Show Menu
トピック×

重複排除

重複排除は、インバウンドアクティビティの結果から重複を削除します。重複排除は、メールアドレス、電話番号やその他のフィールドに対して実行されます。

ベストプラクティス

重複排除の実行中、インバウンドフローは個別に処理されます。例えば、受信者 A がクエリ 1 とクエリ 2 の結果に見つかった場合、それらは重複排除されません。
この問題は、次のように対処されます。
  • 各インバウンドフローを統合する「 和集合 」アクティビティを作成します。
  • 和集合 」アクティビティの後に、「 重複排除 」アクティビティを作成します。

設定

重複排除を設定するには、ラベル、メソッド、重複排除条件、および結果に関するオプションを入力します。
設定を編集... 」リンクをクリックし、データの重複排除モードを定義します。
  1. ターゲット選択
    このアクティビティのターゲットのタイプ(デフォルトでは、重複排除は受信者を対象とする)と、使用する基準を選択します。例えば、E メールアドレスや携帯または固定電話番号、FAX 番号、個人メールアドレスの中から、同一の値を持つ場合に重複と判断するためのフィールドを選択します。
    外部ファイルなどの外部データを入力として使用する場合は、必ず「 一時スキーマ 」オプションを選択してください。 次の手順で、「 その他 」オプションで使用される基準または条件を選択できます。
  2. 重複排除のメソッド
    ドロップダウンリストから、使用する重複排除メソッドを選択し、保持する重複の数を入力します。
    次のメソッドを使用できます。
    • 自動選択 :保持するレコードが重複からランダムに選択されます。
    • 値のリストの使用 :1 つまたは複数のフィールドの優先度の値を定義します。優先度の値を定義するには、フィールドを選択するか式を作成し、適切なフィールドに値を追加します。新しいフィールドを定義するには、値のリストの上の「 新規 」ボタンをクリックします。
    • 空でない値 :選択した式の値が空でないレコードを優先して保持できます。
    • 式の使用 :所定の式の値が、最小(または最大)であるレコードを保持します。
      完了 」をクリックして、選択した重複排除メソッドを承認します。
    ウィンドウの中央部に定義した設定の概要が表示されます。
    アクティビティエディターの下側で、グラフィカルオブジェクトのアウトバウンドトラジションのラベルを変更し、アクティビティの結果に関連するセグメントコードを入力できます。このコードは後の手順で、ターゲット条件として使用できます。
    残りの母集団を利用するには、「 補集合を生成 」オプションをチェックします。補集合はすべての重複から構成されます。その後、次の図のように、追加のトランジションがアクティビティに追加されます。

例:配信前の重複の特定

次の例では、重複排除は 3 つのクエリの重複排除を処理します。
ワークフローの目的は、同じ受信者に何度も配信が送信されないように、重複を除外した配信ターゲットを定義することです。
さらに、特定された重複は、必要に応じて再利用できるように、専用の重複リストにまとめられます。
  1. 上の図に示すように、ワークフローの操作に必要な各種アクティビティを追加してリンクします。
    ここで使用される和集合アクティビティは、3 つのクエリを 1 つのトランジションに統合します。このため、重複排除は各クエリに個別に作用するのではなく、クエリ全体に対して作用します。詳しくは、 ベストプラクティス を参照してください。
  2. 重複排除アクティビティを開き、「 設定を編集... 」リンクをクリックして、重複排除モードを定義します。
  3. 新規ウィンドウで、「 データベーススキーマ 」を選択します。
  4. 受信者 」をターゲティングとフィルタリングディメンションを選択します。
  5. 各 E メールアドレスに対して配信が 1 回だけ送信されるように、 E メール ​の重複用の ID フィールドを選択し、「 次へ 」をクリックします。
    特定のフィールドの重複 ID をベースにしたい場合、「 その他 」を選択して使用可能なフィールドのリストを表示します。
  6. 複数の受信者に対して同じメールアドレスが検出された場合、1 つのエントリのみを保持するように選択します。
  7. 重複の検出時に保存されるレコードがランダムに選択されるように「 自動選択 」重複排除モードを選択して「 完了 」をクリックします。
ワークフローを実行した場合、重複が検出されたすべての受信者は結果から除外され(結果的に配信からも除外される)、重複リストに追加されます。このリストを再利用することで、重複を再度検出しなくてもすみます。

入力パラメーター

  • tableName
  • schema
各インバウンドイベントは、これらのパラメーターによって定義されるターゲットを指定する必要があります。

出力パラメーター

  • tableName
  • schema
  • recCount
この 3 つの値セットは、重複排除によって生成されたターゲットを識別します。 tableName はターゲットの識別子を保存するテーブル名、 schema は母集団のスキーマ(通常は nms:recipient)、 recCount はテーブル内の要素の数です。
補集合に関連付けられたトランジションは、同じパラメーターを持ちます。