Show Menu
トピック×

上位の未使用特性

上位の未使用特性は、まだセグメントのメンバーになっていない特性を、特性タイプ、データソース、パフォーマンスに基づいて散布図として表したものです。

ユースケース

Top Unused Traitsレポートを使用すると、現在セグメントにマッピングされていないファーストパーティ特性とサードパーティ特性のパフォーマンスを分析および比較することができます。このビューから、キャンペーン最適化またはまったく新しいビジネスチャンスのためにオーディエンスセグメントで使用するのに最適な特性を指摘することができます。

上位の未使用特性レポートの使用

Data Provider Type 」コントロールを使用して、ファーストパーティ特性とサードパーティ特性を切り替えます。「 All 」を選択すると、ファーストパーティ特性とサードパーティ特性がレポートに表示されます。
Impressions スライダーでは、返されるインプレッション数の最小値と最大値を選択できます。設定した限度を下回るまたは上回る原因となっている特性は、レポートに表示されません。
Day Range コントロールと Date Through コントロールを使用して、ルックバック範囲を調整します。このレポートには 30 日間のルックバック期間のみ使用できることに注意してください。
Order 」ドロップダウンボックスを使用して、情報を求めている、ポートフォリオ内の Web プロパティを選択します。
Data Provider 」ドロップダウンボックスで、レポートに表示する特性が含まれているデータソースを選択します。
Traits 」ドロップダウンボックスを使用して、レポートに表示する特性を選択します。
When enabling Audience Optimization for Publishers, you must include descriptive metadata for Order IDs, as described in Step 3 of Import Google Ad Manager (formerly DFP) Data Files Into Audience Manager . これにより、Web プロパティの詳細がOrder ID ではなくOrderとして表示されるようになります。

結果の解釈

レポートのサンプル
Top Unused Traitsレポートは次のようになります。レポート内でバブルをクリックすると、基になっているデータが表示されます。
追加情報については、サンプルレポートの下の表を参照してください。
項目 説明
Data Provider Type
選択したデータソースにファーストパーティ特性とサードパーティ特性のどちらが含まれているかを指定します。
Trait ID
この特性の一意な ID。
Trait Name
お客様またはデータプロバイダーによってこの特性に割り当てられた名前(英数字)。
Order
このレポートの対象となっている Web プロパティ。
Impressions
この特性のメンバーにインベントリが表示された回数。
Trait Uniques
過去 30 日間の特性メンバーの数。
レポートにおける特性の位置で、既存のオーディエンスセグメントの最適化に使用できる特性について多くのことがわかります。
Impressions 軸に関して高い位置にある特性は、キャンペーンで使用できる特性になります。For traits with a low number of impressions, it is unlikely that you're reaching this audience on your web property, based on your Google Ad Manager data.
「Unique Trait Realizations」軸の左側に行くほど正確な特性になり、右側に行くほどスケールを促進できる特性になります。
位置 配置の意味
左上
インプレッション数が多く、特性適合回数が少ない。
これは、まだセグメントのメンバーでない非常に正確なオーディエンスです。ターゲティングの対象として検討してください。
左下
インプレッション数が少なく、特性適合回数が少ない。
これらの特性は、Web プロパティに対するインプレッション数に貢献していないので、除外します。
右上
インプレッション数が多く、特性適合回数が多い。
まだセグメントに表されていないオーディエンスに対するリーチが高くなります。このオーディエンスは、インプレッション数が多くスケールが大きいので、ターゲティングの第一の候補になります。
右下
インプレッション数が低く、特性適合回数が多い。
これらの特性は、Web プロパティに対するインプレッション数に貢献していないので、除外できます。