Show Menu
トピック×

セグメントトレンドレポート

セグメントトレンドレポートは、マッピングされたセグメントとマッピングされていないセグメントのインプレッション数およびクリックスルー率の時間的変化に関するデータを返します。
マッピングされたセグメントとは、作成してターゲティングのために宛先に送信したセグメントのことです。マッピングされていないセグメントとは、作成したもののターゲティングのために宛先に送信していないセグメントのことです。
選択した指標のトレンドやボリュームを比較すると、オーディエンスの行動の時間的変化を正確に把握することができます。

ユースケース

Segment Trendレポートを使用すると、セグメントのパフォーマンスの時間的変化を確認したり、高いパフォーマンスまたはスケールに基づいてトレンドを特定したりできます。
このレポートにより、低下または誤った増加を示す Web プロパティを把握し、必要に応じてトラブルシューティングすることができます。このレポートは、関心のあるオーディエンスをSegment Performanceレポートで特定した後に実行する手順で、「Segment Performance」タブに表示された高いパフォーマンスまたは低いパフォーマンスが時間的に一貫していることを確認できます。

セグメントトレンドレポートの使用

Mapped 」と「 Unmapped 」を切り替えて、宛先にマッピングされているセグメントとマッピングされていないセグメントのどちらかを選択します。「 All 」を選択すると、すべてのセグメントがレポートに含まれます。
Date Through スライダーでルックバック期間を調整します。
Date Through スライダーの下で任意のセグメントをクリックすると、そのセグメントのみレポートに残す、または除外するためのオプションが表示されます。
Line Item 」ドロップダウンボックスを使用して、情報を求めている、ポートフォリオ内のプロパティを選択します。
Segment Data Source 」ドロップダウンボックスで、レポートに表示するセグメントが含まれているデータソースを選択します。
Segment 」ドロップダウンボックスを使用して、レポートに表示するセグメントを選択します。
Audience Optimization for Publishers を有効にする場合、 DFP データファイルを Audience Manager にインポート の手順 3 に記載されているように、Line Item ID の記述メタデータを含める必要があります。これにより、Web プロパティの詳細が Line Item ID ではなく Line Item として表示されるようになります。

結果の解釈

Segment Trendレポートには、14 日間のデータのみが線グラフで返されます。この例では、レポートには、一連のマッピングされたセグメントおよびマッピングされていないセグメントについてのインプレッションおよびクリックスルーのトレンドが表示されます。
任意の行の上にマウスポインターを置くと、その特定のセグメントトレンドに関する詳細が表示されます。追加情報については、サンプルレポートの下の表を参照してください。
項目 説明
Segment
このセグメントに割り当てた名前(英数字)。
Segment ID
このセグメントの一意な ID。
Line item
このレポートの対象となっている Web プロパティ。
Clicks
この特性のメンバーが Web プロパティ内の項目をクリックした回数。
Impressions
この特性のメンバーにインベントリが表示された回数。
CTR
クリックスルー率。この指標は、クリックで遂行されたインプレッションの割合(パーセント)を示します。クリック数をインプレッション数で除算すると、この指標が得られます。
Segment Uniques
過去 30 日間のセグメントメンバーの数。