Show Menu
トピック×

ピクセルベースのデータ転送

シンプルなピクセル(ユーザーを特性の対象に認定するのに使用できる)で、リアルタイムデータ転送を実行します。Audience Manager インターフェイスを使用すると、クライアントは、任意の数のピクセルをセルフサービスベースで作成できます。ピクセル文字列は、シンプルな ID またはキー値ペアで構成されます。
受信データ転送を有効にするには、ベンダーおよびクライアントは以下をおこないます。
  1. ベンダーまたはパートナーが発動する特性を決定します。
  2. 特性のピクセルを取得します。特性リスト画面で、 Actions 列の上にマウスポインターを置いて、目的の特性の Get trait URL 記号をクリックします。
  3. URL をベンダーまたはパートナーに提供します。

この基本的なイベント呼び出しでは、特性 ID 1234 を Audience Manager に送信します。
https://something.demdex.net/event?d_sid=1234

イベント呼び出しで特性 ID をシリアル化すると、ページからの HTTP トラフィックの削減に役立ちます。次の例に示すように、追加の特性 ID を URL 文字列に追加します。
https://something.demdex.net/event?d_sid=1234,5678,9876,5432