Show Menu
トピック×

一括管理ツールの用語集

列ヘッダーのラベルの定義。
Bulk Management Tools は、Audience Manager ではサポートされて​ いません 。このツールはあくまで情報提供および便宜を目的として提供されています。一括変更については、代わりに Audience Manager API を使用することを推奨します。Audience Manager UI で割り当てられる RBAC グループ権限 は、Bulk Management Tools に対しても適用されます。
列ヘッダー 定義
dataSourceId
一括で返す、または割り当てる データソース の ID。
derivedSignalId
description
オブジェクトについての簡単でわかりやすい説明。
destinationId
マッピングまたは削除する 宛先 のID。
destinationMappingId
セグメントが宛先にマッピングされた時点でセグメントに割り当てられる特別な ID。
folderId
セグメントフォルダーまたは特性フォルダーの ID。
name
操作しているオブジェクトの名前。
parentFolderId
他のフォルダーが格納されているセグメントフォルダーまたは特性フォルダーの ID。
sid
セグメント ID。
sourceKey
シグナルは、ユーザーアクティビティに基づいて Audience Manager に渡されるデータのビットです。これらは キーと値のペア として渡されます。ソースキーは定数で、変動しません。これにより、変動する可能性があるソース値を分類できます。 派生シグナル を参照してください。
sourceValue
ソース値は、 キーと値のペア として渡される変数です。
startDate
宛先へのセグメントの送信を開始できる時点を表します。 yyyy-mm-dd 形式で表されます。
targetKey
派生シグナルで使用するキー。 派生シグナル を参照してください。
targetValue
派生シグナルキーで渡された値。 派生シグナル を参照してください。
traitAlias
Cookie ベースでない宛先に渡される ID。Cookie ベースの宛先の場合、これは キーと値のペア として渡される変数です。
traitRule/segmentRule
データの収集に使用する実際の特性ルールまたはセグメントルール。一括要求は、 Audience Manager 特性ルールビルダー または セグメントルールビルダー により作成されたルールを返します。これらのツールを使用して、セグメントや特性の構成時にルールを作成して一括で適用することもできます。
詳しくは、 特性ルールとセグメントルールの作成と更新 を参照してください。
traitType
特性タイプを識別する文字列。オプションは以下のとおりです。
  • RULE_BASED_TRAIT
  • ON_BOARDED_TRAIT
  • SEGMENT
url
ユーザーがセグメントを認定する際に DIL により生成されるピクセル。
valueAlias
Cookie の宛先に渡された キーと値のペア のキー。