Show Menu
トピック×

承認の定義

承認により、オペレーターはワークフロー管理に関する意思決定をおこなったり、実行の継続を確定したりできます。
オペレーターのグループにメッセージが送信され、ワークフローは応答を待って再開します。ワークフローは停止せず、その他の操作が実行されます。例えば、複数の保留中の承認が同時に存在する場合があります。
承認には、オペレーターが選択できるオプションが複数含まれていることがあります。ただし、オペレーターに実行してもらうタスク(ターゲティングの実施など)を送信するために、選択肢の数を 1 つに制限することもできます。オペレーターは、そのタスクが実行された後で、応答できるようになります(その後、プロセスが再開します)。次の例に、これらの承認タイプを示します。
操作では、承認が必要なすべてのステージは、同じ原則に基づきます。
承認の例については、この を参照してください。
オペレーターは、2 つの方法(メールメッセージ内にリンクされた Web ページを使用するか、コンソール経由)のいずれかで、応答できます。
いったん保存した応答は、変更できません。

E メールの送信

Web ページへのリンクが記載された承認メッセージを受け取り、ページ上で応答することができます。ターゲット済みのオペレーターが、承認 E メールを受け取るようにするには、オペレーターの E メールアドレスが入力されている必要があります。入力していない場合、オペレータは応答にコンソールを使用する必要があります。
オペレーターの管理について詳しくは、この を参照してください。
承認の E メールは、継続的に送信されます。デフォルトの配信テンプレートは notifyAssignee です。 管理/キャンペーン管理/テクニカル配信テンプレート ​フォルダーに保存されています。このシナリオは、カスタマイズ可能です。テンプレートのコピーを作成して、アクティビティごとに編集することをお勧めします。
このテンプレートを使用して作成された配信は、 管理/プロダクション/自動作成オブジェクト/テクニカル配信/ワークフロー通知 ​フォルダーに保存されます。

コンソールからの承認

操作では、承認される要素はキャンペーンダッシュボードに表示されます。
テクニカルワークフローについては、ユーザーが承認できるタスクは、 管理/プロダクション/自動作成オブジェクト/承認待ち ​フォルダーのツリー構造からアクセスできます。

グループ

承認は、フィルター条件を使用して選択されたオペレーターのグループ、1 人のオペレーター、またはオペレーターセットに割り当てられます。
  1. 最もシンプルな承認形態は、オペレーターの応答と同時にタスクが完了することです。その他のオペレーターが応答を試みた場合、既に別のオペレータによって応答済みであると通知されます。
  2. 複数の承認について詳しくは、 複数の承認 を参照してください。
承認をおこなうオペレーターグループには、個人ではなく、役割または機能を指名します。例えば、「ハリーのグループ」ではなく、「キャンペーンの予算」グループの方が適切です。グループには、タスクを承認するオペレーターを最低でも 2 人以上含めることをお勧めします。オペレーターが 2 人いれば、1 人が不在の場合にもう 1 人が応答できます。

有効期限

有効期限は、異なるタイプのアクティビティ、特に承認で使用される専用のトランジションです。有効期限は、所定の時間が経過しても応答がない場合、またはワークフローを続行する場合に、アクションのトリガーとして使用できます(例えば、異なるグループに承認を割り当てるなど)。
アクティビティの承認プロパティの 2 番目のタブで、1 つ以上の有効期限を定義できます。さらに、複数の有効期限タイプを定義できます。
新しい有効期限を追加するには、「 追加 」をクリックします。作成される有効期限ごとに、トランジションが追加されます。次の操作をおこなうことができます。
  • リスト内でセルをクリックする(または F2 キーを押す)ことで、代表的なパラメーターを変更できます。
  • または、「 詳細... 」ボタンをクリックすることで、式を編集できます。
有効期限は時系列で処理されるので、順序を指定する必要はありません。
タスクを終了しない 」オプションを選択した場合、遅延の発生時に承認がアクティブのままになります。このモードでは、承認をアクティブにしたまま、リマインダーを管理をできます。オペレーターは引き続き応答できます。このオプションはデフォルトでは無効になっています。有効期限に達したタスクは完了したと見なされ、期限後にオペレーターが応答することはありません。
次の 4 つのタイプの有効期限を作成できます。
  • タスク開始後の遅延 :指定された長さの時間を、承認が有効化された日付に追加することで、有効期限が計算されます。
  • 指定した日付の後の遅延 :指定された長さの時間を、指定した日付に追加することで、有効期限が計算されます。
  • 指定した日付の前の遅延 :指定された長さの時間を、指定した日付から引くことで、有効期限が計算されます。
  • スクリプトによって有効期限を計算 :有効期限は、JavaScript を使用して計算されます。
    次の例では、( vars.deliveryId によって識別される)配信開始日付の 24 時間前に有効期限を計算します。
    var delivery = nms.delivery.get(vars.deliveryId)
    var expiration = delivery.scheduling.contactDate
    var oneDay = 1000*60*60*24
    expiration.setTime(expiration.getTime() - oneDay)
    return expiration
    
    

複数の承認

複数の承認は、すべての承認オペレーターが応答できるようにするメカニズムです。トランジションは応答ごとに有効化されます。
複数の承認は、投票または調査のメカニズムに有用です。期日を追加することで、所定の期間が経過した後に回答数を数え、結果を処理することができます。

必要な権限

承認リクエストに応答できるように、グループ内のオペレーターには少なくとも次の権限が必要です。
  • ワークフローへの書き込み権限
  • 承認するタスクが含まれているフォルダーへの読み取り/書き込み権限
「ワークフローの実行」グループにはこれらの 3 つの権限が付与されています。このグループに追加されたオペレーターは、承認リクエストに応答する権限を持ちます。