Show Menu
トピック×

SQL コードと JavaScript コード

SQL コード

SQL コード 」アクティビティは、SQL スクリプトを実行します。スクリプトは、JST テンプレートです。
  • スクリプト
    エディターの中央部に、実行されるスクリプトが含まれています。このスクリプトは、JST テンプレートであり、ワークフローのコンテキストに応じて設定できます。
  • エラーを処理
    エラーを処理 を参照してください。

JavaScript コードと高度な JavaScript コード

JavaScript コード ​と​ 高度な JavaScript コード ​アクティビティは、ワークフローのコンテキストで JavaScript スクリプトを実行します。スクリプティングについて詳しくは、 JS のスクリプトとテンプレート の節を参照してください。
デフォルトでは、 JavaScript コード ​と​ 高度な JavaScript コード ​アクティビティの実行段階は 1 時間を超えることはできません。この遅延の後、エラーメッセージが表示されてプロセスが中止され、アクティビティの実行が失敗します。
この遅延は、アクティビティのプロパティの「 次の時間後に実行を停止 」フィールドで変更できます。
  • JavaScript コード
    • スクリプト :エディターの中央部に、実行されるスクリプトが含まれています。
    • 処理エラー :「 処理エラー 」を参照してください。
  • 高度な JavaScript コード
    • 最初の呼び出し :エディターの最初のゾーンには、最初の呼び出し時に実行するスクリプトが含まれます。
    • 次の呼び出し :エディターの 2 番目のゾーンには、2 回目以降の呼び出し時に実行するスクリプトが含まれます。
    • トランジション :アクティビティの出力トランジションを複数定義できます。
    • スケジュール :「 スケジュール 」タブでは、アクティビティをトリガーするタイミングをスケジュール設定できます。