Show Menu
トピック×

広告主のユースケース

Adobe Audience Manager によって満たすことのできる広告主の一般的なニーズの例をご紹介します。

すべてのユーザーを統合表示

目標 メリット
  • 単一のオーディエンスレポジトリを作成し、ディスプレイ上のインプレッション、オンサイトでの取得データ、サイト行動、電子メールによるイニシアチブ、およびプロモーションなどにわたる、顧客または見込み客のデータを統合する。
  • ユーザー属性を把握し、メディアの購入活動を促進する。
統一された顧客データレポジトリにより、オーディエンスの検出やビジネスプランニングの作業が容易になり、オーディエンスセグメントについてさらに詳細に把握できます。 四半期ごとのディスプレイメディアのプランニングにおいて、見込み客のプロファイル全体にわたって固有のオーディエンス行動を洗い出し、特定のセグメントまたは在庫ソースに対する予算を計上します。

高価値のセグメントを創出し、類似モデリングを使用してリーチを拡大する

モデル に関するドキュメントには、Audience Manager のアルゴリズムモデリングプロセスの詳細が記述されています。
目標 メリット
  • サイト行動、オフラインデータ、サードパーティデータ、キャンペーン指標を再利用し、貴重なオーディエンスプロファイルを作成する。
  • 他のデータソースにおいてこれらのセグメントをモデル化し、リーチを拡大する。
  • 行動とプロファイルが元のオーディエンスと一致する新しいオーディエンスを特定できます。
  • 独自のデータおよびアクセスできる他のサードパーティデータ内で検索することで、高価値のオーディエンスプロファイルに対して影響度が最も高かったデータポイントを特定できます。
  • 高額購入をおこなう顧客を特定します。
  • Audience Manager の類似モデルを実行して、そのセグメント内で最も影響度の高かったオーディエンスメンバーを特定します。
  • 既存のディスプレイ広告を強化することで、または Adobe Target によるオンサイトでのパーソナライゼーションを通して、これらのセグメントをターゲット化します。
  • Adobe Target を通して新しいデータを今後のディスプレイキャンペーンに取り込みます。

需要側プラットフォーム(DSP)を通したファーストパーティデータの再ターゲット化

目標 メリット
DSP を通して広告主やパートナーのサイトの訪問者を再ターゲット化し、広告のターゲティング効果を高める。
  • ディスプレイ広告に沿って Analytics データポイントを使用することができます。
  • 無駄なインプレッションを削減できます(既存顧客にインプレッションを表示しない)。
  • 「休止中 - コンバージョン未達成の検索者」セグメントを作成します。
  • 最近コンバージョンがあった顧客を除外するルールを追加します。
  • DSP を通して、スペシャルオファーの提示および続けてオンサイトでのパーソナライゼーションをおこなうことで、再ターゲット化を図ります。
  • Adobe Target を通して必要なコンテンツを引き続き表示します。

パートナーデータを使用して、既存顧客に向けたスペシャルオファーを作成

目標 メリット
  • ビジネスパートナーからのセグメントデータに基づき、顧客に特別価格を提供する。
  • セグメントに属する顧客の場合、電子メールマーケティングを通じてこのスペシャルオファーを強化する。
  • 戦略的パートナーのデータを巧みに利用することで、オファーをより効率よく管理し、コンバージョン率を高めることができます。
  • クロスチャネルのマーケティングイニシアチブの管理および最適化に向けて設計されたシステムにより、組織およびデータの縦割り管理を打破できます。
  • インポートしたパートナーのデータセグメントを自社のデータセグメントと組み合わせ、Adobe Target を使用して顧客の関心に合ったエクスペリエンスを提供します。
  • 電子メールによるマーケティングイニシアチブまたは DSP キャンペーンの展開規模を拡大できます。

CRM を使用して、既存顧客に向けたスペシャルオファーを作成

目標 メリット
個別のデータセットを Audience Manager に統合して、シーズナリティなどの購入動作に基づき顧客のオファーを管理する。
  • Audience Manager の統合機能を利用して、オフラインデータを使用することができます。
  • 顧客の関心に合致したクリエイティブエクスペリエンスを提供することで、コンバージョン率およびロイヤリティを高めることができます。
  • Audience Manager で、秋の連休の旅行者のセグメントを作成します。
  • Adobe Target で、シーズン時の購入に対してマイレージを提供するキャンペーンを作成します。
  • Analytics のコンバージョンファネルを通して顧客のアクティビティを追跡します。コンバージョンに至らなかった顧客については、電子メールマーケティングで再ターゲット化します。

オンサイト行動および既存顧客についてのデータを使用して、電子メールマーケティングを実行

目標 メリット
Analytics の検索動作を使用して、電子メールマーケティングにおけるメッセージ送信をターゲット化する。
  • マーケティングイニシアチブに沿って Analytics データを使用することができます。
  • Analytics データと顧客データを組み合わせることができます。
  • オファーの共同管理がしやすくなります。
  • 「購入を検討中 - コンバージョン未達成」セグメントを作成します。
  • このセグメントを関連する電子メールでターゲット化します。
  • Adobe Target を通じてサイト上で引き続きコンテンツを提供します。

既存顧客およびサードパーティについてのデータを使用して、訪問者に合わせて購入パスを作成

目標 メリット
訪問者に関する既存のデータおよびサードパーティのデータを活用して、顧客のデジタルエクスペリエンスの最適化およびパーソナライズをおこなう。
顧客のエクスペリエンスをパーソナライズすることで、コンバージョン率を高めることができます。適切な商品、オファー、クリエイティブエクスペリエンスを提示することで、購入を促すと共に、顧客のエンゲージメントやロイヤリティを高めることができます。
  • Audience Manager で、小規模ビジネスのオーナーをターゲット化したサードパーティのセグメントデータを取り込みます。
  • Adobe Target で、小規模ビジネスのオーナーに向けてターゲット化されたメッセージとオファーを提供するオンサイトキャンペーンを作成します。
  • Audience Manager レポートを使用してパフォーマンスを追跡します。

ファーストパーティデータの収益化を促進

目標 メリット
作成および管理された単一のファーストパーティデータの分類を、収益化プラットフォーム全体に配信する。
  • ファーストパーティデータを一元管理できます。
  • Analytics データをオーディエンスセグメントに分類できます。
  • Analytics のファーストパーティデータから旅行マニアのセグメントを作成します。
  • 需要側プラットフォームと供給側プラットフォーム、およびトレーディングデスクを通して、オフサイトでそのセグメントのターゲット化および収益化をおこないます。