Show Menu
トピック×

レポートの概要

各節で、利用可能なレポート、その目的および一般的な使用例を説明します。すべてのレポートは Analytics ダッシュボードからアクセスできます。
Audience Manager がレポートに入力する情報を受信する際の時間枠について詳しくは、 データ配信やファイル処理の時間がレポートに及ぼす影響 を参照してください。
  • Audience Optimization レポートでは、データ視覚化手法を使用して、Audience Manager アカウントにおける宛先の情報を返します。各レポートに表示されたほとんどのデータポイントは、クリックすることでその項目の詳細情報を確認できます。オーディエンスの最適化に関するこれらのインサイトは、広告および出版チャネルにわたる複数のユースケースに適用できますが、デフォルトでは使用可能になっていません。導入するには、担当の Audience Manager コンサルタントにお問い合わせください。
  • 一般レポートは、特性、セグメントおよび宛先に関するパフォーマンスデータを返します。
  • インタラクティブレポートには、特性およびセグメントのパフォーマンスと重複のデータが表示されます。これらのレポートでは、列と行に数値を配置する代わりに、各種の形状、色およびサイズを使用してデータを返します。さらに、個々のデータポイントまたはデータポイントグループを選択して、レポート結果の詳細を調べることもできます。これらのインタラクティブな視覚化手法およびレポートで、大量の数値データをわかりやすく提示することができます。
  • オンボーディングステータスレポートは、受信データソースファイルに格納されているレコードの処理の成功率と失敗率を表示します。このレポートでは、データがインタラクティブな棒グラフで表示され、概要指標が表形式で表示されます。さらに、特定期間のファイルをサンプリングし、エラータイプごとに最も一般的なエラーを表示することも可能です。このレポートは、Analytics/Onboarding Status Report からアクセスできます。また、受信データソースの作成時にも、このレポートが使用可能です。
  • 指定した宛先と期間について、アウトバウンドの一括ジョブの履歴情報を表示できます。
  • トレンドレポートでは、特性とセグメントに関するトレンドデータを返します。
  • 特性および期間が同じレポートにおける、個別ユーザーの合計数の変動について説明します。
  • ダッシュボードを使用すると、指定した期間のパートナーの個別訪問者数を特性タイプおよびセグメント別に分類した情報を表示できます。
  • いくつかのレポートで使用されているサンプリング方法、サンプリングのエラー率についての概要、およびサンプルデータに基づく情報が返されるレポートのリスト。