Show Menu
トピック×

送信マクロの例

送信ファイルテンプレートの作成に、一部の一般的なマクロがどのように使用されるかを示す例です。
表中の​ 太字 ​は、各マクロとそれに関連する出力の識別に使用しています。形式の例では、各マクロを明確に区切るために < > 記号を追加しています。

ファイル名マクロ

使用可能なマクロと定義の一覧については、 送信テンプレートマクロ を参照してください。
マクロ 形式と出力例
DPID
形式: <SYNC_TYPE>_<ORDER_ID>_ <DPID>_<SYNC_MODE>_<TIMESTAMP>.sync
出力: ftp_215_ 888_iter_1449756724.sync
MASTER_DPID
形式: <SYNC_TYPE>_<ORDER_ID>_<DPID>_ <MASTER_DPID>_<SYNC_MODE>_<TIMESTAMP>.sync
出力: ftp_215_888_ 20915_iter_1449756724.sync
ORDER_ID
形式: <SYNC_TYPE>_ <ORDER_ID>_<DPID>_<SYNC_MODE>_<TIMESTAMP>.sync
出力: ftp_ 215_888_iter_1449756724.sync
SYNC_MODE
形式: <SYNC_TYPE>_<ORDER_ID>_<DPID>_ <SYNC_MODE>_<TIMESTAMP>.sync
出力:
  • フル: ftp_215_888_ full_1449756724.sync
  • インクリメンタル: ftp_215_888_ iter_1449756724.sync
SYNC_TYPE
形式: <SYNC_TYPE>_<ORDER_ID>_<DPID>_<SYNC_MODE>_<TIMESTAMP>.sync
出力:
  • FTP: ftp_215_888_iter_1449756724.sync
  • https: http_215_888_iter_1449756724.sync
  • S3: s3_215_888_iter_1449756724.sync
TIMESTAMP
形式: <SYNC_TYPE>_<ORDER_ID>_<DPID>_<SYNC_MODE>_ <TIMESTAMP>_<admin><.sync>
出力: ftp_215_888_iter_ 1449756724.sync

ヘッダー行マクロ

使用可能なマクロと定義の一覧については、 送信テンプレートマクロ を参照してください。
マクロ 形式と出力例
TAB
形式: <ORDER_ID> <TAB><SYNC_TYPE>
出力: 888 full.sync
この出力では、各要素は非印刷のタブ文字で区切られています。

ファイルコンテンツマクロ

使用可能なマクロと定義の一覧については、 送信テンプレートマクロ を参照してください。
マクロ 形式と出力例
DP_UUID
形式: <DP_UUID><TAB> <UUID>
出力: 123456 07955261652886032950143702505894272138
DP_UUID_LIST
形式: <UUID><TAB> <DP_UUID_LIST;separator=TAB>
出力: 07955261652886032950143702505894272138 DP_UUID1 DP_UUID2 DP_UUID3
DPUUIDS
次の節を参照してください。
REMOVED_SEGMENT_LIST
形式: <DP_UUID> <REMOVED_SEGMENT_LIST;separator=" ">
出力: 123456 105955 101183 101180 101179
SEGMENT_LIST
形式: <DP_UUID> <SEGMENT_LIST;separator=" ">
出力: 123456 105955 101183 101180 101179
if(SEGMENT_LIST && REMOVED_SEGMENT_LIST)endif
形式:
{"AdvertiserId":"<PIDALIAS>", "DataCenterId": 2,"TDID":"<DP_UUID>", "Data":[<SEGMENT_LIST:{seg|<OPEN_CURLY_BRACKET>"Name":"<seg.alias>"<CLOSE_CURLY_BRACKET>}; separator=","><if(SEGMENT_LIST && REMOVED_SEGMENT_LIST)><COMMA><endif> <REMOVED_SEGMENT_LIST:{seg|<OPEN_CURLY_BRACKET>"Name":"<seg.alias>", "TtlInMinutes":0<CLOSE_CURLY_BRACKET>}; separator=",">]}
出力:
//First example {"AdvertiserId":"12345", "DataCenterId": 2, "TDID":"dfd215e4-8d6b-4fdb-90b9-fab4456f2c9d","Data":[{"Name":"4321"}]} //Second example {"AdvertiserId":"12345", "DataCenterId": 2,"TDID":"9099e8fe-abab-5114-abaa-28bdaa0539ca","Data":[{"Name":"4321"},{"Name":"987","TtlInMinutes":0}, {"Name":"654","TtlInMinutes":0}]}
注意:最初の例では、マクロは SEGMENT_LIST のデータしか返しません。これは REMOVED_SEGMENT_LIST が空であるためです。2 番目の例では両方のマクロのデータが返されます。
SET_ATTRIBUTES
形式:
<PID><TAB><UUID><TAB><DP_UUID><TAB> <SET_ATTRIBUTES><TAB><OPT_OUT><TAB><SEGMENT_LIST:{seg|<seg.type>,<seg.alias>,<OUTPUT_ATTRIBUTE_VALUE>,<seg.lastUpdateTime>&}>
出力:
1159 00088008579683653741516297509717335000 17t0aj01b120hp 1 0 5,103714,1,1344114661000&5,103713,1,1343250661000
TAB
形式: <DP_UUID><TAB><DP_UUID_LIST;separator=TAB>
出力: 123456 UUID1 UUID2 UUID3
この出力では、各要素は非表示のタブ文字で区切られています。
TRAIT_LIST
形式: <PID><TAB><DP_UUID><TAB><SET_ATTRIBUTES><TAB> <TRAIT_LIST;separator="|">
出力: 1131 12345 1 123|456|789

DPUUID

DPUUID マクロによるデータの出力形式を理解できるように、次のように DPUUID に 2 つの DPID がマッピングされているとします。
  • DPID 1111 は DPUUID AAAA (timestamp = 1)および BBBB (timestamp = 2)にマッピングされています。
  • DPID 2222 は DPUUID CCCC にマッピングされています。
次の表は、これらの条件に基づく、形式を示す文字列とその出力の一覧です。
マッピング条件 マクロ形式 出力
1 つの DPID に対するすべてのマッピングを返す
<DPUUIDS; format="dpids=1111|maxMappings=0|format=json">
[["1111","AAAA"],["1111","BBBB"]]
すべての DPID について最大 1 つのマッピングを返す
<DPUUIDS; format="dpids=1111,2222|maxMappings=1|format=json">
[["1111","BBBB"],["2222","CCCC"]]
DPID 1111 について、マクロは DPUUID BBBB のみにマッピングされます。これは、この ID のほうがタイムスタンプが大きいためです。
1 つの DPID に最大 2 つのマッピングを返す
<DPUUIDS; format="dpids=2222|maxMappings=2|format=json">
[["2222","CCCC"]]
maxMappings=2 ですが、指定した DPID には DPUUID が 1 つしかないので、このマクロで返される DPID と DPUUID のマッピングは 1 つしかありません。