Show Menu
トピック×

セル

セル 」アクティビティは、フォームのデータ列内の各種サブセットのビューを提供します。このアクティビティは、サブセットの操作を容易にし、パーソナライゼーションの可能性を拡大しやすいように設計されています。
ユーザーのニーズに基づく特定のパラメーターを入力することで設定できます。デフォルトでは、各サブセットの詳細は、「 選択 」タブと「 詳細設定 」タブ経由で専用ウィンドウに表示されます。以下の例では、フォームは変更されています。オファーと各サブセットの優先度レベルの関連付けを有効にする「 データ 」タブが追加されています。
この設定では、次の情報がワークフローフォームに追加されました(Adobe Campaign ツリーの​ 管理/設定/入力フォーム ​ノード)。
<container img="nms:miniatures/mini-enrich.png" label="Data">
                <input xpath="@code"/>
                <container xpath="select/node[@alias='@numTest']">
                  <input alwaysActive="true" expr="'long'" type="expr" xpath="@type"/>
                  <input alwaysActive="true" expr="'Priority'" type="expr" xpath="@label"/>
                  <input label="Priority" maxValue="12" minValue="0" type="number"
                         xpath="@value" xpathEditFromType="@type"/>
                </container>
                <container xpath="select/node[@alias='@test']">
                  <input alwaysActive="true" expr="'string'" type="expr" xpath="@type"/>
                  <input alwaysActive="true" expr="'Identifier'" type="expr" xpath="@label"/>
                  <input label="Cell identifier" xpath="@value"/>
                </container>
                <container xpath="select/node[@alias='linkTest']">
                  <input alwaysActive="true" expr="'link'" type="expr" xpath="@type"/>
                  <input alwaysActive="true" expr="'nms:offer'" type="expr" xpath="@dataType"/>
                  <input alwaysActive="true" expr="'Offre'" type="expr" xpath="@label"/>
                  <input computeStringAlias="@valueLabel" label="Offers" notifyPathList="@_cs|@valueLabel"
                         schema="nms:offer" type="linkEdit" xpath="@value"/>
                </container>

Adobe Campaign の入力フォームのパーソナライゼーションを実行できるのは、エキスパートユーザーに限られます。詳しくは、 この節 を参照してください。