に貼り付けます。
  4. 前の手順で追加した AppMeasurement_Module_AudienceManagement.js コードのすぐ上に、コード s.loadModule("AudienceManagement"); を追加します。
  5. 以下のコードを更新およびコピーして、 AppMeasurement.js ファイルの doPlugins 関数に追加します。
s.AudienceManagement.setup({ 
     "partner":"INSERT-YOUR-PARTNER-NAME-HERE", 
     "containerNSID":0, 
     "uuidCookie": { 
          "name":"aam_uuid", 
          "days":30
     },
     "visitorService": {
          "namespace": "INSERT-EXPERIENCE-CLOUD-ORGID-HERE" 
     } 
});

audienceManagement.setup 関数は、パラメーターを の Audience Manager 関数と共有し、このコードで設定できます。 DIL.create これらのパラメーターについて詳しくは、 DIL create を参照してください。

コード要素の定義

コードサンプルの重要な変数の定義を次の表に示します。
パラメーター
説明
partner
必須。This is a partner name assigned to you by Adobe. It is sometimes referred to as your partner ID or partner subdomain. Contact your Adobe consultant or Customer Care if you don't know your partner name.
containerNSID
必須。ほとんどの場合は、 "containerNSID":0 に設定できます。ただし、会社が異なるコンテナを使用して ID 同期をカスタマイズする必要がある場合、ここでそのコンテナ ID を指定できます。
uuidCookie
オプションです。この設定を使用すると、ファーストパーティドメインに Adobe Cookie を設定できます。This cookie contains the UUID .
visitorService - namespace
必須。 namespace AudienceManagement パラメーターは、AppMeasurement バージョン 2.10 以降にバンドルされている モジュールを使用する場合に必要です。この AudienceManagement モジュールでは、Adobe Experience Platform Identity Service 3.3 以降を使用する必要があります。
は、のサインアップ Experience Cloud Organization ID 時に会社に提供されるIDで Experience Cloudす。 「 組織とアカウントのリンク 」で、会社の組織 ID を確認します。

Results: Data Forwarding to Audience Manager

以下の手順をおこなった後、Analytics 実装は にデータを送信します。Audience Manager
  • Server-Side Forwardingを有効にする(この機能については、コンサルタントにお問い合わせください)。
  • を実装 Adobe Experience Platform Identity Service。
  • このチュートリアルの実装手順に従う。
このプロセスは、以下の場合に Audience Manager にデータを送信します。
  • ページ表示の呼び出し時。
  • 追跡されたリンクから。
  • ビデオマイルストーンおよびハートビートビデオ表示から。
The variables sent to Audience Manager from Analytics use special prefixes. You need understand and take these prefixes into account when creating Audience Manager traits. これらのプレフィックスの詳細については、「キー変数の プレフィックス要件 」を参照してください。