Show Menu
トピック×

Audience Optimization レポートおよび実用的なログファイル用のデータファイル

データファイルにはインプレッション、クリックまたはコンバージョンのデータが含まれます。形式が正しい場合は、このデータを Audience Manager に読み込み、 Audience Optimization レポート で表示し、 実用的なログファイル からデータを使用して特性を作成できます。データファイルの形式を、この節で説明した仕様に合わせてください。

概要

適切な名前と形式のデータファイルを使用すると、インプレッション、クリック、コンバージョンのいずれかのデータを Audience Optimization レポート にインポートできます。これは、Audience Manager と統合されていないパートナーのデータを同レポートスイートで扱う場合に役に立ちます。このプロセスには、インプレッション、クリック、コンバージョンのデータごとに別個のファイルが必要です。これらのイベントを単一のファイルに混在させないでください。
データファイルには、メタデータファイルが付いている必要があります。メタデータファイルには、データファイルの情報に対応するレポートメニューラベルが人間に判読できる形で記載されています。詳しくは、 メタデータファイルの概要とマッピング を参照してください。

データファイルの命名規則

適格なデータファイル名の構造を次の構文で定義します。なお、 斜体 ​の部分にはファイルコンテンツの実際の情報が入ります。
構文:

				event type_
				


				yyyymmdd
			

ファイル名の場合:
  • イベントタイプは、ファイルにインプレッション、クリック、コンバージョンのどれが格納されているかを示します。イベントタイプごとに別個のファイルを作成します。
  • アンダースコアは、イベントタイプと年月日タイムスタンプの区切りになります。
  • アップロードする前に、gzip を使用してファイルを圧縮し、 .gz ファイル拡張子を付けて保存します。
これらの要件を前提として、コンテンツに応じてデータファイルに次のように名前を付けます。
  • インプレッションデータ:
    
    						impressions_
    						
    
    
    						yyyymmdd.gz
    					
    
    
  • クリックデータ:
    
    						clicks_
    						
    
    
    						yyyymmdd.gz
    					
    
    
  • コンバージョンデータ:
    
    						conversions_
    						
    
    
    						yyyymmdd.gz
    					
    
    

データファイルのコンテンツ形式

適格なデータファイルのコンテンツ構造を次の構文で定義します。なお、 斜体 ​の部分には実際のデータファイル内のラベルが入ります。
構文:

				header label 1 | 
				


				header label 2 ... 
				


				header label n | 
				


				version
			

ファイルコンテンツの場合:
  • ヘッダーラベルは、以下の表に示す順序で出現する必要があります。インプレッションとクリックは、同じラベルを使用します。コンバージョンファイルには追加のヘッダーが含まれています。
  • 特定の列のデータがない場合は、そのフィールドに -1 を入力します。
  • ファイルの末尾はバージョン番号である​ 必要があり ​ます。現在のバージョンは 1.1 です。
  • ファイルヘッダーとコンテンツを非印字 ASCII 文字 001 で区切ります。ASCII 001 を使用できない場合は、ヘッダーとデータをタブ文字で区切ります。これらは非印字文字なので、上記の構文例では、表示のためだけにパイプ「 "|" 」を使用しています。
フィールドラベル
次の表では、データファイルの列ヘッダーを列挙し説明します。ヘッダーは大文字と小文字の区別があり、この表での順序どおりに出現する必要があります。他に指示がない限り、すべてのデータタイプは整数(INT)です。
ラベル 説明
Time-Stamp
インプレッションイベント、クリックイベント、コンバージョンイベントの日付と時刻(UTC タイムゾーン)。 yyyy-MM-dd HH:mm:ss 形式を使用します。
User-ID
サイト訪問者の ID。 データプロバイダー個別ユーザー ID または DPUUID。
Advertiser-ID
広告主のデータソース ID または統合コード。
BU-ID
事業部門 ID。
Campaign-ID
キャンペーン ID。
Creative-ID
クリエイティブ ID。
Site-ID
サイト ID。
Placement-ID
広告サーバーから割り当てられたプレースメント ID(数値)。
Insertion-Order-ID
広告掲載申込 ID。
Tactic-ID
戦術 ID。
Vertical-ID
垂直産業部門の ID。
Quantity
コンバージョンイベントで販売された商品の数。
コンバージョンデータファイルの場合のみ。
Revenue
獲得やその他のコンバージョン量。データタイプは浮動小数。
コンバージョンデータファイルの場合のみ。
Other-Data
コンバージョンランディングページの URL。データタイプは文字列。
コンバージョンデータファイルの場合のみ。
Event-Type
コンバージョンタイプ。コンバージョンが対応しているかどうかを示します。オプションは以下のとおりです。
  • 0 :インプレッション
  • 1 :クリック
  • -1 :原因不明
コンバージョンデータファイルの場合のみ。
バージョン
インプレッション、クリック、コンバージョンのデータファイルの行ごとに末尾に出現する必須のバージョン番号。現在のバージョンは 1.1 です。

データファイルの配信方法

インプレッション、クリック、コンバージョンのデータファイルは、Audience Manager アカウントの Amazon S3 ディレクトリにアップロードします。配信/ディレクトリパス、ファイル処理回数、データ更新については、この節を参照してください。
使い始めるには、Audience Manager のコンサルタントまたはカスタマーケアに連絡して、お使いのデータファイル用に Amazon S3ディレクトリを設定するよう依頼します。
配信パスの構文と例
データはユーザーごとに Amazon S3 ディレクトリ内の個別の名前空間に保存されます。ファイルパスは以下の構文に従います。なお、 斜体 ​の部分には実際の情報が入ります。他の要素は定数またはキーで、変わりません。
構文:

				.../log_ingestion/pid= 
				


				AAM ID
				


				/dpid= 
				


				d_src/logs/ 
				


				file type_
				


				yyyymmdd
			

ファイル配信パスのこれらの各要素を次の表で定義します。
ファイルパラメーター 説明
.../log_ingestion/
ストレージのディレクトリパスの先頭。セットアップがすべて完了したら、完全パスが与えられます。
pid= AAM ID
このキー値ペアは、 Audience Manager の顧客 ID を含みます。
dpid= d_src
イベント呼び出し時に渡されるデータソース ID のキー値ペア。この情報で、データがどこから得られたかが特定され、そのデータが、対応するメタデータファイルに関連付けられます。
logs
データファイルの上位ディレクトリ。
file type _ yyyymmdd
格納されているデータの種類を示すファイルタイプ名と配信タイムスタンプ。
アップロードパスとファイル名のサンプル
ファイルをアップロードすると、パスは次のようになります。
.../log_ingestion/pid=1234/dpid=567/logs/impressions_20150902
ファイル処理の回数と更新
データファイルは 1 日 4 回定期的に処理されます。
データを更新するには、当日のインプレッション、クリック、コンバージョンをすべて格納したファイルを送信します。この場合、1 日は当日の午前 0 時から翌日の午前 0 時までの 24 時間になります。ベストプラクティスとして、世界標準時(UTC)で時刻を定義するとよいでしょう。

次の手順

メタデータファイルの命名と作成の要件を確認します。作業を開始するには、 メタデータファイルの概要とマッピング を参照してください。