Show Menu
トピック×

一括管理の概要

一括管理ツールを使用すると、複数のオブジェクトを一度に 1 回の操作で作成および管理できます。一括管理ツールを使用して、データソース、派生シグナル、宛先、フォルダー、モデル、セグメントおよび特性を処理できます。
Audience Manager UI で割り当てられる RBAC グループ権限 は、Bulk Management Tools に対しても適用されます。

概要

この機能では、Microsoft Excel スプレッドシートのマクロを使用して、Audience Manager API の認証済みの安全な呼び出しをおこないます。API には、一括変更をおこなうためのメソッドおよびサービスが用意されています。これを使用するにあたって、コーディングや API の使用方法についての知識は必要ありません。ワークシートには特定の一括変更関数を実行するための列見出しとタブがあります。一括変更を実行するには単に、事前定義済みのヘッダーを特定のワークシートに追加し、一括変更する情報を指定し、アクションボタンをクリックします。後はワークシートと API が処理してくれます。

ダウンロード

こちら  で最新のワークシートをダウンロードします。

前提条件

Bulk Management Tools を使用するには、以下が必要です。
  • Experience Cloud へのログイン。お客様が既にお持ちの資格情報です。
  • Bulk Management Tools ワークシート。最新版を入手するには、 ワークシートをダウンロード してください。
  • macOS または 64 ビット版 Microsoft Windows で実行している Microsoft Excel。最新バージョンの Microsoft Excel を使用することをお勧めします。
  • ワークシートを開く場合は、Bulk Management Tools で​ マクロを有効にする ​必要があります。

認証の要件およびオプション

一括変更には認証が必要となります。操作を開始する前に、ログインする必要があります。ワークシートでは API 呼び出しがおこなわれるので、ユーザーアカウントで認証するよう設定する必要はありません。
API 認証の要件
2019 年 10 月にリリースされた一括管理ツールの 2 つ目のバージョンは、認証プロセスを簡素化します。このバージョンの認証手順を以下に示します。
  1. スプレッドシートを開き、 Config シートに移動します。
  2. シートに示されている手順に従います。
  3. 手順が完了すると、一括変更をおこなう権限が与えられます。
一括変更をおこなう場合、変更をおこなう権限があることを確認する必要がありますが、API 認証は自動的におこなわれます。
ドメイン認証のオプション
ドメイン認証では、一括リクエストをテストすることも、直接実稼動アカウントに適用することもできます。テスト環境で一括変更をおこなっても、実稼動アカウントには反映されません。実稼動アカウントへの変更は即座に反映されます。一括管理シートを使用すると、次の環境で作業できます。
  • ベータ
  • 実稼動

アクションおよび操作

Bulk Management Toolsワークシートは、認証ボタン、アクションタブ、アクションボタンおよび「 Headers 」タブで構成されています。「 Headers 」タブには、アクションタブで使用される整形済みの列ヘッダーがあります。アクションタブには選択した一括操作を実行するためのマクロが用意されています。一括操作を実行するには、該当するアクションタブにヘッダーをまとめてコピーし、ヘッダーデータを入力し、アクションボタンをクリックします。
認証 後、アクションボタンをクリックして開始します。
次の表は、実行できる操作、およびBulk Management Toolsワークシートを使用して操作できる項目を示したものです。
アクション オブジェクト
一括アクションはワークシートの一番下のタブに表示され、次の項目などがあります。
  • Requests
  • Update
  • Create
  • Estimate
  • Delete
一括変更できるオブジェクトは、「 Headers 」タブに配置されており、次の項目などがあります。
一括操作の例
例えば、複数の特性を一度に作成する方法を見てみましょう。一括操作で複数の特性を作成するには、次の手順に従います。
  1. Headers 」タブをクリックし、「Create a Trait」オプション配下のすべてのラベルをコピーします。
  2. Create 」タブをクリックし、1 行目の列 A を先頭にラベルをペーストします。
  3. 各列ヘッダーに関する情報を入力し、「 Create Traits 」をクリックします。このアクションにより、認証を確認するプロンプトが表示されます。一括ジョブは、認証を確認した後で実行されます。ワークシートの左下隅に表示されるジョブステータス通知を確認してください。
大量のリクエストを処理する場合、ワークシートが低速になり、非アクティブであるように見えることがあります。その場合、そのままにしておきます。一括リクエストが完了すると、ワークシートは反応するようになります。ワークシートが長時間反応しない場合、 トラブルシューティングのセクション を参照してください。