Show Menu
トピック×

受信データファイルコンテンツ:構文、無効な文字、変数、例

受信する特性データファイルの形式を整える際に従うべき必須フィールド、構文、ルールについて説明します。

ファイルコンテンツの構文

受信データファイルのフィールドは、以下の順序でなければなりません。この例では、各要素を視覚的に区切るために <``> 記号が追加されています。実際のデータファイルでこれを使用する必要はありません。
<user ID><TAB><trait ID>,<trait ID>,<trait ID>,...

使用可能なその他のファイルコンテンツ形式については、 カスタムパートナー統合 を参照してください。
受信データファイルで送信する各ユーザー ID について、処理できる行数の上限は 200 行です。例えば、あるユーザー ID について 300 行が送信された場合、最初の 200 行は保持されますが、残りの 100 行は破棄されます。以下の例では、ユーザー ID 1 とユーザー ID 2 のそれぞれについて送信されている行が 3 行なので、問題はありません。1 行に含まれる特性やキーと値のペアの数には、制限はありません。
<user ID1><TAB><trait ID>,<trait ID>,<trait ID>
<user ID1><TAB><trait ID>,<trait ID>,<trait ID>
<user ID1><TAB><trait ID>,<trait ID>,<trait ID>
<user ID2><TAB><trait ID>,<trait ID>,<trait ID>
<user ID2><TAB><trait ID>,<trait ID>,<trait ID>
<user ID2><TAB><trait ID>,<trait ID>,<trait ID>

定義済みのファイル変数

次の表は、形式が適切に設定された受信データファイルで使用される変数の一覧と定義です。 斜体 ​の部分には実際の情報が入ります。
変数 説明
User ID
ユーザー ID は次のいずれかに該当します。
  • Audience Manager により割り当てられた一意のユーザー ID( Audience Manager UUID )。
  • CRM システムで割り当てられた一意のユーザー ID( Audience Manager の DPUUID )。
  • モバイル Android または iOS デバイス ID(モバイルオペレーティングシステムで表示される、元のままの形式)。
モバイル ID については、以下の点にも注意してください。
  • IDFA 形式:ID は大文字でなければなりません。また、ハッシュしてはいけません。例: 6D92078A-8246-4BA4-AE5B-76104861E7DC
  • Android 形式:ID は小文字でなければなりません。また、ハッシュしてはいけません。例: 97987bca-ae59-4c7d-94ba-ee4f19ab8c21
TAB
ユーザー ID と特性 ID は 1 つのタブを区切り文字として区切ります。
trait ID
Audience Manager 特性 ID。受信データファイルには 転送された特性のみ を入れるようにしてください。受信データ転送では、他の特性タイプは処理されません。
注意:特性 ID を確認するには、すべての特性の詳細を返す GET メソッドを使用します。詳しくは、 特性 API メソッド を参照してください。

特性 ID の書式設定

次の表は、受信データファイルで特性の名前または ID を識別するためのプレフィックスの一覧です。例については サンプルファイル を参照してください。
プレフィックス 説明
d_sid=
d_sid というプレフィックスは、ID が Audience Manager の特性 ID であることを表します。これはユーザーインターフェイスに表示される ID と同じです。特性 ID は API GET メソッドを使用して返すこともできます。詳しくは、 特性 API メソッド を参照してください。
d_unsid=
データに d_unsid というプレフィックスを付けると、ユーザーがその特性から削除されます。 d_unsid というプレフィックスは、 overwrite ファイルでは無視されます。
d_unsid= というプレフィックスは、ID が Audience Manager の特性 ID であることを表します。これはユーザーインターフェイスに表示される ID と同じです。特性 ID は API GET メソッドを使用して返すこともできます。詳しくは、 特性 API メソッド を参照してください。
ic=
特性ルール を使用すると、特性認定の条件を設定できます。特性ルールを ic == trait ID と書式設定した場合、特性を簡単なコンマ区切りのリストで送信できます。
例えば、次の 3 つの特性ルールを作成したとします。
  • ic == "123"
  • ic == "456"
  • ic == "789"
これらの特性は ic キーに関連付けられます。これにより、データファイルでより簡単な特性リストを作成できます。また、 ic というプレフィックスを使用する必要はありません。その結果、データファイルの内容は次のようになります。
                 user ID  <TAB> 123,456,789
キーと値のペア
特性データは英数字の文字列を使用するキーと値のペアとして書式設定できます。キーと値のペアの書式設定には次のように複数の方法があります。
  • key = value
  • "key" = value
  • key = "value"
  • "key" = "value"
"age"="32" "gender"=m model = "pickup truck" product = tablet は、いずれも正しく書式設定されたキーと値のペアの例です。

特性 ID、ユーザー ID、キーと値のペアで無効な文字

特性 ID

特性 ID は数値型の文字のみで構成されます。受信データファイルには​ 転送された特性のみ ​を入れるようにしてください。受信データ転送では、他の特性タイプは処理されません。

ユーザー ID

ID Type 要件
DPUUID
DPUUID では、エンコードされたコロン( %3A )やエンコードされていないコロン( : )を使用しないでください。
モバイル iOS(IDFA)または Android デバイス ID
モバイルデバイス ID は次の形式を厳密に遵守していなければなりません。
  • IDFA 形式:ID は大文字でなければなりません。また、ハッシュしてはいけません。例: 6D92078A-8246-4BA4-AE5B-76104861E7DC
  • Android 形式:ID は小文字でなければなりません。また、ハッシュしてはいけません。例: 97987bca-ae59-4c7d-94ba-ee4f19ab8c21

キーと値のペア

キーと値のペアで、値の名前が正しく書式設定されていない場合も、問題が発生します。キーと値のペアの値を作成する場合、または値の名前を設定する場合は、以下のルールに従ってください。
文字 要件
引用符(")
引用符は、キーと値のペアのキーと値の部分に使用できます。例えば、次のようにできます。
  • d_city = "New York", d_city = "San Francisco"
  • "d_city" = "New York", "d_city" = "San Francisco"
ダッシュ(-)
キーの先頭にあるダッシュは無視されます。例えば、「 -product = camera 」は「 product = camera 」と解釈されます。
TAB
キーと値のペアでは、空の値の代わりに TAB を使用しないでください。 TAB は受信データファイルで変数を区切る場合にのみ使用します。
\n, \t
キーや値に改行文字やタブ文字( \n, \t )は使用しないでください。

データファイルの例

データファイル形式 説明と例
d_sid または d_unsid を使用
このデータファイルは、特性 24、26、27 について認定され、特性 28、29 から削除されたユーザーを示しています。
59767559181262060060278870901087098252&nbsp;&nbsp;d_sid=24,d_sid=26,d_sid=27,d_unsid=28,d_unsid=29
注意:
d_unsid を使用する代わりに、次の構文を使用してユーザープロファイルから特性を削除することもできます。
59767559181262060060278870901087098252&nbsp;28:0,&nbsp;29:0
59767559181262060060278870901087098252&nbsp;28:-1,&nbsp;29:-1
ic== を使用
これらの特性は、 ic というプレフィックスで特性ルールに追加されています。そのため、次のように、コンマ区切りのデータファイルに追加することができます。タブは UUID と特性 ID を区切ります。 ic というプレフィックスはファイルでは必要ありません。
数値 ID
DBwFoc3dhfMNCFBh2M4F9ZkJEXMNnRDh2PXvnI1&nbsp;&nbsp;30608,50354,50338,50352,30626
文字列 ID
DBwFoc3dhfMNCFBh2M4F9ZkJEXMNnRDh2PXvnI1&nbsp;&nbsp;ic=52,ic=55
キーと値のペアを使用
このファイルデータは、キーと値のペアを使用して、データを Audience Manager に渡します。
59767559181262060060278870901087098252&nbsp;“gender”=”female”,“luxury_shopper”=”yes”
他の例が必要な場合は、サンプルデータファイルを ダウンロードします 。ダウンロードファイルの拡張子は .overwrite です。これは普通のテキストエディターで開くことができます。

例の一覧

以下の表は、受信ファイルの書式設定を正しくおこなう方法を示す例の一覧です。 ID のタイプ と、特性をプロファイルに追加する方法によって分類されています。
ID タイプ/操作 d_sid を使用して特性をユーザープロファイルに追加する d_unsid を使用して特性をユーザープロファイルから削除する キーと値のペアを送信して特性をユーザープロファイルに追加する ic プレフィックスを使用して特性をユーザープロファイルに追加する
Audience Manager UUID
Android デバイス用の Google 広告 ID
iOS デバイス用の Apple IDFA
独自の CRM ID(DPUUID)

例 1

特性 ID を使用して、Audience Manager UUID 用の特性認定情報を送信します。
59767559181262060060278870901087098252 <TAB> d_sid=24, d_sid=26, d_sid=27

例 2

特性 ID を使用して、Audience Manager UUID 用の特性不承認情報を送信します。
59767559181262060060278870901087098252 <TAB> d_unsid=24, d_unsid=26, d_unsid=27

または
59767559181262060060278870901087098252 <TAB> 24:0, 26:0, 27:0

または
59767559181262060060278870901087098252 <TAB> 24:-1, 26:-1, 27:-1

例 3

キーと値のペアを送信し、Audience Manager UUID 用の特性認定情報を追加します。
59767559181262060060278870901087098252 <TAB> product = tablet, product = phone

または
59767559181262060060278870901087098252 <TAB> "product" = "tablet", "product" = "phone"

例 4

ic プレフィックスを使用して、Audience Manager UUID 用の特性認定情報を送信します。
59767559181262060060278870901087098252 <TAB> 30608,50354,50338,50352,30626

または
59767559181262060060278870901087098252 <TAB> ic=52,ic=55

例 5

特性 ID を使用して、Android デバイス用の特性認定情報を送信します。
e4fe9bde-caa0-47b6-908d-ffba3fa184f2 <TAB> d_sid=24, d_sid=25, d_sid=26

例 6

特性 ID を使用して、Android デバイス用の特性不承認情報を送信します。
e4fe9bde-caa0-47b6-908d-ffba3fa184f2 <TAB> d_unsid=24, d_unsid=25, d_unsid=26

または
e4fe9bde-caa0-47b6-908d-ffba3fa184f2 <TAB> 24:0, 26:0, 27:0

または
e4fe9bde-caa0-47b6-908d-ffba3fa184f2 <TAB> 24:-1, 26:-1, 27:-1

例 7

キーと値のペアを送信し、Android デバイス用の特性認定情報を追加します。
e4fe9bde-caa0-47b6-908d-ffba3fa184f2 <TAB> product = tablet, product = phone

または
e4fe9bde-caa0-47b6-908d-ffba3fa184f2 <TAB> "product" = "tablet", "product" = "phone"

例 8

ic プレフィックスを使用して、Android デバイス用の特性認定情報を送信します。
e4fe9bde-caa0-47b6-908d-ffba3fa184f2 <TAB> 30608,50354,50338,50352,30626

または
e4fe9bde-caa0-47b6-908d-ffba3fa184f2 <TAB> ic=52,ic=55

例 9

特性 ID を使用して、iOS デバイス用の特性認定情報を送信します。
6D92078A-8246-4BA4-AE5B-76104861E7DC <TAB> d_sid=24, d_sid=25, d_sid=26

例 10

特性 ID を使用して、iOS デバイス用の特性不承認情報を送信します。
6D92078A-8246-4BA4-AE5B-76104861E7DC <TAB> d_unsid=24, d_unsid=25, d_unsid=26

または
6D92078A-8246-4BA4-AE5B-76104861E7DC <TAB> 24:0, 26:0, 27:0

または
6D92078A-8246-4BA4-AE5B-76104861E7DC <TAB> 24:-1, 26:-1, 27:-1

例 11

キーと値のペアを送信し、iOS デバイス用の特性認定情報を追加します。
6D92078A-8246-4BA4-AE5B-76104861E7DC <TAB> product = tablet, product = phone

または
6D92078A-8246-4BA4-AE5B-76104861E7DC <TAB> "product" = "tablet", "product" = "phone"

例 12

ic プレフィックスを使用して、iOS デバイス用の特性認定情報を送信します。
6D92078A-8246-4BA4-AE5B-76104861E7DC <TAB> 30608,50354,50338,50352,30626

または
6D92078A-8246-4BA4-AE5B-76104861E7DC <TAB> ic=52,ic=55

例 13

特性 ID を使用して、DPUUID 用の特性認定情報を送信します。
DBwFoc3dhfMNCFBh2M4F9ZkJEXMNnRDh2PXvnI1 <TAB> d_sid=24, d_sid=25, d_sid=26

例 14

特性 ID を使用して、DPUUID 用の特性不承認情報を送信します。
DBwFoc3dhfMNCFBh2M4F9ZkJEXMNnRDh2PXvnI1 <TAB> d_unsid=24, d_unsid=25, d_unsid=26

または
DBwFoc3dhfMNCFBh2M4F9ZkJEXMNnRDh2PXvnI1 <TAB> 24:0, 26:0, 27:0

または
DBwFoc3dhfMNCFBh2M4F9ZkJEXMNnRDh2PXvnI1 <TAB> 24:-1, 26:-1, 27:-1

例 15

キーと値のペアを送信し、DPUUID 用の特性認定情報を追加します。
DBwFoc3dhfMNCFBh2M4F9ZkJEXMNnRDh2PXvnI1 <TAB> product = tablet, product = phone

または
DBwFoc3dhfMNCFBh2M4F9ZkJEXMNnRDh2PXvnI1 <TAB> "product" = "tablet", "product" = "phone"

例 16

ic プレフィックスを使用して、DPUUID 用の特性認定情報を送信します。
DBwFoc3dhfMNCFBh2M4F9ZkJEXMNnRDh2PXvnI1 <TAB> 30608,50354,50338,50352,30626

または
DBwFoc3dhfMNCFBh2M4F9ZkJEXMNnRDh2PXvnI1 <TAB> ic=52,ic=55