Show Menu
トピック×

ピクセル呼び出しを使用したキャンペーンのインプレッションデータのキャプチャ

メディアデータを Audience Manager に送信する方法の 1 つとして、広告サーバーのマクロを使用してキャンペーン属性を Audience Manager に送信できます。
この方法は「クリエイティブのピクセリング」とも呼ばれています。これらのデータポイントは、サードパーティの広告サーバーマクロにより動的に Audience Manager ピクセルコードに挿入されます。これらのマクロは、キャンペーンの主要なレポート属性に基づいてすべてのインプレッションとクリックのマッピングとレポートに使用されます。データの集計により、キャンペーンのパフォーマンスを一元的に把握し、カスタムコンバージョンパスを特定することができます。また、顧客はコンバージョンにつながる広告サーバーイベントの順序を改善することができます。

イベント呼び出しの構文

テキストスタイル( monospaced text 斜体 、括弧 [ ] ( ) 、その他)コード要素とオプションを示します。詳しくは、 コードおよびテキスト要素のスタイル規則 を参照してください。
イベント呼び出しはインプレッションデータとコンバージョンデータを収集し、Audience Manager データ収集サーバー (DCS)に送信します。この処理では、呼び出しをクリエイティブに配置するサードパーティの広告サーバーを使用して、コードに挿入される内容が制御されます。このサードパーティの広告サーバー(DFA など)は、このコードを各広告インプレッション内に配置できます。さらに、広告呼び出しでは、広告タブの外部にある公開者データへのアクセスに、JavaScript やフレームバスティング技法は使用していません。
イベント呼び出しは、次の構文を使用するキーと値のペアで構成されています。
http://clientname.demdex.net/event?d_event=imp&d_src=datasource_id&d_site=siteID&d_creative=<i>creative_id</i>&d_adgroup=<i>adgroup_id</i>&d_placement=<i>placement_id</i>&d_campaign=<i>campaign_id</i>[&d_cid=(GAID|IDFA)%01 DPUUID]&d_bust=cache buster value

このキーと値のペアでは、値変数は広告サーバーにより挿入された ID またはマクロです。広告タグが読み込まれると、 %macro% は対応する必須の値に置き換えられます。この呼び出しでは、応答は返されません。

サポートされているキーと値のペア

インプレッションイベント呼び出しでは、キーと値のペアとして構成されているデータを受け付けます。次の表は、これらの変数を格納するキーの一覧と説明です。これらのうち多くは、 Audience Optimization レポート でデータのキャプチャと分析をおこなう場合に必要になります。
キー 説明
d_adgroup
広告サーバーから割り当てられた広告グループ ID(数値)。
オプションです。
d_adsrc
広告主のデータソース ID または統合コード。
Audience Optimization レポートの場合は必須。
オプションです。
d_bu
ビジネスユニットのデータソース ID または統合コード。
Audience Optimization レポートの場合は必須。
d_bust
キャッシュバスティング値。 Audience Manager は、大部分のブラウザーとプロキシで受け入れられるキャッシュ制御ヘッダーを自動的に送信します。キャッシュバスティングを追加で実行する場合は、このパラメーターをイベント呼び出しに入れ、その後にランダムな文字列を追加します。
オプションです。
d_campaign
広告サーバーから割り当てられたキャンペーン ID(数値)。
Audience Optimization レポートの場合は必須。
d_cid
このコンテキストでは、 d_cid は、キーと値のペアをインスタンス化し、モバイルデバイスタイプを個人ユーザー ID に関連付けられるようにします。固定 ID により、モバイルデバイスタイプが決定されます。値(ユーザー ID)は変わることがあります。キーと値のペアを %01 (非表示の制御文字)で区切ります。このパラメーターでは、次のキーを指定できます。
  • 20914: Android(GAID)デバイスを表します。例えば、 d_cid = 20914 %01 1234 は、ユーザー 1234 が Android デバイスに関連付けられていることを表します。
  • 20915: iOS(IDFA)デバイスを表します。例えば、 d_cid = 20915 %01 5678 は、ユーザー 5678 が iOS デバイスに関連付けられていることを表します。
オプションです。
d_creative
広告サーバーから割り当てられたクリエイティブ ID(数値)。
Audience Optimization レポートの場合は必須。
d_event=imp
イベント呼び出しをインプレッションイベントとして識別します。
必須。
d_placement
広告サーバーから割り当てられたプレースメント ID(数値)。
オプションです。
d_site
広告サーバーから割り当てられたサイト ID(数値)。
Audience Optimization レポートの場合は必須。
d_src
メタデータの提供元となるプラットフォームのデータソース ID または統合コード(DFA、Atlas、GBM、Media Math など)。
Audience Optimization レポートの場合は必須。
gdpr
gdpr には、0(GDPR 適用対象外)または 1(GDPR 適用対象)を使用できます。
デフォルト値は 0 です。
オプションです。
gdpr_consent
の場合 gdpr=1 、が ${gdpr_consent_XXXX} 文字列とベンダーIDに置き換えられます( gdpr_consent IAB仕様を参照 IAB%20Tech%20Lab%20-%20Consent%20string%20and%20vendor%20list%20formats%20v2.md#about-the-transparency--consent-string-tc-string )。
デフォルト値は 0 です。
オプションです。
クライアントドメイン専用の正確な URL については、Adobe Audience Manager コンサルタントまたはアカウントリードにお問い合わせください。

追加機能 — Audience Optimization Reports

ピクセル呼び出しを使用して、 Audience Optimization レポートを強化できます。ピクセルを使用してレポートに出力する場合は、 メタデータファイルの概要とマッピング を参照してください。