Show Menu
トピック×

宛先の GDPR に関する考慮事項

このページでは、入手可能になったときにパートナーから直接提供される情報の概要と、Audience Manager の運用に関連する影響について説明します。パートナー側でこれらの更新をおこなう場合の主な影響は、2018 年 5 月 25 日に施行された GDPR(EU 一般データ保護規則)と、新しい IAB GDPR Transparency & Consent Framework(透明性と同意に関するフレームワーク、以下「IAB フレームワーク」)の結果です。
アドビパートナーには独自のビジネスプロセスがあり、時には Audience Manager との統合要件の更新を決定することもあります。アドビでは、Audience Manager パートナーエコシステムと積極的に協力して、お客様に変更を絶えずお知らせしています。

Audience Manager ユーザーインターフェイスの更新 - Yahoo/Oath/DataX との統合

上記 IAB フレームワークへの更新に加えて、Yahoo/Oath/DataX では、分類 API と Audience API に gdpr および gdpr_mode という新しいパラメーターを追加しました。これらのパラメーターは、データプロセッサーまたはデータコントローラーとして特定のセグメントを処理する権限があることを Yahoo/Oath/DataX に知らせます。結果的に、Yahoo/Oath/DataX の宛先にセグメントを送信する Audience Manager のお客様は、Oath との合意に基づいて、適切なパラメーター(プロセッサーまたはコントローラー)を指定する必要があります。
担当のコンサルタントまたはクライアントケアに問い合わせて、正しいパラメーターを設定してください。アドビでは、この更新の依頼をお客様から書面で受け取る場合を除き、お客様の代わりにこの更新をおこなうことはできません。Yahoo/Oath/DataX 担当者に問い合わせて、これらのパラメーターの定義を十分に理解してください。